ピクシブ百科事典

ヌンチャクバンキ

ぬんちゃくばんき

ヌンチャクバンキとは、『炎神戦隊ゴーオンジャーVSゲキレンジャー』に登場する蛮機獣。

CV:吉水孝宏

概要

ヌンチャクをベースにした蛮機獣で、ガイアーク三大臣が共同で制作した害地水気スペシャル目蛮機獣。
鳴き声は「ア~タタタ・ホー!」

モチーフと同じくヌンチャクの名手で、タオルを使ったヌンチャク術も披露する。
その目的は慟哭丸をその内部にセットし、ロンの力を引き出すことで、臨獣殿の残党である臨獣トータス拳メカに臨気を教わり、トータス拳の臨技を使う事が出来る。

帰国したばかりの漢堂ジャンと迎えにやって来た深見レツ宇崎ランを襲撃し、正義の力が半減してしまう異空間「烈波空間」に吹き飛ばし、ゴーオンジャーゲキバイオレットゲキチョッパーがマスター・シャーフーの激技で烈波空間に突入してきたために追い詰められたが不意打ちでゲキレッドから慟哭丸を奪い取ろうとしたものの間違えて炎神ソウルを奪ってしまい、炎神ソウルと交換という取引で慟哭丸を入手した。

しかし三大臣が慟哭丸の形を知らなかったことでセットできなかったため、メカが炎神ソウル型に加工した「慟哭丸ソウル」をセットし、ロンの力でパワーアップし町中で暴れ回った。
しかし激気に目覚め、炎神拳を習得したゴーオンレッドにスピードルの炎神ソウルを奪い返され、ゴーオンレッドとゲキレッドに圧倒され、炎神拳ドルドル弾と咆咆弾を受け機能を停止した。

その直後に内部にあるロンの魂が目覚め、ロンバンキとなった。

関連タグ

炎神戦隊ゴーオンジャーVSゲキレンジャー

コメント