ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

「へっ、お前等を採点するならテクニックゼロ!パワーゼロ!!みっともなさ"だけ"MAXだぜ!!!」(修行その44)


データ

身長212cm(幻身豪天変時:57.2m)
体重91kg(幻身豪天変時:24.5t)
好きな場所地獄
好きな食べ物
好きな言葉犬になるなら大家の犬になれ
CV安井邦彦臨獣スネーク拳ブラコも担当)
登場話修行その43「ハピハピ!メリークリスマス、押忍」、修行その44「ワフワフ!父ちゃんのメロディ」

概要

スウグに仕える双幻士の1人。

胸部は地獄の番犬ケルベロス》を模しているが、包帯でぐるぐる巻きの全身にジャッカルのような顔を持ち、エジプト神話アヌビスを連想させる。


に似た幻獣《ケルベロス》を手本とし、激痛を与える首輪を無限に作り出す幻獣ケルベロス拳の使い手である。

幻気で作られた無数の首輪を投げつけるゲンキ・迅愚流(じんぐる)で人々の首に嵌めて激痛を与え、悲鳴と絶望を搾り取る。投げられた首輪は自由に軌道を変えられるので多角的に攻撃できる他、それ単体がリンリンシー一人に相当するほどの力が宿っているため、激気を吸い取ることも可能。

多芸なシュエンに対してコウの使ったゲンギはこれだけだが、単に披露する機会がなかったのか、ケルベロス拳のゲンギがこれ単品なのかは不明。

そもそもこの技自体にケルベロスの要素はないような気もするが……


また、臨獣拳五毒拳のリーダーである獣人ブラコは彼の実兄である(演じる声優も同じ)。しかし、メレが彼を殺したことに対しては「どうでもいい」と答える等、兄弟仲は相当悪かったらしい。

ただ初対面時にメレに蹴りを入れたり、「兄の仇」と称して彼女を不意打ちしようとしたりしたあたり彼なりの強がりとも取れるが真意は不明。

また野心家であるところも兄とそっくりであり、ブラコが理央暗殺して臨獣殿のトップに成り代わろうとしたのに対し、こちらはスウグを蹴落として新たな四幻将に取って代わろうと目論んでいた。

スウグが自我を持たないのを良い事に普段から「木偶の坊」呼ばわりしてあからさまに見下す等、忠誠心は皆無。同じくスウグ配下の双幻士であるシュエンとは仲が悪く、文字通り「犬猿の仲」。


なお双幻士は言動に何かしらの共通点を持つのだが、コウとシュエンの場合は共に「スウグを完全に見下していて忠誠心が皆無」という点が該当する(なお、スウグを見下していた理由は後に明らかになる)。


活躍

修行その44で四幻将への昇格を目論むコウは、自分の兄を殺したメレから悲鳴を集めてはどうかと言われ、その気になって街へと繰り出した。

そうして人々に首輪をはめて悲鳴と絶望を集めていたところに、例によってゲキレンジャーが駆けつける。だが、駆けつけたのがランレツケンのたった3人だけであることに「ん? 3人? 少なくねェか!?」と指摘して首を傾げる。実はこの時、残りのゴウ天地転変打を修得する修行ジャンスウグを救うべく別行動していたために3人しかいなかったのである。

しかしケンは「フン!てめぇみてぇな奴、3人でも多過ぎるぜ!」とケンが啖呵を切って変身、交戦となった。


最初は3人に迅愚流を嵌め、激気を吸い尽くして弱体化させたことで圧倒。調子に乗って上記の台詞まで吐く始末だったが、ケンは堂々と「ふざけるんじゃねぇぞ!俺のカッコ良さは無限大だぜ!!」と返し、その言葉と共に気合で激気を高ぶらせた3人の三算斬を受けあっさり敗北する。


直後に巨大化してサイダイオー相手に迅愚流を投げて応戦するも、結局は大大砕大斬りを受けてあっけなく敗北。上記の台詞は自身に対するブーメラン発言となってしまった。


余談

幻獣のモチーフはその名の通りのケルベロス、そして名前の由来は山海経に登場する「(コウ)」と言う獣から。

原典では「獣がいる。そのかたちは犬のようで豹の文、その角は牛のよう、その名は狡。その声は犬がほえるようで、これが現れるとその国は大いにみのる。(西山経三の巻)」とあり、ここから五穀豊穣を司る瑞獣である事が窺える。スウグはまだしも他の連中は人食いや災禍の前兆というろくでもないバケモノばかりの中で結構珍しいパターンである。

また、ケルベロスだけでなく冥府つながりでアヌビスもモチーフに取り入れられている。


一方、彼が拳の手本とするケルベロスはギリシャ神話でお馴染みの地獄の番犬で、頭部と尾に蛇の生えた三つの首の巨大な犬の姿をしている。

客観的に見てもケルベロスらしさはさほど感じられないが、原典ではその唾液からトリカブトが生えたとあることからブラコの弟という設定は毒と先述の蛇つながりから来ている物と思われる。


隠しモチーフは十二支の「戌(いぬ)」。迅愚流(ジングル)はその名の通りジングルベル元ネタ


好きな言葉「犬になるなら大家の犬になれ」とは、どうせ下につくなら大物につけ、という意味の慣用句。大家の読みは「おおや」ではなく「たいか」。

現に臨獣拳に属していた兄に対してこちらは幻獣拳所属である。

 

また、幻獣拳士は臨獣拳を極めて獣の力を超えた者がロンを介して自身の臨気と幻気を融合させる「血盟の儀式」を経て誕生するとされる。

理央とメレ(とスウグ、ロン&サンヨ)以外の幻獣拳士達が元々何の獣拳使いだったのかは不明ながら、臨獣拳士としての彼は臨獣ドッグ拳、もしくは何かしらのイヌ科動物の獣拳の使い手だった可能性は十分にある。(なおイヌ科動物としては激獣拳にウルフ拳のゲキバイオレット、臨獣拳には臨獣フォックス拳ツネキがおり、コウの登場によって激獣拳、臨獣拳、幻獣拳の全てにイヌ系の獣拳士が登場したことになる)。

 

しかし臨獣ライオン拳を極めていることが条件である幻獣グリフォン拳はともかく、元々カメレオン拳のメレはフェニックス拳、ホワイトタイガー拳(白虎拳)だったダン(=スウグ)はキメラ拳、と共通点を見い出せない組み合わせになっているため、幻獣拳士は純粋なグレードアップとは限らないのかもしれない。

 

兄のブラコが理央を暗殺して臨獣殿の当主に成り代わろうとした様に、同じく野心家である筈のコウが幻獣王の理央からその座を奪おうとせず、狙ったのが四幻将だった事実は、恐らく幻獣王がロンの世界滅亡の為の人形に過ぎず、幻獣拳の組織自体が実体の伴わない虚構に過ぎなかった事を暗に示していたのだろう。

また、後にヒソの言葉からすると、シュエンと共にスウグを見下していたのも、「双幻士全員が最初からロン1人の配下」であったことを暗に示している。


関連リンク

獣拳戦隊ゲキレンジャー 幻獣拳 双幻士

ケルベロス 狡(妖怪)


臨獣スネーク拳ブラコ:兄

幻獣ハヌマーン拳シュエン犬猿の仲を地で行く双幻士の相方。

幻獣キメラ拳スウグ:彼の主(形だけの)。


他作品の関連キャラクター

ドギー・クルーガー/デカマスター:こちらも地獄の番犬の異名を持つ。

火炎サイマ獣ヘルゲロス:『救急戦隊ゴーゴーファイブ』に登場したケルベロス繋がりの先輩怪人。

ケルベロスマイナソー12年後に登場した純粋なケルベロスモチーフの怪人の後輩。こちらは主人公の名前が「コウ」。

関連記事

親記事

双幻士 そうげんし

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2851

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました