ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

海賊戦隊ゴーカイジャー』におけるいわゆる「戦隊バズーカ」だが、登場したのは後半に入ってからで第32話で初登場。

その名の通り、ゴーカイガレオンをモチーフにしている。ゴーカイジャー初期メンバー5人が主に使用。


レンジャーキーなしでも一応武器としては使用可能だが、このように使われたのは最初くらいである。


開発経緯

第31話で真の姿を現したバスコ・タ・ジョロキアに対抗するためにハカセが作り出した。

全員の武器のゴーカイシリンダーを借りて試行錯誤の末に開発し、最後に伊狩鎧の「オーレバズーカに似ている」という発言から、星野吾郎/オーレッドの「仲間の力を合わせる時に俺たちの大いなる力を使ってほしい」という言葉を思い出したことでオーレンジャーの大いなる力を注入し完成した。

ちなみに最初に鎧のセリフを聞いたとき、ハカセは「そんなに似てない」と言って突き飛ばしている。


なお、開発の為に一度武器をすべて預けていた為に、シールドンを始めとするザンギャック襲撃の際にはゲキレンジャーチェンジマン等、武器に頼らずに戦える形態にゴーカイチェンジして完成までの時間を稼いでいた。


構造

レバーを引くことで帆の部分がせり上がって照準器となり、4本のレンジャーキーを横から挿入し最後に使用者が後部のシリンダーにキーを挿入して回し、引き金を引くことで必殺技を発動する。


ライジングストライク

「◯◯チャージ」(◯◯は最後尾のシリンダーに挿入したキーの色。後述)の音声とともにエネルギーが銃口に集まり、引き金を引くことでライジングストライクの音声とともにゴーカイガレオン型のエネルギー弾を放つ。


本命のバスコには通用しなかった上、バスコ以上の猛者であるダマラスには一度目を防がれたりしているがラスボスのアクドス・ギル相手には決め手になったので扱いは悪くない。


アクドス戦では「ライジングストライク」が玩具でも再現可能な長押しによる「派手にウェーブ」も使用。


海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン』ではゴーカイブルーとゴーカイグリーンの補助を受けたゴーカイシルバーが射手でスペシャルチャージを使用。


映画では、仮面ライダーオーズから渡されたオーズキーによるタジャドルチャージや、ギャバンtypeGから渡されたメタルヒーローキーによるゴーカイメタルガレオンバスター等のコラボ技も披露している。


カラーチャージ

カラーチャージ音声に関しては下記の7つ。注記は玩具での分類も含めている。



個別エピソードではメインキャラが発射役になっており、使用キーも各々のキーが用いられた。

ゴーカイイエローによるイエローチャージとゴーカイジャーに該当カラーのいないブラック戦士によるブラックチャージは未使用。

  • 第41話:ゴーカイピンクによるピンクチャージ
  • 第43話:ゴーカイグリーンによるグリーンチャージ
  • 第48話・最終回:ゴーカイシルバーによるスペシャルチャージ
  • 最終回:ゴーカイブルーによるブルーチャージ

関連タグ

海賊戦隊ゴーカイジャー

ゴーカイガレオン レンジャーキー


ナイトアックス封印の文字リュウソウカリバー:戦隊シリーズにおける特定のキャラ打倒の為の切り札とされていて、終盤本人に向けるも通じなかった武具や技繋がり。ただし、封印の文字に関しては対象であるラスボスに傷を付けられたのがこの技だけなので、ラスボス打倒の為の切り札である事は最後まで変わらなかった。


スーパー戦隊必殺武器/合体武器

ゴセイバスターゴーカイガレオンバスターライオブラスター

関連記事

親記事

ゴーカイバックル ごーかいばっくる

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました