ピクシブ百科事典

ホムラコギ

ほむらこぎ

ホムラコギとは2010年早春に公開のスーパー戦隊VSシリーズ作品『侍戦隊シンケンジャーVSゴーオンジャー銀幕BANG!』に登場したアヤカシである。
目次[非表示]

シンケンレッドゴーオンレッド、相手にとって不足は無ぇ!」
CV:吉野裕行

概要

全身が腹部にある異形の貌が吐き出す炎に覆われている様な外見が特徴のアヤカシ。『朧車』と言う妖怪の伝承のルーツとされている。
上記の姿をより詳細に説明すると、赤い炎で覆われた頭部と四肢を持ち、胴体は口を開けた灰色の狒々の頭其の物と言う外見である。身体の各関節部分に炎の輪の意匠が見られるのも特徴。
「焔摩大火輪(えんまだいかりん)」と呼ばれる炎の車輪の形をした刀(?)で両手を武装しており、戦闘では車輪の様に高速回転させる事により、目にも止まらぬスピードで襲い掛かる。
性格も残忍で、荒っぽいヤクザの舎弟の様な言動が目立つ。

劇中では血祭ドウコクから害統領バッチードと協力する様に命じられ出撃した。
尚、ルーツである朧車は牛車の妖怪である為、車の戦隊であるゴーオンジャーとの共演に相応しい(?)モチーフと言える。

劇中での活躍

スーパー戦隊VSシリーズ侍戦隊シンケンジャーVSゴーオンジャー銀幕BANG!』に登場し、ドウコクからバッチードと協力するように命じられて現世に侵攻。

上記の焔摩大火輪による自慢の高速移動でシンケンレッドとゴーオンレッドの両名を苦しめるが、彼等の作戦に引っ掛かってしまい、シンケンジャーとゴーオンジャーの一斉攻撃を受け倒される。

直後に二の目となって巨大化すると、月面のバッチリウムプラントへ向かうも、折神炎神から宇宙の果てまで追い掛けられ、チェイスの末に危うくモヂカラキャノンボールを喰らいそうになったバッチードから盾にされ「バッチード、てめぇ……!」と怨嗟の声を呟いて爆散した。

余談

モチーフは車輪。名前の由来は焔(ほむら)+漕ぎ

ホムラコギが登場した当作品では上映された2010年のTV放送に先駆け、『天装戦隊ゴセイジャー』の5人が友情出演している(※だがその存在を知るのはダイゴヨウただ1体だけであった)。
時系列的にはサムライハオーが初登場する第三十五幕と、モウギュウバズーカが初登場する第三十八幕の間辺りで起こった出来事と推察される。

声を演じる吉野氏は今作がスーパー戦隊シリーズ初出演となった。尚、本編では他のアヤカシとは異なり声はエコーだけで加工されていた。

関連項目

侍戦隊シンケンジャー 外道衆 アヤカシ 朧車
スーパー戦隊VSシリーズ 侍戦隊シンケンジャーVSゴーオンジャー銀幕BANG!

オボログルマ(カクレンジャー):『忍者戦隊カクレンジャー』に登場した大先輩。
上級妖怪オボログルマ:『手裏剣戦隊ニンニンジャー』に登場する後輩。

妖怪カシャ:『手裏剣戦隊ニンニンジャー』に登場する妖怪で、同じく炎と車輪がモチーフとなっている。但し、こちらの元の妖怪はその名の通りの火車

関連記事

親記事

アヤカシ あやかし

兄弟記事

コメント