ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

バトルフィーバーJ』のバトルコサックが初のオレンジ戦士であったが、この作品以降でオレンジの戦士が全く登場せず戦士名にも色が無かったが為か、多くの媒体でイエローとして扱われていた。

しかし、トッキュウ6号という35年ぶりのオレンジ戦士が登場し(こちらも戦士名に色は入っていないが、変身アイテムでは『オレンジ』と対応されている)、戦隊オレンジが確立された。

その後『宇宙戦隊キュウレンジャー』で名前に「オレンジ」が入った戦士が登場した。


なお、デカスワン+オレンジ)、ゲキチョッパー(白+オレンジ)、キラメイシルバー+オレンジ)、ハチオージャー+オレンジ)等、サブカラーでオレンジが使われている戦士も存在するが、この「戦隊オレンジ」のカテゴリーには入らない。


他の色と比べて近い色の戦士である戦隊ブラウンについても述べる。


一覧

初期メンバー

名前・外見その他の情報
1A
1B
2
3

追加戦士

1

番外戦士

1

特別枠

名前・外見その他の情報
1
2
  • S.P.D.オレンジレンジャー※1
3
  • オレンジレンジャー※2
4
  • コズミックフューリーオレンジレンジャー


※1あくまで夢オチの存在という設定。実は上述の作品がローカライズされていないパワレンにとっては唯一のオレンジの戦士である。ちなみに当時のマスクの見た目は予算がなかったのかどう見てもメガレンジャーそのものだったが、のちに実装されたゲーム「Super Legends」ではちゃんとデカレンジャー似になっていた(?)。

※2アメリカのボランティア団体"Make-A-Wish"がパワーレンジャーに憧れるタイラー少年の為に公式側に掛け合い、正式な戦士としてカウントされるようになった。モチーフは鳥。


戦隊ブラウン

ファンからどうしてこの色の戦士が登場しないのかと度々議論になる程、ありそうで無かったカラーリングの戦士。


侍戦隊シンケンジャー』にてシンケンブラウンなるなんちゃって戦士が登場した事はあったが、正規戦士は長らく登場しないままであった。正規の戦士は『騎士竜戦隊リュウソウジャー』のリュウソウブラウンが初出であり、実に第1作の『秘密戦隊ゴレンジャー』から43作経ってから実装されたのである。この記録を超えられる色は果たして登場するのであろうか?(登場は無いだろうと思われていた虹色ですら第38作烈車戦隊トッキュウジャー登場している。これを超えられる色があるとするならばブロンズだろうか。)

しかし、正規戦士であるリュウソウブラウンとなんちゃって戦士であるシンケンブラウン共にネタ枠としての毛色が強い。それでも最後の最後で戦隊メンバーに貢献する活躍を見せているという共通点を持っている。


また、『暴太郎戦隊ドンブラザーズ』の終盤にて脳人のソノザがソノイソノニと共にドンブラザーズに加入し番外戦士枠となった事から、これも戦隊ブラウンの一人として扱われる事と思われる。


一覧

名前・外見その他の情報
1
2

関連タグ

スーパー戦隊シリーズ スーパー戦隊

オレンジ 橙色 オレンジヒーロー

スーパー戦隊の色配色一覧


橙キュア:こちらも本来は特殊なカラーヒロインだった。


茶色 ブラウンヒーロー


外部リンク

Template:スーパー戦隊シリーズ歴代その他の色の戦士役俳優 - Wikipedia

関連記事

親記事

スーパー戦隊の色配色一覧 すーぱーせんたいのいろはいしょくいちらん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7999

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました