ピクシブ百科事典

深海カノン

ふかみかのん

『仮面ライダーゴースト』の登場人物。
目次[非表示]

演:工藤美桜 / 堰沢結衣(幼少期)

概要

第7話にてその存在が語られた、仮面ライダースペクターこと深海マコト天空寺タケル月村アカリとは幼馴染の様な間柄だった。カノンの漢字表記は「花音」。

10年前にとある実験によって引き起こされた事故が原因で兄共々の『眼魔世界』に入り込んでしまった事が、同話での西園寺主税の発言で示唆されている。
上記の経緯を得た結果なのか、第10話までは自らが眼魔眼魂の姿となってしまっていた(⇒妹眼魂)。第9話のユルセンの発言によると、「眼魂の中に女の子の魂が入っている状態」らしい。

彼女がどんな過程を経て妹眼魂になってしまったのか、また眼魂から人間に戻る手段が「15個の英雄の眼魂を揃える」以外に存在するのかなどといったことは特に劇中で描写されておらず、不明(アランはこの事について「私に任せれば何とかしてやったのに」と発言している)。

そんな彼女を元の人間の状態へ蘇生させる事が、物語序盤におけるマコトの唯一無二の願いであり、その為にマコトは冷徹な戦士へと変貌した。

人物像

基本的に心優しく温厚で、兄であるマコトの身を案じる兄想いの性格。
それ故、第9話冒頭では自分を救う為に非情に徹して戦い続ける兄の事を案じて、自分が蘇る事が出来なくても構わないと言う趣旨の発言をしていた。

また、タケルやアカリとは今も昔も非常に仲が良い。

第11話以降の彼女

第9話にてタケルはカノンの存在とマコトの苦悩を知り、彼もまた彼女を救いたいとの願いを抱く様に。
そして第11話で遂に「英雄の眼魂」が15個揃い、タケルは願いを叶える資格を得る事に。そこで願ったのは、自らの蘇生では無く彼女の復活だった。
こうして、彼女は無事に元の人間の姿へ戻ることが出来たのだった。

その後は病院で療養し、マコトが時々見舞いに行っていたが、第15話で無事に回復・退院。その直後にジャベルに人質として誘拐されてしまうが、今度こそ自分の力で彼女を救う決意を固めたマコトによって救われた。

その後も、ジャベルの上司(?)であるアランの事は嘗て世話になった経験からずっと好意的に接しており彼の事を信じていたが、第18話では共に大切な存在であるタケルとアランの戦いやアランに洗脳された兄がタケルを攻撃すると言った辛い場面を見せつけられた上、第20話ではタケルたちに居場所を感づかれた事を自分のせいであるとアランに誤解され、突き放されてしまう。最終的にタケルやマコトが所有していた英雄眼魂逹と協力し、兄をネクロムスペクターの呪縛から解放することには成功したものの、アランが昔の頃からすっかり変わってしまった事には多少なりともショックを受けた様子であった。しかし飛行機眼魔の散布する粒子によって影響を受けた際に、看病してたアランも同じように身体に異常を起こした事に気付き、アカリに対して彼にも自分と同じように中和剤を渡してほしいと頼んでおり、アランに対する好意は薄れていない一面が窺えた。

ちなみに第39話ではビリー・ザ・キッドゴーストに憑依されている。

関連タグ

仮面ライダーゴースト 妹眼魂  深海兄妹

深海マコト:実の兄。 
天空寺タケル:幼馴染にて命の恩人。「タケルくん」と呼んでいる。
月村アカリ:幼馴染。「アカリさん」と呼んでいる。

西園寺主税:信用出来ない存在。
アラン:兄を親友と呼ぶ存在。「アラン様」と呼んで好意的に接している。

Vシネマ(ネタバレ注意)


































実は彼女は、マコトと同じくダントンの計画で生み出された人間の一人だった。ダントンの拠点にはマコトと同じく自身の失敗作にあたる多数の姉妹たち(四肢が欠損していたり、容姿が幼い個体もいる。)が眠っていたが、マコトとは違って本名は明かされなかった。

ダントンは当初カノンも娘として扱っていたが、一度死んだことを知るや否や一転してカノンを失敗作と見なして殺そうとしたものの西園寺によって事なきを得た。
なお、自分の出生に関しては大いに苦悩することとなった兄とは対照的に「自分は人間だと思っているから人間だ」とボジティブに捉えており、その言葉でマコトも「我思うゆえに、我ありか…」と吹っ切れたのであった。


小説版によると本名は「ミオン」。さらにアランのプロポーズを受け2人は結ばれるとなった。

pixivに投稿された作品 pixivで「深海カノン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 542792

コメント