ピクシブ百科事典

牛魔王(ドラゴンボール)

ぎゅうまおう

牛魔王は、『ドラゴンボール』の登場人物。主人公・孫悟空の舅にあたる。
目次[非表示]

概要

声:郷里大輔大友龍三郎

フライパン山に住む4メートル強の大男。
“武天老師”こと亀仙人の二番弟子で、孫悟飯(主人公孫悟空の育ての親)の弟弟子にあたる武道家。後に悟空の嫁となるチチの父親でもある。チチの父…。
妻はチチを産んですぐに他界しており、男手一つで娘を育てた。その経緯もあってか、チチに対してやや親バカ気味。チチ同様、訛りの強い言葉で話す。

因みに武道家としては、亀仙流の武術をほぼマスターしているが、唯一「かめはめ波」が撃てないらしい。作者の鳥山明曰く「牛魔王は技より力のタイプ」で、加えて「実力が伴わなかった」ためであるとのこと。

アニメでは戦闘シーンも描かれ、レッドリボン軍の戦車部隊の砲撃を喰らっても平気で、戦車を次々とパワーで破壊するなど、人間離れした強さを見せつけた。

モデルは『西遊記』の牛魔王から。

作中での活躍

かつては「悪魔の帝王」とまで巷間で恐れられるほどの大強盗で、武道界でも名を知られた存在だった。悟空たちが現れるまでは、亀仙人・鶴仙人桃白白・孫悟飯と並んで世界屈指の実力者として有名だった(つまり、亀仙流鶴仙流は長きに渡って地球最強の流派として君臨していた事になり)。しかし、師匠の亀仙人に無益な殺生を戒められてからは徐々に温和な性格になって行ったという。

自身の財宝を狙ってやってきたブルマたちに対して手斧を投げつけて威嚇するが、悟空の乗っていた筋斗雲をみて彼らが亀仙人の知り合いであることを知り打ち解ける。悟空については兄弟子・悟飯の孫(養子?)ということもありだいぶ気に入り、初対面ながら「娘をやってもいい」とまで発言している。

アニメでは後にフライパン山を離れ、麓の村に屋敷を建てて暮らすようになるが、チチと悟空の祝言の折には村人がその準備を手伝うなど、関係は良好のようである。チチの結婚式の時には亡き妻の形見であるウエディングドレスを着せていた。

ラディッツ編以降は登場こそするものの本編に大きく関わることはなくなったが、無収入の孫家を自身の財産を切り崩しながら賄うなど、最も家計に貢献している。家族関係も円満なようで、孫家を描いた公式イラストにも家族揃って描かれていることが多い。

容姿

4メートル近い長身のガッチリとした巨漢であり、顔にはモッサリと熊髭を蓄えている。
初登場時は、目元が暗視スコープのようなデザインの牛角兜に大きな赤いマントを羽織った鎧姿であったが、悟空たちの結婚後は額に「牛」と書かれた牛角付きの帽子に黒縁眼鏡、ワイシャツにサスペンダー・半ズボン姿という現代風の出で立ちにガラリと代わり、筋肉質な体格もやや丸みを帯びて好々爺としてのイメージが強くなった。
しかし、曾孫まで生まれた時点でも容姿に老いはあまり見られず、師匠の亀仙人同様に年月が過ぎても外見は基本的に変化していない。

関連イラスト

本編前半と中盤以降で身なりが大きく異なる。

フライパン山の牛魔王
チチ


ぎゅまお
七悟三



関係者

チチ(娘) 孫悟空(ドラゴンボール)(娘の夫) 孫悟飯孫悟天(孫)
パン(曾孫) 孫悟空jr.(仍孫)

亀仙人(師匠) 孫悟飯じいちゃん(兄弟子)

関連タグ

ドラゴンボール ドラゴンボールZ ドラゴンボールGT ドラゴンボール改
孫家 亀仙流 巨漢 ガチムチ

関連記事

親記事

孫家 そんけ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「牛魔王(ドラゴンボール)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4000

コメント