ピクシブ百科事典

オガンダム

おがんだむ

漫画「超人キンタマン」の登場人物・・・・だったが存在を抹消された悲劇的存在。
目次[非表示]

概要

漫画『超人キンタマン』(コロコロコミック)の登場人物。名前の通り、元ネタは機動戦士ガンダム
本名は「ノビルスーツ サワンナRX-6 オガンダム」
お祈り戦士の名の通り「ナンミョーホーレンオガンダム」なる珍妙な祈祷を行うプラモロボット。ではあるが、開発会社が開発に積み込みすぎて6割完成したものの、資金不足で折れかかった大黒柱やトイレットペーパーなど粗大ゴミをかき集め内部パーツにしている(特集で組まれた事実)。武器はワイパーバズーカ、ハエタタキ、肥え柄杓。数珠も備えている。
読者アンケートで主人公のキンタマンより人気になり、これに関しては予想外だったのか作中でもヒロインから「アンタは盗作キャラなんだから本家が人気なだけ」と罵倒されるシーンまである。後述の単行本では別の台詞に書き換えられている)、最終的にスピンオフ読切「オガンダム えぐりあい宇宙」なる漫画まで作られた。

その後本家からクレームが来たらしく、キャラクターの変更を余儀なくされる。
作中で風呂に入る代わりに洗濯機に入ってバラバラになり、破片が乾燥機に入れられた後キンタマンの光線を浴びて乾燥機もろとも大爆発。そのショックでデザインの違う新キャラクター・バカラスに生まれ変わった。
単行本でもそれまでのオガンダムの登場シーンは全てバカラスに描き替えられている。

ちなみに当時は商業誌でも他社のキャラクターを勝手にパロディ化することは珍しくなく、本作品も主人公はウルトラマンのパロディで、もう1人の主要キャラクターは仮面ライダーのパロディーである「お面ライダーマン」だった。

しかし(真相は不明だが)ガンダムは当時、コロコロコミックのライバル誌「コミックボンボン」で、「プラモ狂四郎」など公式公認の展開が行われており、それがクレームに繋がったという説が有力である。


そして時は流れて

2011年、コロコロコミック6月号にてなんとコロコロ×ガンダムプロジェクトが始動することが発表された。まさかの本家ガンダムのコロコロ参戦が決定してしまったのである。
このニュースは少年誌の一大事件として取り上げられるほど当時のコロコロ・ボンボン世代に衝撃を与えた。

これによりコロコロでもガンダム出演にOKサインが出たためなのか、2016年コロコロアニキ第5号では「コロコロ創刊伝説」でオガンダム爆死に関する顛末が収録されており、まさかの再登場を果たす。

作者・立石佳太によるインタビューも2巻に掲載された。

関連タグ

超人キンタマン バカラス パロディ ロボット
ガンダム ガンガル 天郷2号 コレジャナイロボ
建設巨神イエオン バンダム にせガンダム
0ガンダム
ヒュッケバイン デュラクシール…いずれも大人の事情でこれ同様に散々な目にあわされている。
コロコロ創刊伝説

鈴木土下座衛門

関連記事

親記事

バカラス ばからす

pixivに投稿された作品 pixivで「オガンダム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22328

コメント