2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

スーパー戦隊シリーズにおいて紫色の戦士は少なく、2007年放送の獣拳戦隊ゲキレンジャーゲキバイオレットでようやく登場した。他の色に比べてまだ歴史が新しい。
なお、2017年現在全員が追加戦士または番外戦士であり、初期メンバーが9人いた『宇宙戦隊キュウレンジャー』でも追加戦士だった。
一般的なバイオレットヒーローのイメージからは遠く、お茶目な性格の司令官キャラが多い。

また、バイオレット(Violet)はあくまで「スミレ色」であり、紫色の本来の英語表記は「パープル」(Purple)が正しい。トッキュウ7号の変身アイテムは紫色のアプリチェンジャーとパープルレッシャーであった。

ちなみに1982年の『大戦隊ゴーグルファイブ』の時点で新たな戦士の色の候補として挙がっていたが、当時の印刷技術では見栄えが悪くなるという理由でブラックが採用されることになった。

紫色の戦士一覧

名前・外見その他の情報
1
ゲキバイオレット
2A
キョウリュウバイオレット
2B
バイオレット
3
画竜点睛!星に願いを!


ゲスト戦士・番外戦士

名前・外見その他の情報
1
魔道騎士ウルザード
2
地獄拳の使い手
3
【特撮ワンドロ 414】ジュウオウコンドル
4
不屈の騎士
5
ステイシーザー
6
ドンムラサメ


関連タグ

戦隊パープル(表記揺れ) スーパー戦隊シリーズ 
スーパー戦隊の色配色一覧

外部リンク

Template:スーパー戦隊シリーズ歴代その他の色の戦士役俳優 - Wikipedia

関連記事

親記事

スーパー戦隊の色配色一覧 すーぱーせんたいのいろはいしょくいちらん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「戦隊バイオレット」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4429

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました