ピクシブ百科事典

ジャッキー・チュン

じゃっきーちゅん

ジャッキー・チュンとは、漫画『ドラゴンボール』の登場人物、亀仙人が変装した際に名乗った偽名。
目次[非表示]

概要

孫悟空クリリンの師匠・亀仙人が、二人が出場する第21・22回「天下一武道会」に正体を隠して出場した際に使用した偽名。

もし弟子の二人が大会に優勝し、慢心し武道を怠ることがあってはならないとの思いから、老武道家に扮して武道会に出場。変装のためにトレードマークのサングラスを外し、禿頭には強力な接着剤の上にカツラをかぶり、黒いカンフー服を着用している。
大会中は観客席でブルマたちと共に弟子たちの試合を見守りつつ、自身の出番の際はこっそり抜け出して大急ぎで着替えて試合場に上がるという忙しなく会場を行き来した。

第21回では、準決勝にてクリリンと、決勝戦で悟空と対戦。
この時、満月を見て大猿化した悟空を元に戻すため、かめはめ波で月を破壊してしまった。元に戻った悟空と改めて接戦を繰り広げ、最後は共倒れの中、先に「優勝しちゃったもんねーっ!!!」のポーズを決めたことで優勝。
なお、優勝賞金は大会後に弟子たちに振る舞った御馳走で全て食いつくされてしまった模様。

第22回では、途中、前大会で月を破壊したことを参加選手の男おおかみから恨みを買うなどのアクシデントもあったが準決勝まで勝ち上がる。
準決勝では鶴仙流天津飯と対戦するが、これまでの試合で悟空やクリリン、そして対戦相手の天津飯など、次世代の武道家たちの成長を目の当たりにし、同時に自身の実力に驕ることもないと確信して「棄権」を表明、自ら舞台を降りている。この当時の天津飯は、同門である桃白白のような暗殺者を目指していたが、試合中に正体に気付いた亀仙人の言葉から師・鶴仙人のやり方に疑念を抱くようになり、後に兄弟弟子のチャオズと共に鶴仙流から離反し、武道家としてのまっとうな道を歩むようになる。

この試合以降、ジャッキー・チュンが天下一武道会に出場することはなくなった。
第23回大会前に再会した天津飯からは出場を勧められたが「もうおぬしら(弟子たち)には歯が立たん」と断っている。

ごく一部の人間だけに正体とその目的を明かしたが、長らく悟空とクリリンに気づかれることはなかった。(しかし、クリリンにはサングラスを取られた後に気づかれかけた)

名前の由来は香港の俳優ジャッキー・チェンをもじったもの。
因みに名前が完全一致するジャッキー・チュンという俳優が実在するが、こちらとは無関係とのこと。

派生作品

ドラゴンボールヒーローズ』では邪悪龍ミッション4段で初登場(ちなみに亀仙人は少し前から出ていた)。
専用アビリティ、ジャッキー・チュンの教えはHPが2000以下の仲間の戦闘力が2倍になるという優れもの。
初期気力がだいたい2本分ある(例外あり)ヒーロータイプやエリートタイプでHPが2000以下の仲間を入れるのが効果的。初期気力がほとんど1本分のバーサーカータイプとの相性はイマイチかも?
特に武天老師の真骨頂を持った亀仙人本人や、復活の帝王持ちのゴールデンフリーザとも相性がよい。最狂最悪の悪魔の超サイヤ人4ブロリーも該当するがギガンティックデストラクションを放つのに必要エナジーが8と、かなり多いので1ラウンド目から放つ場合はある程度の工夫が必要。
ちなみにガードカプセルで自分チームのメンバーのガードを上げたり敵チームのガードを下げることも可能。

関連タグ

ドラゴンボール 亀仙人 武天老師

pixivに投稿された作品 pixivで「ジャッキー・チュン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22497

コメント