ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

スーパー戦隊祭シリーズの記念すべき第1作。元々は、スーパー戦隊VSシリーズと同じようにVシネマでの発売が予定されていたが、同じ東映製作の映画『ふうけもん』の公開中止の代替も兼ねて急遽、映画化することになり「スーパー戦隊祭」シリーズとして定着する。


時系列としてはエンジンオーG12が登場していることから、GP-35以降の話となるが、その話の後編であるGP-36で最期を迎えたヨゴシュタインが生存していることから実際はパラレルである。


ストーリー

ロンとの戦いを終え、しばらく経ったある日、長い旅をしていたジャンはなつめの誕生会のために日本に帰ってきた。

ランとレツとの再会を喜んでいる束の間、ガイアークの蛮機獣ヌンチャクバンキが出現、3人はヌンチャクバンキと交戦するが、ヌンチャクバンキの作った異空間に飛ばされてしまう。


一方、ゴーオンジャーはアクガタの残党と勘違いしたゴウ、ケンと交戦している最中だった。

なんとか誤解も解け、異空間で3人と合流。

すると彼らの前に、ガイアーク三大臣とヌンチャクバンキ、さらにアクガタの生き残りであるメカが現れ、メカらの策略によって、ゴーオンジャーたちはロンを封じ込めた慟哭丸と炎神ソウルを奪われてしまう。


奪われてしまった炎神ソウルと慟哭丸を取り戻すため、ゴーオンジャーはゲキレンジャーに獣拳を教わることになるのだが…。


登場キャラクター

炎神戦隊ゴーオンジャー


ゴーオンウイングス


炎神



獣拳戦隊ゲキレンジャー




蛮機族ガイアーク


臨獣拳アクガタ


宣伝活動

今作の映画公開記念し、過去でスーパー戦隊の出演経験のある俳優陣が自主制作の宣伝映像をYouTubeに投稿していた。非公式な企画なのだが、日笠プロデューサーから感謝の謝辞の言葉が東映公式ホームページに掲載されている。また、戦隊関係者でないものも大田氏も宣伝映像に参加している。


参加した俳優陣


余談

スーパー戦隊VSシリーズの恒例行事として現役戦隊、先代戦隊がズラリと並ぶ名乗りがあるが、今作ではゴーオンジャー、ゴーオンウイングス、ゲキレンジャー、理央、メレによる総勢14人にも及び、当時最多記録だった。現在は『機界戦隊ゼンカイジャーVSキラメイジャーVSセンパイジャー』の総勢23人(2大戦隊+ツーカイザー+ステイシーザー+10)が最多となっている。


上記の経緯により、ゴーオンジャーは長らく、Vシネマ作品に登場しておらず、2018年に発売された『炎神戦隊ゴーオンジャー 10 YEARS GRANDPRIX』が『ゴーオンジャー』初のVシネマ作品となる。


関連リンク

獣拳戦隊ゲキレンジャー 炎神戦隊ゴーオンジャー


BUNBUN!BANBAN!劇場BANG!!本作銀幕版_天下分け目の戦


獣拳戦隊ゲキレンジャーVSボウケンジャー本作侍戦隊シンケンジャーVSゴーオンジャー銀幕BANG!

関連記事

親記事

スーパー戦隊祭 すーぱーせんたいまつり

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3802

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました