ピクシブ百科事典

射水為朝

いみずためとも

『魔進戦隊キラメイジャー』の登場人物。キラメイイエローに変身する。
目次[非表示]

「俺の神ショットに驚け!」

演:木原瑠生

概要

魔進戦隊キラメイジャー」の登場人物。多彩な射撃を繰り出す“射”の戦士・キラメイイエローに変身する。

人物

イエローキラメイストーンに認められたeスポーツ界のNo.1プレイヤーで、速見瀬奈と同い年の21歳で、誕生日は1998年10月31日。シューティングゲーム部門では、賞金ランキング1位の座に君臨する。頭脳も明晰で、チーム戦においては作戦立案や状況分析を一手に担っている。また格闘ゲームも得手としており、『鉄拳』では三島一八を持ちキャラに圧倒的な強さを発揮する。
戦闘でも、的確な指示を仲間に与えつつ、トリッキーな銃さばきと百発百中の正確な射撃術を披露する。

充瑠の天然ぶりには振り回されっ放しで、エピソード1にて彼と初めて対面した際には、1人だけ存在を知られていなかったり、充瑠がメンバーのキラメイ魔進を創造した時に、他の3機は相棒の特性や性格を反映した物に対して、ショベローだけは「黄色と言えばショベルカー」と、色だけで決められたりする等、かなり雑な扱いを受けている(それ故か、充瑠のクラスメイトの柿原瑞希から、黄色い歓声を受けた際は嬉しさの声を上げた)。
ED「キラフルミラクルキラメイジャー」でも、他の魔進が長所を歌詞にしているのにショベローだけ「ショボくない」と言う微妙なものだったり、本編外のプレゼント告知でさえ、セリフを全部仲間に取られる事態が発生したりと、彼の不遇・いじられキャラは公式が意図した物の様だ。そしてその都度、「うぉい!」とツッコミを入れるのが恒例となっている。無愛想で口が悪い。

キラメイジャーのサブリーダー

元々、充瑠が加入する前はリーダー格だった様で、「作戦はこうだ」と他のメンバーに指示する様子がしばしば見られる。その後、充瑠がリーダーに任命された際は彼に務まるか疑問視しており、瀬奈がリレーに出場する為に、替え玉を戦闘に代行させた際は「戦闘に替え玉をよこしたのか」と、キラメイジャーの使命から2人に反感を持つが、充瑠の「1人1人が輝く為に支え合うから5人必要。そして、そんな5人なら居場所がバラバラでも、いつだってチームとして1つ」と言う言葉を受け、彼をリーダーと認めた。その後は、メンバーの統制や戦術の考案に慣れていない充瑠をアシストする等、実質的なサブリーダーに回っているが、リーダー願望自体はその後もこっそり持ち続けている。
相手をチームメイトとして認めると、以外にも世話焼きな所を見せるが、ややスパルタな方向に行き易いのが欠点で、それが原因で充瑠が倒れ掛けた事態も起こった(但し、これは充瑠を除く4人全員が、チームとして心配した結果でもある)。

また、キラメイジャーの中では瀬奈と共に、精神的に若いグループに入り、ミュージック邪面の策略である都市伝説ヨドミヒメを現役学生の充瑠と一緒に追ってしまい、敵のに陥ってしまう等、妙な隙を見せるのが難点。
その反面、行動指針を一度決めると周りに振り回されようが、その目的を貫徹する強靭な精神力を有しており、エピソード11ではリセットボタン邪面タイムリープに巻き込まれて、一旦は心が折れ掛けるも充瑠の応援を受けて奮起、敵の作戦を終わらせるべく行動を開始した。
その方法はリセットボタン邪面を瞬殺し、無意味なリセットを繰り返して精神を疲弊・追い込ませる事で根負けを誘い、タイムリープを止めさせると言うもので、困難を突破する芸当をやってのけた(※ループものの話故にこの事実を知るのは為朝本人だけである。また、劇中では為朝は容易にこなしている風に見えるが、この方法は相手のみならず自分も同じ繰り返しを行っている=仕掛けた為朝が根負けする可能性もある、危険な賭けである)。
しかも、これだけの大仕事をやりながら、為朝自身はさも当然な顔でこの出来事を流しており、計り知れないその器量を伺わせた。

過去

幼少の頃からゲームが大好きで、それを存分に楽しませ、本気で勝つ事を教えてくれていたのが祖父だったが、ある日欲しかったゲームと別の物を祖父が買ってきてしまった際、「大嫌い」と言う言葉を投げ掛けてしまう。しかし、その夜に祖父は心筋梗塞を起こし、仲直りする間もなく帰らぬ人となってしまった。
祖父の死が今でもトラウマとなっており、それ故に祖父とそっくりな性格のショベローに対し、あまりキツく言えないと言う。


関連人物

上記の様に、基本的にメンバーとの間の関係性は良好。
基本的にキラメイジャーの頭脳として作戦を立て、キラメイジャーのまとめ役として活動する事も多い。

自身のキラメンタルを見出した相棒。為朝への偏愛の余り、独自の戦隊を作ろうとした事もある。

最初は巫女服姿で現れたヨドンナを目撃して一目惚れしてしまうが、彼女の本性を知ってからは激しく反発し、実質的に彼女とのライバル関係に落ち着く。その後、充瑠からは失恋した為朝にケーキを差し出されて慰められた。
なお、上記の一件により視聴者からは「為朝はボクっ娘の巫女さんが好きなのではないか」と思われてしまったが、演じた木原氏曰く「彼女のキラキラした輝きにときめきを感じて一目惚れしたが、その人がたまたまヨドンナだったという話で、決して為朝が巫女さんファンという訳ではない」との事。

余談

名前の「射水」は射撃の射が入った地名富山県射水市、「為朝」は弓術の達人源為朝から。
但し、eスポーツ=ゲームである事に加え、プレイヤーネーム及びヒャクニンイッシュ邪面のヨドン百人一首で、為朝の札は「タメ」と片仮名で表記されていた事から、「(ボタンの)タメ押し」のダブルミーニングもあるかも知れない。

エピソード11のeスポーツ場面にて、持ちキャラを使わずに勝利する行為に対し、少なからず舐めプと見て嫌う視聴者も居る……が、eスポーツと言う競技の上では、どのようなキャラでも一定の勝率を持つ事が重要であり、相手がするであろうキャラ対策を潰す意味でも有用である為、一概に批判すべきではないと思われる。

関連タグ

魔進戦隊キラメイジャー 

伊達健太/メガレッド:こちらもゲームの腕前は天才的。

鷲尾岳/ガオイエロー:同様にレッドが加わるまでのリーダー格的イエローで、レッドには当初懐疑的な辺りも共通。

志乃原菜摘/イエローレーサー:割り当てられた専用マシン重機だったことに不満の声を上げたイエローの先駆者。

間宮菜月/ボウケンイエロー専用マシンが重機だったイエロー2人目。こちらは不満どころかバケットを両手に装着して大暴れしていた。

谷千明/シンケングリーン:戦隊シリーズにおける『鉄拳』プレイヤーの一人(こちらはラース使い)。

日野俊介/イエローターボ:元号初のイエローで、中盤から登場した顔出し女幹部と繋がりを持った点が共通している。

花家大我/仮面ライダースナイプ:こちらはシューティングゲームをモチーフとした仮面ライダーに変身する。また夫婦漫才の相方が億単位の年収を稼ぐ天才女子ゲーマーである。

宝生永夢/仮面ライダーエグゼイド:小児科医にして仮面ライダーでもある天才ゲーマー。彼も『鉄拳』プレイヤーの一人(こちらもラース使い)。

鮎川蘭/ビーファイターテントウ:メタルヒーローの天才プログラマーにしてゲーマーらしく、彼女も『鉄拳』プレイヤーで州光使い。

野比のび太:射撃を得意としているや主人公チーム5人の2人目に位置する事に加え、祖父母(のび太の場合は祖母)に「大嫌い」と言ってしまった事や、幼い頃に死別してしまった所も同じ。また、服装も黄色い服を着ることが多い。

ゴッドイーター3:eスポーツの競技として実際にプレイしていたゲーム。

戦隊イエロー
早見初美花射水為朝ガオーン

関連記事

親記事

キラメイジャー きらめいじゃー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「射水為朝」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 497657

コメント