ピクシブ百科事典

シャダム中佐

しゃだむちゅうさ

シャダム中佐とは、特撮テレビドラマ『五星戦隊ダイレンジャー』の登場人物の一人。
目次[非表示]

「世界は我々ゴーマのものだ!」
演:西凜太朗

概要

同作における敵勢力・ゴーマ族の強硬派三幹部のリーダー格。阿古丸コウの父親でもある。
全身ベルトのような衣装に身を包んでおり、右目を覆う眼帯風のリングが特徴。いわゆる前線指揮官に相当するポジションであり、持ち前の優秀な頭脳をもって地球侵略・対ダイレンジャーなど数々の作戦の立案に当たる。

また頭脳面のみならず戦闘能力も非常に高く、「火炎地獄」という技で炎を自在に操る他、妖力や自在に伸びる鉤爪を用いてのオールレンジ戦闘を得意とする。さらに鉄仮面を着けたような戦闘形態へ変化する能力も備えており(この能力自体は三幹部共通のものである)、気力ボンバーを弾き返すだけの力を発揮できるようにもなる。

物語後半で明らかにされたようにゴーマの皇位継承権の保持者でもあり、それ故にプライドや権力欲も非常に高いのだが、その反面一族・組織内における立場は決して高いものではなく、ゴーマ皇帝の側近たる元老院の大僧正リジュノコギリ大僧正)が前線に赴いた際には散々に侮られ、また田豊将軍との指揮権争いにおいても、あわや失脚しかけた事もあった(この時は「6体目の気伝獣誕生の予言」という切り札を提示し、すんでのところで指揮権の保持に成功している)。

性格は極悪非道そのものであり、人間など取るに足らない存在であると見做している。また、とりわけ愛情というものを侮蔑しており、実の息子であるはずの阿古丸に対してでさえも、終始執拗な敵意を向け反目、遂にはゴーマからの追放のみならず用済みとして死に追いやるまでに至っている。
その阿古丸の最期や、母を亡くし悲しみに打ちひしがれるコウなど、息子たちの悲惨な境遇を目の当たりにしてなお、「何とも思わんな」と一切の感慨もなく平然と言い捨てるなど、物語終盤に至るまでほぼ一貫して、情愛という感情の欠如した人物として描写され続けた。

しかし、シシレンジャーが自身の幻を作り出した際には思わず呆気にとられたり、思わぬ形で妻と再会し、キバレンジャーことコウが自分の息子である事を悟って一時呆然とするなど、予想外の事態には弱い面を見せている。

前述の通り、物語終盤でキバレンジャー・コウとの親子関係が判明し、ダイレンジャーにとっては複雑な立場の相手になったが、当の本人はその真実を知っても「皮肉な話だ」とは思いこそすれ、情けをかけるような真似は一切せず、それどころかダイレンジャー諸共にかつての家族を攻撃する非道さを見せており、その余りの惨たらしさとこれまでの悪事もあって、ダイレンジャーは最後まで彼を「コウの父親」では無く、「倒すべき敵」として認識し戦い続けた。

また、コウはダイレンジャーの配慮もあって、最後まで彼や阿古丸との血縁関係を知ることは無かった。しかし、シャダム中佐については後に驚愕の事実が明らかになる(詳しくは後述)。

すっげェ~真実

予てからゴーマの支配者となる機会を虎視眈々と狙っていたシャダムであったが、物語終盤において大神龍の襲来により、ダイレンジャーとゴーマとの間で2度目の休戦協定が結ばれると、その条件の一つとして道士・嘉挧がゴーマへ復した事により、自身と同じく皇位継承権の保持者であった嘉翔との間で、次期皇帝の座を巡る決闘に臨む事となった。
気力・妖力の塔の力を受けた嘉翔に一度は圧倒されながらも、他の三幹部らの暗躍もあって嘉翔を下し、この決闘に勝利を収めたものの、事はそう容易には運ばなかった。

直後のゴーマ十五世との謁見において、皇位の継承を要求するシャダムであったが、十五世からは皇帝の証である「大地動転の玉」の譲渡は自分の引退後だと、その要求を拒絶されてしまう。
「だったらたった今引退していただこう」となおも迫るシャダムを、十五世は大地動転の玉の力で吹き飛ばすが、柱の下に転落したシャダムはふらつきながらも立ち上がり、呵々大笑しながら

「ゴーマぁ……まだ何もわかっていないようだな!?」

と告げ、訝しむゴーマ十五世に驚くべき事実を突きつける。

「ゴーマ十五世。元の土に還れ!!」

その瞬間、十五世の体が土と化して崩れ始め、崩壊した手から滑り落ちた大地動転の玉を飛びつくようにキャッチするシャダム。念願であったゴーマ皇帝の座をその手に収め、得意げに真実を語り始める。

「6000年前のあの時……ゴーマ族とダイ族は、死力を尽くして戦い共に滅んだ……その時貴様も本当は死んだのだ!!」
「幸い俺は生き残ったが、復活したゴーマで皇帝にはなれなかった。元老院がうるさくてな! そこで俺は泥で人形を作り、命を吹き込み裏からゴーマを操り続けたのだ! この日が来るのを楽しみになァ……」

