ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

慟哭丸

どうこくがん

三拳魔の秘伝リンギ、およびそこから生まれる一つの球のこと。 本編の戦いを終わらせる上で、極めて重要な技となった。
目次 [非表示]

概要編集

三拳魔が力を合わせて放つ究極のリンギ。相手を封印しつつ、その生命力を奪い死に至らしめるという恐るべき技である。


初出は修行その34でマク達三拳魔がシャーフー七拳聖に対して使用。この技を受けた7名は各々がひしめき合う巨大な岩石の玉の様な姿運動会の大玉転がしで使われるような大きさ)にされた上で、その命の雫をマクに飲まれる羽目となったが、後に解放されて一命を取り留めた。


それ以降は出番が無かったが、修行その49(話数だけで見るならばTVシリーズ本編の最終回にあたるのだが、作中では「修行に終わりは無い」ということを体現しているのか、この表記になっている)におけるロンとの決戦において再び日の目を見ることとなる。


カタ「よく来た…獣拳使いの同志達よ」

ラゲク「ここは、全てのリンギが眠る場所。リンギを身につけんとする者よ、扉は開かれた」

マク「我等の究極秘伝リンギを授けよう…!」


ロンを倒すため、ゲキレンジャーの3名は理央のリンギ「全臨伝授」によりのみとなった三拳魔達と対面。彼らの課した修行により臨獣拳を体得した。

かくして慟哭丸は激獣拳と共に元の1つとなった獣拳の最終奥義へと昇華され、この技によってロンを封印することによって長きに亘る戦いに終止符が打たれた。


慟哭丸の正体は、「ロンの不死身に気付いたマクが密かに編み出した無間龍用のリンギ」である。

一度は七拳聖を追い詰め、ゲキレンジャーにも精神的ダメージを与えたこの技は、最終的に二つの流派を極め真理に至った若き獣拳使い達の正しき力と技と心によって使われ、その本義を果たしたのであった。


ブルー「獣拳は、正義の拳!」

イエロー「正しき者は、必ず勝つ!!」

レッド「ロン!これが……獣拳の力だ!!」


ロン「ふざけるなぁッ…!! 永遠の闇に封印するつもりか……!!? 幻獣の長である、この私をォオオオオオオオオオオ!!!」


かくして、獣拳に関わる全ての者達の運命を狂わせた邪悪なる幻獣は、龍を模した金色に輝く玉へとその身を変えられ、身動き一つも取れず光すらも届かない暗闇の中で不死故に無尽蔵の生命力を永遠に搾取され続けるという最低最悪の無間地獄へと堕とされるのだった。最後の戦いの後、慟哭丸を拾い上げ、シャーフーは言う。


「永遠の闇に1人……面白い事など1つも無いじゃろう……」


その後、封印されたロンは拳聖達にビリヤードの玉代わり(この事から見ても技をかける対象が「絶大な力を持つもの」であってもビリヤードの玉程度の大きさになる事からして「技をかけられた人数」に比例して大きさが変化すると思われる)にさせられる等の散々な扱いを受けるが、最終的にジャンがこれを預かることになる。


炎神戦隊ゴーオンジャーVSゲキレンジャーにて編集

蛮機族ガイアークと手を組んだ臨獣殿残党臨獣トータス拳メカの手でジャンの元から奪われる。

その後、ヌンチャクバンキ強化する為、胸部のスロットに装填される…はずだったがスロット形状が炎神ソウル仕様だったのでブチ切れたメカがハンマーで何度も叩きつけることで慟哭丸ソウルに改造される。


尚、復活した時のロンはゲキレンジャーへの深い憎しみで頭が一杯で本編での余裕や冷静さはまるで失われていた。


その後、ヌンチャクバンキと一体化したロンバンキが誕生する事態に発展するもエンジンオーG12サイダイゲキリントージャを駆る両戦隊の奮戦によって撃破され、ロンの魂は元の慟哭丸に封印されるのだった。


関連タグ編集

獣拳戦隊ゲキレンジャー 獣拳 激獣拳ビーストアーツ 臨獣拳アクガタ

七拳聖 三拳魔 球体化


ロン:最大のターゲット


ドラゴンボール:封印されたロンはある意味これ。

邪念樹:ほぼ同じ性質を持つアイテム。

関連記事

親記事

獣拳 じゅうけん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3921

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました