2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

プロフィール

燭台切光忠
刀帳73番
種類太刀
刀派長船派
刀工光忠
身長186cm
一人称
藤未都也
佐藤拓也
演者(舞台東啓介


「僕は、燭台切光忠。青銅の燭台だって切れるんだよ。……うーん、やっぱり格好つかないな」
「格好は常に整えておくべきだよ。いつ誰が見ているかわからないからね」
「僕がいないからって、適当な服を着てたら駄目だよ」
「長船派の祖、光忠が一振…… 参る!!」

容姿

光忠


右目に眼帯を付け、黒い表地に燕尾部分の裏地の華やかな赤い模様が印象的な燕尾服を纏った刀剣男士。イメージカラーは黒と金色。燕尾服の下にはベストを着込んでいる。
右目側に分けた前髪が長い黒髪。目の色は「金に燭台の火が当たったような色合い」の金色。
軽傷以下の手入れ台詞で「ちょっと髪を整えてくるね」と言うが、太刀であるために手入れ時間は長く、練度に応じて数時間から十数時間以上かかることもある。

内番では通常服同様に黒・金・赤を基調としたジャージ姿。下に着ているのは黒の半袖のTシャツ。右肩に施されたマークは「月と火を切る」ようなイメージでデザインされたらしい。

後述の伊達者という設定の通り、公式設定集の刀剣乱舞絢爛図録によると黒い手袋も普段と内番では微妙に丈が違うものを着用していたり、靴の裏にまでデザインがあったりと細やかなところまでその拘りが窺える。
藤未都也氏は公式からナンバーワンホストのようなイメージを指示されてデザインしたと過去にTwitte上で発言している。ゲーム内でも隊長に任命すると「ご指名かい?」と言ったり、新入りを「新人くん」と言ったりしている。
眼帯はかつての主である伊達政宗から影響されたデザイン…と思いきや物足りなくて付けたとのこと。


キャラクター像

『備前長船派の事実上の祖といわれている刀工、光忠の作。
名は、伊達政宗がこの太刀で家臣を斬った際にその勢いで燭台まで斬れたという話が由来。
伊達者で格好の良さにこだわる。
同じく伊達家にあった太鼓鐘貞宗とは「みっちゃん」「貞ちゃん」と呼び合う仲。』
(2015年8月28日発行 刀剣乱舞絢爛図録より引用)

一見しただけだとクール系や俺様系のキャラクターかと思える外見だが、実際の性格は一人称『』かつ穏やかな口調で柔らかな物腰の人物。
「~だよね」「~だよ」「~だろう?」「~かい?」といった口調で話す。

本丸で放置すると「暇だからって、だらけちゃいけないよね」と審神者を窘める発言したり、万屋に共に行くと「無駄遣いしても僕はお金貸さないからね?」といった発言が聞ける。だが、本丸放置ボイスは刀剣男士の独り言の場合もあるので、燭台切光忠自身がどちらに向けて言っているのかは受け取り手による。
正月限定ボイスでは「ごちそうの食べ過ぎには気をつけようね」や、一周年限定ボイス「一周年と言っても、僕は特に変わらないかな。日頃から身だしなみには気をつけてるしね」といった発言もあった。
こういった審神者に対して面倒見の良さを感じさせる発言は、ボイスを担当する佐藤拓也氏は「保護者のような目線の発言」と解釈していることを過去の刀剣乱舞のニコニコ生放送で触れている。

格好にはとても気を配るが軟派者というわけではなく、畑当番といった汚れる仕事でも難色を示さずにこなす一面もある。
畑当番終了時の囁くような台詞については、佐藤拓也氏は「『野菜との距離を詰めて言って欲しい』と製作サイドから要求された」と語っていた。(2015年7月26日のニコニコ生放送にて)


前の主は伊達政宗、と話すのは大倶利伽羅と同じ。
B'sLOG2015年4月号や刀剣乱舞絢爛図録における大倶利伽羅のキャラクター設定文では、「旧知の仲」の一人として書かれている。→伊達組

伊達家に長くあった短刀の太鼓鐘貞宗については、近侍をしているとき審神者に「貞ちゃんはこっちに来てる?太鼓鐘貞宗。通称貞ちゃんだよ」と聞いてくる台詞がある。
2015年8月28日発行の刀剣乱舞舞絢爛図録でも互いを愛称で呼び合う仲であるとの記述がある。
上記の台詞や設定に加えて貞宗派の別の刀剣が先に実装されたので一部のユーザーからはよく弄られ、ネタにもされていた。が、2016年6月20日の夕方ごろ、刀剣乱舞公式twitterにて「新刀剣男士」のチラ見せがあり、後に太鼓鐘貞宗であることが判明。1年6ケ月を経て正式に実装されることが決定した。
ちなみに、太鼓鐘貞宗からも「ここには色々刀が居るけど、みっちゃんは居るかい?燭台切光忠、通称みっちゃんだ!」と同様に聞かれる。対になっている台詞も多く、良好な仲が窺える。

