ピクシブ百科事典

逢海日永

おうみにちなが

逢海日永とは「結界師」の登場人物。
目次[非表示]

概要

裏会の総帥。
最上級の神佑地・覇久魔(はくま)の異界にある「下の城」に住まう。
城の住人からは「王様」と呼ばれており、裏会では異例とも言える人間味のある穏やかな性格から、地位を抜きにして慕う者も多かった(配下である零からは友達扱いされ、専属まじない師のミチルは彼を愛していた)。

異界の入り口は宝物庫の壁に描かれた双頭の蛇の絵画だが、一般には秘匿されている。
彼と対面できるのは総帥直属の配下と弟である裏会最高幹部・夢路久臣だけであった。
人の心を読める能力により精神を病んでおりほとんど引きこもりのような状態。
裏会の取りまとめは夢路に任せきりで、本人は働き者の弟に感心していたが、実は夢路は日永を裏切って記憶を書き換えており、妻の水月を寝取ったりとやりたい放題をしている事が発覚。
夢路への復讐の為に、裏会を崩壊へと導いていく。

かつて、無道を嫉妬させた「圧倒的な存在」とは日永の事である。
日永は幾度となく自分に挑んでくる無道を殺害し、その力に嫉妬した無道は外道に身を堕とす事となった。
しかし、無道の推薦を受け墨村正守を裏会最高幹部に押し上げた事も判明しており、二人の人間関係が悪かったわけではない模様。

能力

復讐、400年。

画像左の少年
強大な精神支配系能力者。本性は黒い海蛇のような精神体であり、他の人間に次々と憑りつく事で事実上の不死を可能としている。
物語開始当初は老人の姿をしていたが、復讐に憑りつかれた時点では「遠」という名の少年の体に乗り換えていた。
当初より裏会最高幹部でさえ手も足も出ないほどの実力を誇っていたが、夢路への復讐の為に神佑地狩りを行い、さらに強大な力を獲得する。
余程の術者でも同時では10人が限界とされる精神支配を無制限に行使する事ができ、その力は単身で裏会総本部を制圧できるまでになっていた。

関連タグ

結界師

pixivに投稿された作品 pixivで「逢海日永」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3209

コメント