ピクシブ百科事典

害統領ババッチード

がいとうりょうばばっちーど

害統領ババッチードとは、『海賊戦隊ゴーカイジャー』に登場する第二の害統領。
目次[非表示]

CV:銀河万丈

プロフィール

分類:不明
口癖:~である
役職:二代目害統領
武装:イチバンドライバー、スーパーナッグル
特殊任務:ヒューマンワールド侵略作戦

概要

かつてゴーオンジャーシンケンジャーと激突した蛮機族ガイアーク害統領バッチードの後任にあたる二代目害統領。
右腕のイチバンドライバー、左腕のスーパーナッグル、ババッチードスパイラルやババッチードバルカン等初代バッチードの技を多数受け継いでいる。

ヒューマンワールド征服の野望を諦めておらず、保蛮官チラカシズキーをガンマンワールドに送り込み、ゴーカイジャー達がガンマンワールドに突入した事を見計らい、鎖国バリアを張って次元の裂け目を封じ、ゴーカイジャーを隔離してしまう。
その後自らヒューマンワールドに赴いたが、宇宙帝国ザンギャックが地球に来ていることを知らないため、先に侵略を開始したことに激怒したワルズ・ギル達が妨害に現れ、インサーンバリゾーグの強さに驚きつつも応戦したが、マッハルコンに助けられたゴーカイジャー達がガンマンワールドから帰還してしまい、大量のウガッツを差し向けたがその間にワルズ達が帰ってしまったため単独での戦いを強いられる。

残されたゴーミン達に戦うよう命令するが、ゴーオンジャーに豪快チェンジしたゴーカイジャーにウガッツを一蹴され、ライジングストライクで倒された。

その直後にビッグリウムエナジーで産業革命を起こし巨大化。
石にかじりついてでも任期を全うしようとし、ゴーカイオー豪獣神を苦しめたが、ゴーオンジャーの大いなる力で出現したマッハルコンと合体したゴーオンゴーカイオーのゴーカイゴーオングランプリを受け「まだ望まれているうちに退陣するのが一番であ~る。辞任!!」と叫んで爆死した。

関連タグ

蛮機族ガイアーク

コメント