太鼓鐘貞宗実装に伴い伊達家に関係する刀剣男士たちの回想と内番が追加。所謂伊達組の刀剣男士との畑当番ではやはり畑仕事に嬉々として取り組み、野菜への拘りを見せている。最近は有機野菜に凝っているようで毎回言及しており、各人に様々な反応を返されている。
有機肥料はかなり臭いものだが、美味しく育って料理でみんなが喜んでくれるなら苦ではないようだ。

同日に実装された7面「延享の記憶」ステージでは、江戸時代中期に細川家と伊達家がある事件に巻き込まれたのを舞台にしており、両家ゆかりの刀剣による回想イベント『九曜と竹雀のえにし』シリーズが開始。
回想では歌仙兼定大倶利伽羅の間で諍いが勃発。小夜左文字と二人を「仲直り」させようと決意し、奔走するストーリーとなっている。
「この体で一番良いのは料理を作れること、次に頭を撫でてあげられること」と語り、小夜左文字に対して面倒見の良さを発揮する。伊達組のまとめ役であることも分かる。また料理に対する関心の強さも見ることが出来る。
鶴丸国永太鼓鐘貞宗の協力もあって食材を集めて料理を振舞う一方、復讐に生きる小夜左文字に対して「斬るだけが刃物じゃない」と告げ、「復讐がダメだとは言わないさ」と言いつつ、いつかは心から笑えるよう願う姿が描かれた。

へし切長谷部とは気が合いそうだと感じたが、彼は元の主のことを嫌っているから話が合わない、と言っている。

ちなみに小夜左文字のことは「小夜ちゃん」、大倶利伽羅のことは「伽羅ちゃん」、鶴丸国永のことは「鶴さん」、へし切長谷部のことは「長谷部くん」、歌仙兼定のことは「歌仙くん」と呼ぶ。

2021年12月20日には『福島光忠』の実装が発表された事で「弟属性」が追加された。この事実に審神者の多くが衝撃を受けた。

余談だが刀はよく見ると刃文が乱れている。これは長船光忠の作品は丁子乱れを主調とする華麗な刃文が特長だからだと思われる。(実際に水戸徳川家が編纂した武庫刀纂では、押形を見る限り燭台切光忠の刃文も丁子乱れで華やかだったそうだ)→日本刀の燭台切光忠


性能

特の錬結MAXでは打撃が太刀のなかでは大典太光世大包平に次いで三位の73(打刀の千子村正と同値)。
統率は数珠丸恒次に次ぐ二位タイの72(三日月宗近、ソハヤノツルキ、一期一振、獅子王と同値)。
だが、機動は鶴丸国永と並びワーストの34で刀装や馬で補強が必要。
スロット数が2つのため刀装込みのステータスはレア4以上には及ばないが、入手しやすい非レア太刀でありながら使いやすいステータスの存在。

2020年8月18日のメンテナンスで「」が実装された。
レベル75以降、四日間の修行を経ることで極の姿になることができる。


燭台切光忠の様子がいつもと違うようだ。



燭台切光忠が修行に旅立ちたいようです。
修行に行かせますか?

はい(燭台切光忠極の頁に飛びます)
 いいえ

メディアミックス

刀剣乱舞-花丸-

12番目に顕現した刀剣男士(本丸では最初の太刀)として登場。主に料理の腕を振るう事が多く、その美しい包丁捌きを料理が得手な歌仙兼定から絶賛された。
4話で鶴丸国永と買い出しに行った際には、審神者のお金で大量のサングラスを大人買いし、眼帯の上にサングラスを装着という奇抜なスタイルで買い出しから戻ってきた。よほど気に入ったのか、その後も自室にディスプレイごと飾っていた。お花見シーンでは、よく見ると眼帯の上からカメラを覗いている。酔っているのだろうか。
5話では旧知の仲の大俱利伽羅が顕現したが、他者と慣れ合わない主義の彼が孤立していることを心配し、浴場で鶴丸国永に相談していた。尚、鶴丸の発言から過去何度も料理の献立の相談を持ち掛けていたことが分かる。戦装束を探しに部屋へ来ていた歌仙兼定・鶯丸・薬研藤四郎・山姥切国広・鳴狐らから案を得て、ホスなんとかごっこで大倶利伽羅をもてなし、琴の音や料理などをきっかけに伊達政宗公の話になり、昔話に花を咲かせた。
6話ではへし切長谷部と共に突然うどんミュージカルを繰り広げた。後半ではへし切長谷部の他に鳴狐三日月宗近も歌う。最後にはにっかり青江も歌いながら登場。

活撃/刀剣乱舞

6話の食堂シーンで大勢の刀剣男士と一緒にモブとして登場。ただしこの時は椅子に座った後ろ姿のみで台詞もない。武装を解除した戦装束の姿だった。
このシーンは大勢の刀剣男士が登場し動いていた者も居たが燭台切は一枚絵で動かなかった。

8話の第二部隊再編成のために和泉守兼定たちが本丸内の庭園に居た鶴丸国永を訪ねるシーンで再登場する。今回は動いて喋る。しかも顔出しするまでに、足元→後ろ姿→手元→顔とカメラアングルを分けられる凝りよう。内番中らしくジャージ姿であった。
庭園に実るたくさんのトマトを眺めていた堀川国広に収穫したトマトを味見だと一つ手渡し、鶴丸国永に「(部隊に)行ってきてもいいよ、鶴さん」と声をかける。さらに大俱利伽羅も登場して続いてアシストする。このシーンには太鼓鐘貞宗を除く伊達組が畑当番で勢揃いしていた。

舞台「刀剣乱舞」

「虚伝」(初演/再演)「義伝」「悲伝」に登場。

「虚伝」では大阪へ出陣し、通常よりも強さを増している時間遡行軍について懸念を見せた。
軍議においては毎回茶請けを用意し、「待たせたねええ~!」の一言と共に登場。これは回替わりのアドリブとなっており、不意を喰らったキャストが笑ってしまい、必死に演技を立て直そうとするなど、随所で笑いを取った。
織田家所縁の刀剣男士に一悶着生じたのを、鶴丸の提案により演練を行う事で解決を目指す。その中でへし切長谷部と相対するが、軍議のそれとは真逆の、戦刀としての獰猛な顔を見せた。

「義伝」では伊達家と細川家の刀剣が揃い踏み。
朝早くから畑で丹精していた所に、顕現されたばかりの太鼓鐘が登場。久方ぶりの再会をおおいに喜んだ。また何かに思い悩んでいる小夜にも積極的に声をかけるなど、本丸の仲間を心配する様子を見せる。
その他にも「MITSUTADA's Kitchen」と称したずんだ餅作りを開催。ご丁寧に電飾看板まで登場、会場が笑いに包まれる中、割烹着姿の山姥切国広を助手として伝統のずんだ餅を披露した。
元主の伊達政宗の事を「政宗くん」と呼び、心底惚れ込んでいる様子を見せる。歴史修正主義者に魅入られてしまった政宗を助ける為に全力で戦い、その過程で闇落ちした鶴丸を助ける為に奔走。満身創痍となりながらも真剣必殺を披露し、元凶となった黒甲冑の撃破に成功した。
主の命により赴いた遠征にて、伊達政宗の臨終を見届けた時には、感極まって「僕たちの主は……かっこいいな!」と涙声で告げる。その直後、本丸に屋台を出して「ラーメン光忠」(虚伝のネタ)を営業しており、嗚咽する観客の涙を速攻で引っ込ませた。

「悲伝」では、忙しい出陣の合間を縫い、歌仙兼定と並んで厨房に立つ。
いいマグロが手に入った為にご機嫌で、思わず歌声を披露するほど。ドン引きする歌仙を巻き込んだマグロミュージカルは例の如く日替わりとなっており、シリアスの多い本作における貴重なギャグシーンとなった。
前半終盤、「鵺と呼ばれる」正体不明の存在を、三日月宗近が見逃す場面を見てしまう。以後は軍議においても茶請けを出すのを忘れるなど、目に見えて動揺。早い段階で歌仙は異変に気付いたが、すっとぼける三日月や他の刀剣男士らが表に立つ事でそれ以上追求が出来なかった。
そして本丸が時間遡行軍に襲撃され、大混乱する最中、燭台切は三日月に事の真偽を問いただす。先の行動、そして今回の襲撃を手引きした裏切者と断じて斬りかかるが、あえなく返り討ちにされてしまった。
その後三日月は共に姿を消してしまったが、燭台切が受けた傷は致命傷ではなく、手入れによってじきに回復する。その真意を問いただすべく、主の命を受けて三日月を連れ戻す為、再び永禄の変へと飛ぶが……

カードファイト!!ヴァンガード

こちらではカードファイト!!ヴァンガードのタイトルブースター刀剣乱舞で収録された彼も紹介する。
太刀であるのにもかかわらずRRのクリティカルトリガーとして収録された。
リアガードでこのユニットがスタンド状態でいる場合ヴァンガードがアタックすると、このユニットがソウルに置かれ前衛のユニットのパワーを3000アップする効果を持つ。
またRRというホイル加工した光るカードであるためトリガーチェックでかっこよく決めたいのであれば入れても損はない。
フレーバーテキスト
「せっかくの晴れ舞台だ。格好良くいこう!」

関連イラスト

審神者始めました
燭台切❤


真剣必殺
燭台切



関連タグ

刀剣乱舞 刀剣男士
お刀さん 光忠マジかっこいい ねん燭 快速燭台切光忠

グループタグ

太刀男士 伊達組 長船派(光忠兄弟)

関連記事

親記事

太刀男士 たちだんし

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「燭台切光忠(刀剣乱舞)」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「燭台切光忠(刀剣乱舞)」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4883870

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました