ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

トリカブト

とりかぶと

キンポウゲ科のトリカブト属(アコニツム)の植物の総称。日本には約30種ほど自生している。
目次 [非表示]

トリカブト属編集

キンポウゲ科トリカブト属に属する草花の総称。トリカブトの名は、烏帽子に似ているからとも、の鶏冠(とさか)に似ているからとも言われる。英語名では"monkshood"(僧侶の被りもの)と呼び、属名の"Aconitum"(アコニツム)で呼ばれることもある。


花の色は紫色の他、白、黄色、ピンク色など。多くは多年草である。沢筋などの比較的湿気の多い場所を好む。塊根が生薬として利用されるほか、ハナトリカブトは観賞用として栽培され、切花の状態で販売されている。


トリカブトの毒編集

キンポウゲ科によくある毒草だが、その中でも致死性の強い猛毒として悪名高い。ドクゼリドクウツギと並んで日本三大有毒植物の一つとされる。


花が咲いていれば区別しやすいものの、花が咲いていない状態では花のイメージが強すぎることが仇となってニリンソウなどの他の野草と誤認されることがしばしばあり、中毒事故もたまに起きている。


英語圏では「狼殺し(wolfsbane)」とも呼ばれ、かつては世界各地で狩猟用の毒矢に塗布する毒の原料とされた。日本でもアイヌヒグマを狩る際に使われたが、生える地域により毒性に大きな差があるため、わざわざ遠くの物を採取していたこともあったという。


その一方で、トリカブトの根を乾したものは附子(ぶす)または烏頭(うず)と呼び、漢方薬として用いられることがある。


また花蜜や花粉にも毒が含まれており、ミツバチがそれらを集めて猛毒の蜂蜜を作ってしまう事がある(食べればもちろん中毒する)。そのため、養蜂家はトリカブトの自生する場所では決して蜂を放さない。


花言葉編集

「騎士道」「栄光」「美しい輝き」「人嫌い」「厭世家」「復讐」「あなたは私に死を与えた」


※フランスでは「復讐」「あなたは私に死を与えた」、イギリスでは「騎士の武者修行」「栄光」「人間嫌い」「騎士道」という花言葉になるのでご注意ください。


誕生花編集

7月19日、7月25日

トリカブトをモチーフとしたキャラクター編集

特撮編集

その他編集

真6弔花の霧の守護者。「〇〇の時」「〇〇(形容詞)な者」などのように話す。守護者の中で最も背が高く、鬼の仮面をつけている。というか、この仮面が本体。依代の体は耳なし芳一のパロディなのか全身に経文が書かれた僧侶となっている。

ツナやγと戦闘するも、X BURNERを受け僧侶、仮面ともども致命的なダメージを負い退場。代理戦争編もほぼ空気だが登場している。


関連イラスト編集

わあ!綺麗な花ね!


関連タグ編集

植物  毒草 猛毒

附子 狂言

ケルベロス:その唾液からトリカブトが生まれたという伝説がある。

関連記事

親記事

キンポウゲ科 きんぽうげか

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 957320

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました