ピクシブ百科事典

大治小夜

おおはるさよ

特撮番組『魔進戦隊キラメイジャー』の登場人物。
目次[非表示]

「お仕置きが必要ね、アナタ達?」
ヨドンナは私が食い止める!」

演:工藤美桜

概要

魔進戦隊キラメイジャー』の登場人物。治癒能力と合気道に秀でる“治”の戦士・キラメイピンクに変身する。

ピンクキラメイストーンに認められた、テレビでも評判の美人すぎるスーパードクター。誕生日は3月4日
年齢は23歳と本来ならまだ医学部学生の年齢だが、早い年齢で海外で医師免許を取得している(おそらく飛び級)ため既にキャリアはそれなりにあり技術も高い。
物分りが良く、キラメイジャーにスカウトされた際も快く引き受けていた。
物事の判断基準は「エモい」か「エモくない」かで、ちょっとズレていることもあるが、『無理』とか『絶対絶命』という言葉を聞くとスイッチが入り、医療や戦闘において人命に対する強い意思とそれに伴う神のごとき技術力を発揮する(詳しくは後述)。
パパレホドリミンパ」「愉快痛快怪力君」など、妙に古い言い回しをすることがある。携帯の着信音は何故かウィリアム・テル
戦闘では、得意の合気道を生かした戦闘スキルを披露する。相棒は魔進ヘリコ

今でこそ冷静で大人な女性だが、合気道の師である大文字鉄夫によると幼少期は怖がり且つ泣き虫だった。しかし、合気道の道場で飼っていたコテツという犬が工事現場で危機に陥った際、危険を冒しながらも何とか助け、それ以降は泣かなくなった。また、この時に生命の大切さをより深く知り、医者を目指して「『無理』や『絶対絶命』なんて認めない」、「誰かを助ける人になる」と誓った。そしてこの経験から、他者の命を弄ぶ者を絶対に許せない熱さを心の内に秘めており、そうした輩へ相対すると冷静ながらも怒りを燃やして毅然と立ち向かっていく。

また、患者が作曲した曲を演奏しその子に自信を持たせるため充瑠が提案したバンドを他メンバーに懇願し練習するも時雨たちに喝を入れるなど普段見せたことない面を他のメンバーにも見せてしまうなど熱心な一面を持っている。
エピソード25で、為朝が好意を寄せた不思議な巫女が戦闘の際に現れた時、時雨や瀬奈と共に必死に止めていたが、その巫女がであることに驚愕していた。そして野望を聞いた時は、さすがの小夜も動揺と折れそうな気持ちを隠しきれなかった。その後、ヨドンナを相手に合気道で交戦したり、彼女の攻撃を受けた瀬奈を心配しながらも2人で戦うなど為朝並みに関わっている。

エピソード38ではムシバ邪面によって為朝や瀬奈共々虫歯にされてしまった時は、医者ひいては医療関係者であるにも関わらず歯医者が嫌いという事が判明した。
それもあってか、同エピソードのエンドロールでも為朝や瀬奈と一緒に視聴者へ歯磨きはちゃんとするよう呼び掛けていた。

関連人物

チーム内では時雨と並ぶ年長者だがマブシーナ「シーナちゃん」と呼ぶなど、他のメンバーに対してはフランクに接する。為朝「小夜姉」と呼ぶ為、立ち位置的には姉貴分と言った所か。

小夜のキラメンタルを見出した相方。エピソード6で名乗った際は「てばさきインゲンマメ!」と微妙に間違えていた。

アメリカでの医学生時代の同級生で、遺伝子分野の若きスペシャリスト。

余談

医療関係に従事する戦隊ピンクは意外にも少なく、『救急戦隊ゴーゴーファイブ』の巽マツリ以来となる。
名字の由来は愛知県海部郡にある大治町から、名前の由来は白衣の天使で有名な看護師ナイチンゲールの和名となっている鳥サヨナキドリから。
医師という設定も「医療→ヒーリング」という連想から、合気道により敵の力を受け流すという描写を行うべく取り入れられた。上記の性格と併せても、昭和平成歴代ピンクには無い人物像と言える。

演じる工藤美桜氏は、『仮面ライダーゴースト』にて深海マコト/仮面ライダースペクターの妹である深海カノンを演じていた。そのため、キャスト発表当時には「マコト兄ちゃん」「カノンちゃん」がトレンド入りし、トレンド入りしたことに驚いた深海マコト役の山本涼介氏もTwitterにて祝福のコメントを述べている1(ただし、関係ないシーンで毎回マコトの話題を出すのは流石にその作品自体を楽しみたいファンからすれば宜しくないこともあるので注意が必要)。
前作アスナ/リュウソウピンクを演じた尾碕真花氏も仮面ライダーシリーズ経験者(奇しくも彼女がライダーに出演した際は仮面ライダーゴーストと深い関わりを持っており妹の役だった)であり、戦隊ピンクがライダー経験者であるのは2年連続記録となる。

その後も本編で小夜に印象深いシーンがあると「マコト兄ちゃん」がトレンド入りすることがある。そして工藤美桜氏が毎回トレンド見ている為か、スペシャル座談会でその事に言及していた。尚、トレンド入りこそしているが、深海マコトを連想させるような仮面ライダーゴーストのネタは一切存在していないので悪ノリにはご注意を。

他のメンバーが演者とほぼ同じ年齢に設定されている中で、工藤氏の場合は実年齢(放送開始時点で20歳)より高い役を演じることから、「大人の余裕を出すこと」を意識しているとのこと。

第6話では小夜の合気道の師匠・大文字鉄夫役として、『恐竜戦隊ジュウレンジャー』でマンモスレンジャーゴウシを演じた右門青寿氏(ジュウレンジャー時の芸名は「高安青寿」)が出演。「知恵の戦士」であるゴウシの演者が(医師とは畑違いとはいえ)彼女の師として登場したことは何か感慨深いものがあるかもしれない。

関連タグ

魔進戦隊キラメイジャー

桃井あきら/デンジピンク:同じく合気道の達人である戦隊ピンク。
巽マツリ/ゴーピンク:同じく戦隊ピンクで医療従事者(こちらは救急救命士)。
仲代壬琴/アバレキラー:同じく飛び級で若くして医師になったニチアサの天才ドクター。こちらは最初は戦隊と敵対したが、終盤に共闘するも命を落とす。
礼紋茉莉花/デカイエロー:こちらも妙に古い言い回しをすることが多い。
楼山早輝/ゴーオンイエロー:笑顔を絶やさない女性繋がり。
カグラ/トッキュウ5号:戦隊ピンクかつ、幼少の頃は臆病だったが、決意をした事で大きく成長した女性繋がり。
百地霞/モモニンジャー:怒らせると怖い女性繋がり。

花寺のどか/キュアグレース:ニチアサで1時間前のプリキュアで登場する戦士で作品のコンセプトが医者でピンクの戦士に変身する、(声優としてだが)演者も工藤氏と同じ作品レギュラー出演していたという共通点がある。

萌黄えも:口癖繋がり。

大門美知子:テレ朝スーパードクター繋がり。
趣味及び、好きな事が「手術」と言う極端なまでの享楽主義者だが、
人の命を勝手に弄ぶ者を許さない熱い心と、
どんなに困難な手術であろうとも絶対に「失敗しない」高い技術力とプロ意識を持つ。

戦隊ピンク
アスナ大治小夜マジーヌ

関連記事

親記事

キラメイジャー きらめいじゃー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「大治小夜」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 922971

コメント