ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「ムカつくムカつくムカつく……怒ったぞーー!」
CV:島田敏

データ

身長:204cm
体重:73kg
得意リンギ:再咬超(さいこうちょう)
好きな場所:森林、高原
好きな食べ物:果物、草木等
好きな言葉:「ヒ非力十倍欲力五倍」

概要

この世に蘇ったリンリンシーの1人で、ヒヒを手本とし、素早い跳躍と咬み付きで相手を仕留める臨獣バブーン拳の使い手。
一瞬にして高所へと跳び上がり、さながらヒヒが木々の間を自在に飛び移るが如く相手に連続攻撃を浴びせるスタイルがバブーン拳で、「ヒーッヒヒヒ」と笑う癖がある。
 
胸部に口を開けて鋭い牙を覗かせるヒヒの顔があるが、色が灰黒色のなのでむしろゴリラに見え、どちらかといえば頭部の赤い顔の方がヒヒらしく見える……。
また頭部や両肩、四肢の関節部分が白い毛で覆われ、腰回りにはヒヒの指の意匠があるのも特徴。

臨獣フォックス拳ツネキと共に大地の拳魔マクの親衛隊であり、彼の怒臨気を与えられている。

活躍

修行その24「ガルガル!なんてこった、弟が!?」

マクに怒臨気を与えられて街へ繰り出すと、持ち前の素早さでスーパーゲキレンジャーをも翻弄する戦いぶりを見せたがスーパーゲキブルーの技の前に敗北。
邪身豪天変で巨大化しても小回りのきく立ち回りは健在で、ゲキファイヤーに対し優位に立って見せるも、ゲキバットを獣拳武装したゲキバットファイヤーの必殺技・分分ファン拳を受けて遠くへ吹き飛ばされてしまった。

倒されたかに見えたが、敗北への怒りから怒臨気を発動。顔の造形が一変し、凄まじい強さでゲキレンジャーを退ける。

修行その25「ヒネヒネ!俺だけの紫激気」

その後は怒りに任せて街中で大暴れしていたが、再度駆けつけたゲキレンジャーと交戦。3人の波状攻撃に次いで至近距離からゲキバズーカを喰らい、自身の怒臨気を増大させる。

そして怒りに任せて邪身豪天変によって再度巨大化するや、2度目の巨大戦ではゲキトージャの右足を構成するゲキチーターを執拗に痛め付け、合体解除寸前にまで追い込んだ。しかし新たに仲間に加わったバイオレットが具現化したゲキウルフがゲキトージャに合体してゲキトージャウルフになると形勢逆転し、大狼狼脚で倒された。

余談

モチーフと名前の由来はヒヒ。臨獣拳士の名前は基本的にモチーフとなった生物の名前の前後を入れ替えているが、彼の場合は見て分かる通り入れ替えようがないため、名前がモチーフそのままになっている。
ヒヒをモチーフにした戦隊怪人は『超獣戦隊ライブマン』のヒヒヅノー以来である。

彼の好きな言葉である『ヒ非力十倍欲力五倍』だが、本来の表記は『非力十倍、欲力五倍』。これは「非力な人でもいざとなれば十倍くらいの力を出すし、欲に刈られると五倍は力を出せる」という意味。
なおカタカナの「ヒ」が書いてあるのは誤表記ではなく、モチーフの「ヒヒ」とかけた洒落である。

声を演じた島田氏は昨年の『轟轟戦隊ボウケンジャー』では邪悪竜ターロン役で出演していた。翌年の『炎神戦隊ゴーオンジャー』ではチラカソーネの声を担当している。

関連タグ

獣拳戦隊ゲキレンジャー 臨獣拳アクガタ 臨獣殿
リンリンシー 臨獣拳士 ヒヒ
 
ホムラコギ:ヒヒモチーフ&胸(というかお腹?)に大口開けたヒヒの顔があるデザイン・赤い顔などデザインに共通点がある。
ただこいつは「炎そのもの」もモチーフなので、顔以外も赤い。

関連記事

親記事

臨獣拳士 りんじゅうけんし

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「臨獣バブーン拳ヒヒ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 187

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました