ピクシブ百科事典

早見初美花

はやみうみか

早見初美花とは、「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」の登場人物。
目次[非表示]

「うるさい!アンタなんかクシャクシャのポイだよ!」

演:工藤遥

概要

ルパンイエローに変身する紅一点、チーム最年少の18歳。
後述の事件が起きる1年前までは、琥珀ヶ丘女子高校に通っていた。
妹キャラ」でマイペースだが、意外としっかり者。
「ビストロ・ジュレ」ではウェイトレスとして働いている(透真の「ならお前が作ったらどうだ?」というセリフに黙り込んだ事から、調理はあまり出来ない模様)。
「おけおけ」「セフセフ」など、2文字を繰り返すノリの軽い口調が特徴。

人物

幼少時代からフリルやレースといったカワイイものや装飾が大好きな今どきのオシャレっ子(実際彼女の快盗衣装も魁利や透真と比べてかなり凝ったデザイン)だったが、周りからは「変な格好」「変わった子」呼ばわりされて孤独な日々を送っていた。
そんな中、初美花の好みを否定せずに受け入れてくれたのが幼馴染の一ノ瀬詩穂であり、初美花もまた彼女を「詩穂ちん」とあだ名で呼ぶ程に大切に思っていた。
だが本編開始の1年前…魁利や透真があるギャングラー怪人によって大切な人を失ったのと同じ日に事件は起きる。
その日の学校帰り、初美花は詩穂が描いたマンガの受賞をお祝いしようとしていたが、咄嗟に「危ない!」と叫んだ詩穂に突き飛ばされ………振り向いた初美花が見たのは自分を庇って氷漬けになった詩穂の姿と、更にその氷が粉々に砕け散る瞬間だった。

そして絶望に打ちひしがれた初美花は、その直後に現れたコグレの誘いに乗り、ルパンレンジャーに加入。
魁利・透真と共に「失ったものを必ず取り戻す」と誓い、高校を中退して「ビストロ・ジュレ」で働き始めた(なおこの事件は世間ではギャングラーの仕業とは知られておらず、国際警察も「女子高生大量失踪事件」としか認識していない)。

そんな理由からルパンコレクションの奪還で親友を取り戻すことを最優先に考えており、他の二人と比べてギャングラーへの復讐心は希薄でパトレンジャーに対する対抗心も薄く、時には助け舟を出すこともある。
しかし猛アタックを仕掛けてくる陽川咲也の事は鬱陶しがっており、魁利達を助けるための囮にしてしまった詫びと二人からのアドバイスで(渋々)素直な態度をとった所、まさかのガチ惚れされてしまうという憂き目にあってしまった。

またルパンレッドグッドストライカーを必殺技に使用しようとした際、自分たちもパトレンジャーのように融合させられると思い込んで「やだやだ、怖い、帰る!」と一人だけ逃げ出そうとするなど天然の気がある(というか、心根が純粋すぎる)らしく、時々トンチンカンな言動をしては魁利にツッコまれている。

一方その裏では『大事な人を失った』というトラウマが三人の中では特に強い様で、#7で魁利達がメルグ・アリータにのみ込まれてしまった時は、『あの日』の出来事がフラッシュバックして動けなくなってしまう。
また『周りに助けてもらってばかりの自分』にもコンプレックスがあるような描写もあったが、コグレの励ましと助言で立ち直った。

余談

OPには「両戦隊のメンバー(変身前)が互いに逆方向からやってきてすれ違う」というワンカットがあるが、その時何故か彼女だけ後ろ向きで、パトレンジャーの方を見ながら他の二人と同じ方向に後ろ歩きしていくという不思議なことになっている。何かを示唆しているのだろうか?

演者の工藤はモーニング娘。を前年の12月に卒業したばかり(時期的に、オーディションは卒業発表後に受けていたと思われる)。
中学生の時に戦隊ヒロインになりたい旨をハロプロの先輩であり、仮面ライダーなでしこでもある真野恵里菜に言ったところ「5年後くらいになれるんじゃない?」と言われたらしく、実際に5年後の18歳で夢を叶える事となった。

17話では初美花が夢の世界に囚われた圭一郎を救うため歌を披露するシーンがあり、ここで工藤のモーニング娘時代に培われた歌唱力が存分に発揮された。また、同話では同じく囚われた咲也が初美花の写真集を手にし文字通り夢中になっているシーンがあるが、これも工藤が元アイドルであることに因んだネタと思われる。

関連タグ

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー 夜野魁利 宵町透真
イエローヒロイン 戦隊イエロー

小椋しお:ルパパトの怪人デザインを担当する漫画家、久正人氏の代表作『ノブナガン』の主人公。髪型が同じショートカットで、戦う理由に「本当の友達」の存在がある点も似ている。

pixivに投稿された作品 pixivで「早見初美花」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 203316

コメント