ゴーマ十五世、そして他の幹部泥人形を作り、ゴーマという組織そのものを操っていた黒幕はこの男だったのである(つまり、今までの指揮権争いも周囲の目を欺くための自作自演だったと思われるが、政敵達に対する敵対心と警戒心は本物であり、保身の為に彼らを謀殺に及んでいる)。

そして、突入してきた亮、将児、知を前に、大地動転の玉の力を取り込み変身。かくしてゴーマ十六世としてゴーマ族の頂点に立ったかに思われたが…。

それも束の間

土壇場で大神龍が三度飛来し、決戦の場となっているゴーマ宮に対して直接攻撃を開始したのだ。
もはやゴーマの崩壊はほぼ確実になってしまったが、諦めきれないシャダムは「ダイレンジャーを倒せば戦いはゴーマの勝利で終わり、大神龍は地球を去る」と自分に都合良く考え、他のゴーマ達が戦意喪失して逃げ惑う中、勢ぞろいしたダイレンジャーと単独で対峙する。

しかし、その最中に嘉翔の魂が現れ争いを止めるよう告げると、天宝来々の玉、大地動転の玉が天に吸い込まれ消失。ダイレンジャーの転身は解除され、シャダムも元の姿に戻ってしまう。
大神龍の攻撃によってゴーマ宮の崩壊も進む中、狂気と権力欲に支配されたシャダムは玉座へと逃亡。

「ゴーマは俺のものだ……俺のものだァァアアアァッハハハハハハ! 誰にもゴーマを渡さァァァん!!」

そこに単身で追撃してきた亮ともみ合いになり、その際自分が持ち出したナイフで殺害しようとするが、逆に腹部を刺されてしまい致命傷を負う。たたらを踏んで後退するシャダムだが、その時彼が目の当たりにしたのは、到底信じ難いものであった。

それは自らの足が、手が、そして体が、偽のガラやザイドス、ゴーマ十五世と同じように泥と化して崩れゆく光景だった。

「俺も……泥人形だったのか……!? たッ助け…助けてくれよォォォォ……!!」

それを最後に、シャダムは己の死に絶望しながら泥と化して崩れ去った。
崩れた泥の塊の中、目玉が一つだけ、意味ありげに光りながらうごめいていたが、結局その謎は最後まで明らかにならなかった。

残された謎

前述の通り「最終話でダイレンジャーに倒されたシャダム中佐」は何者かが作った泥人形であり、少なくとも最終話の彼は、阿古丸とコウの本当の父親ではなかったという事実が明らかになった。

しかし、だとすれば何時から彼は「本物のシャダム中佐」と入れ替わったのだろうか?そして「本物のシャダム中佐」はどうなったのだろうか?
10歳になる息子たちの存在から、当然ながら彼らが母親の胎内に宿るまでは「本物のシャダム中佐」が活動していた可能性が非常に高い。
「誰かが本物のシャダムを殺害し、彼の計画を乗っ取った」「最終決戦で本物のシャダムは影武者の泥人形と入れ替わり、そのまま逃亡した」と、様々な説がファンの間で上がったが、結局真相は不明のままになっている。
一方で泥人形が崩れた後も眼球が一つだけ崩れなかった事から、あの眼は本物のシャダム中佐のもので、本物のシャダム中佐は既に死んでいる、という説もある。いずれにせよ、やはり最初から本物のシャダム中佐は死んでいたという説の方が、ファンの間では有力視されているようである。
そして、50年後に復活したゴーマとの戦いが再開されるのだが、その新たなゴーマの首領は未登場であり、またその人物が果たして本当に黒幕であるのかどうかもはっきりしていない。

関連タグ

五星戦隊ダイレンジャー ゴーマ族 黒幕 ラスボス

毒親...ただし、作中の彼が最初から泥人形だったとすれば、当然ながらコウと阿古丸の本当の父親ではない為、その場合は本当の父親である本物のシャダムが、息子達の事を実際にどう思っていたのかは定かではない。ただ、コウの母である妻は彼との対面時に嫌悪感のある反応を見せており、やはり本物も家族に対して非情な人間だった可能性が高い。

血祭ドウコク:戦隊キャラでの中の人繋がり。またラスボスと言う点も共通するが、策を講じず力押しを好み、最後まで堂々と戦い散り際も潔さを感じさせるなど、総大将の肩書きに相応しい人物で、同じ悪のラスボスでもシャダムとは違うタイプのキャラクターである。

キメンボーマ4年前の戦隊で登場した敵側の人物。こちらも人間の女性との間にハーフの子供をもうけていたが、シャダムとは逆に家族を愛していた。

大魔女グランディーヌ蛮野天十郎:特撮における毒親繋がり。

スーパー戦隊ラスボスリンク

ドーラタロス/大サタン→シャダム中佐→妖怪大魔王

関連記事

親記事

ゴーマ族 ごーまぞく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「シャダム中佐」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3939

コメント