ピクシブ百科事典

超人キンタマン

ちょうじんきんたまん

「超人キンタマン」とは、コロコロコミックに連載されていた立石佳太の漫画。
目次[非表示]

概要

立石佳太による児童向け漫画。読切掲載を経て『月刊コロコロコミック』にて1981~1987年にかけて掲載された。全10巻。
ウルトラのだんなに代わってヒーローになる為地球にやってきた超人キンタマンが、プラモデルロボットのオガンダム(後にバカラスに変更)謎の中年「お面ライダーマン」らと共にお馬鹿な騒動を繰り広げるギャグ漫画。

児童向け漫画らしくトイレネタが多いが、最大の特徴はウルトラマン仮面ライダー機動戦士ガンダムをはじめ様々な映画特撮アニメ等を題材にしたパロディキャラクターが次々に登場する事であり、後述のとおり本家の版権元からクレームがついて消されたキャラも存在する。

登場人物

このマンガの主人公。乙女座星雲タマタマ星出身。

キンタマンのライバルを自称する謎の中年。必殺技は高血圧発作
当初は「オガンダム」という名前のガンダムのパロディキャラだったが、サンライズから本気で苦情が来てしまい、洗濯機でバラバラになって「バカラス」なる別のロボットに生まれ変わった。プラモデルのくせに重量が2tもある。
このマンガで最強の生物もといヒロイン(笑)。
途中から出てきた炊飯器に手足を付けたような外見のロボット。しょぼい超能力が使える。元ネタは超時空世紀オーガスだが再現率はゼロ。
地球にやって来たキンタマンが最初に出会った少年。
キンタマンの父親。どう見てもウルトラの父
キンタマンの弟。チビだが兄よりはるかに強い。口を大きく開けて、ホールのケーキを一口で飲み込んでしまう。
  • 金太 真内代(きんたまないよ)
キンタマンの母親。どう見てもウルトラの母。夫や息子たちに比べまともな性格ではあるが、皿を割っただけで地球に電報を送り、「皿割る=サラワル=誘拐された」と周囲を誤解させたりするような、天然な所がある。
  • 金太 真黒造(きんたまくろいぞう)
キンタマンの祖父。いとこの名は金太 真草以造(きんたまくさいぞう)。
  • タイガーマスク
サングラスをかけ、頬かむりをして虎の絵が描かれたガーゼマスクをつけた農家の兄ちゃん。
舞次郎を倒す為に宇宙から来た拳法家。どう見てもケンシロウ。南斗神拳を用いる。驚いたら「なんとしたこっちゃ~」と口走る。
自称・忍者だがろくな忍術が使えない。「忍者は非常時には何でも口にする」と言ったため、生きたヘビを食わされた(蛇はそのまま、鼻の穴から出て逃げてしまった)。
  • ベンジョコーモリ
自称・怪盗だがろくなモノを盗まない。
  • いーてー
怪しい方言を使う宇宙人。どう見てもE.T.
  • 和田平作
キンタマンが通った学校の番長。名を逆さに読めば「くさいへだわ=臭い屁だわ」。
  • 超人キモチンマン
モンペ超人。当時放送されていた、湿布薬「パスタイム」CMのパロディキャラ。モンペ姿で左足を上げ「きもちんよか~♪」という、CMで披露した踊りを踊りつつ放つ光線「キモチン光線」や、シップを口や鼻に貼りつけ剥がす攻撃などを繰り出す。性器など汚いものが嫌いで、見ると気絶するほど。
  • ザ・ガマン
読者から一般公募され、採用された超人。見た目も能力もただのハゲのおっさんだが、頭部に火のついた蝋燭を立て、蛇に腕を噛ませているなど、ひたすらど根性で我慢し続ける。我慢比べではキンタマンらを圧倒した。
  • ひょうきんマン
モデルはタケチャンマン。「これからのヒーローはひょうきんだ」とばかりに登場したが、単に騒ぎまくるだけで特に活躍しなかった。金太舞次郎と気が合い、酒を酌み交わした。
  • タイガーカット
空手家。虎狩りならぬ虎刈りの頭をしており、長髪のカツラを付けている。
  • 雲古ヨウダサン(うんこようださん)
雲黒星(うんこくせい)出身で、地球征服を目的としている。電磁サーベルを武器にするが、ことごとくキンタマンに邪魔されている。
  • 参惨黒宇巣(さんざんくろうす)
宇宙海賊サタン一族族長。呪いのプラモを用いて、舞次郎を殺害しようとした。後に雲古ヨウダサンと手を組み、超人狩りを行ったりもした。

余談

  • 商品化

消しゴムが大流行のさなか、キンゴム(または新キン消し)としてひっそり発売されてひっそりと消えた(ちなみに、第二弾まで発売された)
同時期に青島文化教材社から、フーセンプラモと言う商品も発売されたがやはりひっそりと消えた(この商品は、風船にキャラクターの顔が印刷され、膨らませて手足のパーツを貼りつける、といった代物だった)。

なお、当時九州地方限定で「キンタマンアイス」というアイスキャンディーが発売され、九州ではTVCMも流されたらしい。

また、コロコロの懸賞品として、「キンタマンソーラーお守り」なるものも存在する。日光に当てるとキンタマンの姿が浮かび上がるメダルで、桜多吾作の「釣りバカ大将」ではキーアイテムとなったエピソードもあった。

  • その他
連載当時、コロコロ誌上で同じく連載していた、勝木一嘉金メダルマン」と、両作者の手によるコラボ(というか、クロスオーバー)マンガ『超人キンタマン対金メダルマン』が読み切りで掲載された。
長らく未単行本化だったが、2008年8月発行の『熱血!!コロコロ伝説テーマ別アンソロジー第三弾』に掲載された。オガンダムも登場するが、作画はそのままで、セリフだけ変更されバカラスと呼ばれている。

関連項目

公式が病気 パロディ コンパチヒーロー 下ネタ
コロコロ創刊伝説:オガンダム爆死事件の顛末が描かれている

関連記事

親記事

月刊コロコロコミック げっかんころころこみっく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「超人キンタマン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 26216

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました