ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

プロフィール

年齢14歳→15歳
職業結界師
所属烏森学園2年2組→3年3組
趣味お菓子作り
特技図画工作
好物甘い物全般
家族構成祖父
CV吉野裕行/白石涼子(幼少期)

人物

本作の主人公。墨村家22代目(予定)の結界師。現在私立烏森学園中等部3年。


学校の中では地味であり学園生活は気ままで、授業中はほとんど寝ているか、お菓子のレシピを書いているかである(文房具に細工を施したりする事もある模様、龍をかたどった消しゴムハンコなど)。

なお異性に興味を持ち始め、恋に敏感な年頃であるクラスの女子からは完全にノーマークでありが読心術でクラスの女子の心を読んだ所、表層に浮かんでいた良守の顔が間違っていた

他にも「九九の七段言えない疑惑」や、「給食にコーヒー牛乳が出るとき最もパワーを発揮する」という疑惑も浮上しているなど散々なものである。


年上の幼なじみである雪村時音に幼い頃から恋心を抱いている。

考えるより前に行動してしまうなど、無茶な行動が目立ち、感情的に行動していることから精神的には非常に幼い。

奥久尼曰く、「おそろしく純粋」。

9歳の頃、妖に騙され襲われた自分を庇った時音に大ケガを負わせたことを悔やみ、時音を守るために強くなることを決意した。

その経歴からか自分の周りの人間が傷つくのを極度に嫌い志々尾限の一件があってからはその傾向に拍車がかかる。歴代正統後継者の中でも、飛びぬけて強く烏森の影響を受け、烏森に愛されていると比喩される。

才能にも恵まれており、扇七郎曰く、数段飛ばして成長するタイプ。


しかし、当の本人は自覚がなく、不用意な発言により兄弟や閃を傷付けることもある。


術者としてはパワータイプでテクニックは低いが、それを補って余りある力を持っている。

教えられた通りに右手で結界を作っていたが、本来の利き手は左手のため、左手も使うようになってからは正確さが向上した。


来歴

自分を庇った時音に大怪我させてしまったことを悔やみ、「もう誰も傷付けたくない、傷付くのは見たくない。」という思いが芽生え時音や周りの人々を守るために強くなると決意する。


黒芒楼の存在が明らかになったとき夜行から派遣された志々尾限と当初は激しく対立するが、互いの実力を認め合い徐々に友情が芽生え仲良くなっていく。

しかし、第一次黒芒楼襲来の時に牙銀との戦いで志々尾が火黒の不意打ちの攻撃で命を落とす。そのため志々尾亡き後は火黒を倒すために修行に励んだ(大好きなお菓子作りもその間止めていたほど)。

第二次黒芒楼襲来の時に作戦で自身を捕えに来た紫遠にわざと捕まって黒芒のシロに乗り込む。黒芒では捕らわれていたが松戸に助けられ、同じように捕らわれていた夜行のメンバーの閃を探す途中で(黒芒の主)と出会い、姫から黒芒楼を破壊するための力をもらう。

閃を助けだし、ついに因縁の火黒と対峙する。火黒に圧倒されつつ不完全な絶界で何とかしのごうとするが火黒には歯が立たず、とうとう倒されそうになりそれを助けようと良守の盾となった閃が火黒に斬られかけた瞬間、それを拒絶するため白い絶界(真界)が発動、火黒を消滅させる。そして良守達を救出しに来た正守らと共に黒芒を去った。


黒芒楼打倒以降かつての明るさを取り戻し、キヨコや封魔師に会ったりしながら騒がしい日常を送っていく。

そんな中奥久尼が烏森の調査に訪れた際、(箱使いの兄が自滅させられた腹いせで)箱使いが禁断の妖「黒兜」を放ってしまう。

良守は黒兜と戦うも歯が立たなかったが、上空から町の風景を見て自分の背負っているものの重さを刻みつけて再び黒兜に挑む。黒兜相手に善戦するも黒兜を倒そうとする集中力のあまり空間の秩序が乱れ良守を危険と判断した奥久尼の制止さえ振り切ってしまう。そんな中黒兜を倒す力を欲したとき、自分にまとわりつく烏森の力を視認する。その力で黒兜に大穴を空けたがそんな自分に疑問を持つと、今度は烏森の力が黒兜に与えられてしまう。ついに黒兜は完全体となるが烏森に攻撃したことで烏森の怒りを買い、力を奪われて体が崩壊した。

なんとか事件は解決したものの良守の危うさが浮き彫りとなった事件であった。


その後正守に誘われ淡幽の神佑地に赴き、何があっても中に入るなと言われていたが、淡幽の誘惑に引っかかって神佑地の中に入ってしまう。

その後の無道との戦いで正守に見捨てられた(しかしそれは無道を欺く為の正守の演技)にもかかわらず、兄の窮地を白い絶界(真界)で助けた。


暴走した緋田郷の土地神が烏森に侵入し、校舎を沈めようとした際、自分の身勝手な行動が原因となり、時音に土地神を殺させてしまう。その後、残された土地神の傘を持って豆蔵と共に緋田郷の神佑地に傘を返しに行った時に、天穴に似た謎の道具を発見するものの、それを氷浦蒼士によって奪われてしまった。傘を返した後、時音が断頭島に連れて行かれたと聞き、繁守に頭を下げて刃鳥や閃と協力を得て断頭島から時音を連れ戻すことに成功した。


東北地方の大首山が神佑地狩りによって狩られ、その狙いは烏森に向けられる。裏会総本部から氷浦が派遣されるが、緋田郷で起きた事件故に、扱いに悩む。同時期、烏森が暴走した際には、烏森に対して面白い所を用意すると半ば無意識で言い、おとなしくさせた。

また無想の修行を始めるが、繁守によると、烏森の覚醒に呼応しているためか、成長が早い模様。氷浦にシャープペンシルをあげるなどしてコミュニケーションを図り、次第に信頼するようになる。氷浦が敵勢力に所属しており、上の命令に逆らえない事情を把握した後は「誰かを殺す際は、まず自分から殺せ」と氷浦に約束させた。だが、心に迷いが生じてしまい、無想の修行が進まなくなってしまう。


同時期、カケル達に烏森が襲撃され、カケルによって街を破壊できる巨大なまじないがつくられた事で烏森の周りの街を人質に取られて身動きが取れなくなり追いつめられてしまう。だが氷浦に助けられた閃から氷浦が怪我を隠して戦っていることを聞き、氷浦を守るためついに極限無想を発動した。極限無想による圧倒的な力で壱号、弐号の動きを封じ、さらに染木文弥達がカケルのまじないを破壊したことで街を守った。しかし突如現れた扇七郎がカケル達を斬り殺してしまう。その勝手な振る舞いに怒った良守が扇七郎と交戦した際、扇七郎は誤って氷浦を斬ってしまい、その氷浦の姿を見て完全に切れた良守は極限無想を解き、烏森の力を与えられるまま暴走して巨大な白い絶界(真界)を発動。白い絶界(真界)により、扇七郎を退けると同時に氷浦の傷を癒したが、暴走状態のままだったため時音に止められて、正気に戻り白い絶界(真界)が解けた。


その後、長年放浪し続けた母の守美子(式神)が墨村家に突然帰還。

その日の夜、守美子、時音と共に烏森の異界に突入し、宙心丸を連れ出すことに成功する。翌日、烏森を完全に封印するため、守美子と共に旅立った。その後、修業先の山荘で開祖・間時守と出会い、真界の修行を行う。


総帥・逢海日永が現れ、総帥の精神支配能力によって扇一族の部下が制圧され、追いつめられた嵐座木神社に降り立ち、真界で総帥の精神支配能力も受け付けず、総帥の目的が嵐座木神社の神佑地狩りではなく、実は戦争のための部下の確保だったこともあり、総帥の撃退に成功した。


時守から宙心丸と烏森の地の誕生のいきさつを聞き、激しく動揺し、憤る。

その後修行は完成し、覇久魔の異界に入り、真界を発動させ、宙心丸の望む世界を創った。しかし宙心丸の世界を完璧に閉じるために母が犠牲になることを知り憤るが、最後は母の望み通りにすることを選んだが、その際に時守に対して時守のそれまでの人生に対する皮肉とも、慰めともとれる言葉をぶつけた上で…


正統継承者の使命と運命から解放された良守は時音と共に普通の学生らしい日々の暮らしに邁進していく。



能力

間流結界術(はざまりゅうけっかいじゅつ)

間流結界術の応用力はついてきているものの多重結界、一度に大量に結界を出す、結界の細かい座標指定や大きさの加減、などの技術は低い。しかし、黒芒楼編の後半で特訓を重ね少し向上、極限無想に入ることにより強度・正確さ・スピードともに飛躍的に上昇する。


絶界(ぜっかい)

ウロ様の「神の寝床」の結界を再現しようとして初めて発動した技。黒いオーラを体外に発生させ、オーラの中に入った自分以外のものを無差別に消滅させる。

この技を使い始めた頃は正守の絶界に比べれば範囲も狭く不安定で、身体の表面に薄くまとわりつく防護膜程度のものしかできなかった。豆蔵の言葉で力の中心を決めて球形にすることを覚え、断頭島では全身を覆うほどの大きさの球形にできるようになり、かなり本物の絶界に近づけることが出来た。

しかし本人は黒芒楼との戦いの後、「絶界は自分に向いていない」と感じて以降は絶界の修行はしておらず、崩壊しかかった異界へ侵入するとき・戦闘時のとっさの防御などのやむをえない場合を除いて使用しなくなっている。


真界(しんかい)

正守が使用する絶界よりもさらに高次元な性質を備える、白いドーム状の超巨大な結界。良守が拒んだものでさえあれば、人、妖などの物体やその術はおろか、対象の人物が傷ついている、などといった良守にとって受け入れられない“事柄”でさえも拒絶して無に返してしまうという性質を持つ。ゆえに効果範囲内では良守の受け入れた存在であれば危害は及ばず、致命傷を受けていてもその“事実”がなかったことになり活動が可能になるが、それとは逆に良守の拒んだ存在は完全消滅する、いわば効果範囲内を良守にとって「完璧な世界」へと作り変えられる。時守曰く、本来は領域をすべて初期化して自身の思い通りに組み直すといった神に近づけると言っても過言ではない術。

時折感情に流されるまま無意識に発動していたが、時守の修行によって展開範囲と効果の及ぶ対象をある程度自在にコントロールできるようになり、宙心丸の力を借りることでほぼ万能の結界となった。

しかし普通の人間が使えば身を滅ぼしかねないほどに体に負担がかかる術であり、宙心丸の恩恵を受けた良守であろうとも長時間の使用は体に負担がかかる(開祖の発言から完璧な状態でありなおかつ最大出力で一度使用すれば良守自身が耐えられる保証がない模様)。


極限無想(きょくげんむそう)

無想を完成した良守の状態。管理者であるしぐまを出現させる。この状態の時の良守の間流結界術の強度は、壱号、弐号でさえも破れないほどである。


探査用結界(たんさようけっかい)

正守が使う影と同じようなもの。守美子の指導により使えるようになった。自身のまわりに巨大な結界をつくり、その中にいる妖などの情報を一気に洗い出すことができる。ただ、膨大な情報が一度にくるため、良守はしぐまにその量を調節してもらっている。


しぐま

極限無想を行うときに召喚される良守の管理者。召喚された時は白と黒の縞模様の入った正六面体の箱であるが、形を変形させて蛇や道化師、鳥、小さくコンパクトになるなど、決まった形が無い。これは力の底が未だに分からない良守そのものを表しているとも言える。言葉遣いは乱暴で、「ケケ」が口癖。


良守によれば「しぐま」と名付けたのは「白と黒のしましま」だからとのこと(「しくま」ではなく「しぐま」の方が語感が良いため)。


関連イラスト

無題無題


関連タグ

結界師 墨村家

雪村時音 良時

志々尾限 氷浦蒼士 墨村正守 ウロ様

私立烏森学園

関連記事

親記事

墨村家 すみむらけ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1372438

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました