ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要編集

修行その4~9」にかけて登場したリンリンシーの集団で、臨獣拳の中でも「特に邪悪で凶暴なリンギ」を修得した凶悪な精鋭部隊。

それぞれ、熱・痛み・寒さ・痺れ・吐き気の毒を持つ。

本作に於ける悪の戦隊であり、ゲキレンジャー同様キャッチフレーズを持っており、仲間同士のチームワークも抜群である。


真の毒を持つ男。

声:安井邦彦 (修行その4~9)

『一撃必殺の狙撃手』の異名を持つ、五毒拳のリーダー格。『熱』の毒を持つヘビを手本にした臨獣スネーク拳の使い手。マフラーの色は青。

好きな言葉は「毒薬変じて薬となる」。


二本の半月刀を振るい、メレとも互角以上に戦える実力者。

死者を蘇らせることの出来る秘伝リンギ「真毒」の使い手だが、野心家であり密かに理央への謀反を企てていた。

自分以外のメンバーが倒された後、カデムとモリヤを蘇らせて理央を暗殺しようとするも失敗。メレに残った「真毒」を奪われて処刑された。「真毒」は三拳魔を蘇らせるのに用いられた。

後にが登場した。


演者の安井氏は10年前にも悪の戦隊リーダーを演じており、2年後再び敵組織首領に謀反を企てる怪人を演じた。


臨獣センチピード拳のカデム

声:下山吉光 (修行その4,5,9)

『地獄の手数王』の異名を持つ、五毒拳のメンバー。『痛み』の毒を持つムカデを手本にした臨獣センチピード拳の使い手。マフラーの色は白。

好きな言葉は「百足の虫は死して倒れず」。


リンギでゲキイエローに匹敵する超高速のパンチのラッシュを繰り出す(ムカデなら足が100本もあるからキックの方がいいだろというのは多分禁句)。

後にブラコによって蘇らせられ、理央を暗殺しようとするが返り討ちにされた。


臨獣ゲッコー拳モリヤ

声:坂口候一 (修行その4~6,9)

『対応不能の惑乱者』の異名を持つ、五毒拳のメンバー。『寒さ』の毒を持つヤモリを手本にした臨獣ゲッコー拳の使い手。マフラーの色は緑。

好きな言葉は「人の苦楽は壁一重」。


彼の毒は即効性で、五分で敵の命を奪う。壁や天井を自由に這い回ることができる。

カデムと共に復活するも、再びゲキレンジャーに倒された。

五毒拳では唯一、モチーフが無毒な生物となっている…と思われたが、実は矢守も毒を持っている事が判明している。


五毒拳・临兽蝎拳士

声:安達忍 (修行その4~8)

『戦慄の踊り子』の異名を持つ、五毒拳の紅一点。『痺れ』の毒を持つサソリを手本にした臨獣スコーピオン拳の使い手。マフラーの色は赤。

好きな言葉は「蠍百まで踊り忘れず」。


踊り子の異名の通り、ダンスの動きを取り入れた蹴り技を繰り出す。


五毒拳・临兽蟾蜍拳士

声:長嶝高士 (修行その4~8)

『鋼鉄鉄壁の守護者』の異名を持つ、五毒拳のメンバー。『吐き気』の毒を持つを手本にした臨獣トード拳の使い手。マフラーの色は黄色。

好きな言葉は「蛙の面に水」。


異名の通り、五毒拳の中では一番の防御力を誇る。

スーツは後に臨獣トード拳エルカに改造された。


余談編集

元ネタは1978年に公開された香港映画五毒拳で、元になっている5種類の有毒な生物もそのまま拝借している。


「修行その4」で5人がゲキレンジャーへ攻撃を開始する時、ブラコが指を鳴らしながら「抹殺」と言ったのは、前年度のスーパー戦隊・轟轟戦隊ボウケンジャーのオマージュ。


関連タグ編集

獣拳戦隊ゲキレンジャー 臨獣殿 臨獣拳アクガタ  悪の戦隊

 百足 ヤモリ  ガマガエル 毒属性

関連記事

親記事

リンリンシー りんりんしー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 920

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました