ピクシブ百科事典

ダントン(仮面ライダーゴースト)

だんとん

『仮面ライダーゴースト RE:BIRTH 仮面ライダー スペクター』の登場人物の1人。
目次[非表示]

仮面ライダーゴースト RE:BIRTH 仮面ライダー スペクターのネタバレ記事に付き閲覧注意‼








































演:ジェームス小野田

概要

スピンオフVシネマ『ゴーストRE:BIRTH 仮面ライダースペクター』に登場。
眼魔世界アドニス及びイーディスに次ぐ第三の最高幹部だった人物。よく“いとしいたまご”という歌を口ずさんでいる。

眼魔世界での環境に対応するために肉体改造研究をしていたが、グレートアイの力を使って眼魔世界の民たちを救おうと考えていたアドニスとその考え方の違いから対立。

遂にはアドニスと眼魔世界を二分する戦争を勃発させる事態に発展するが敗北し、グレートアイにより眼魔牢獄と呼ばれる異空間に幽閉され、宇宙空間へと追放されていた。

しかし、グレートアイが地球から去り、さら流星群で眼魔牢獄が破壊された事を契機に再び眼魔世界へと舞い戻って来た彼はかつて自身が掲げた理想を実現させる為に行動を開始する。

後述するが、実は深海兄妹の生みの親ともいえる存在で、マコトと出会った後、彼の記憶から彼が自身の作り出したホムンクルスの唯一の成功例であったことを知るといきなり襲いかかった事を謝罪し、彼と共に眼魔世界の現状を見て回り、その過程で初めて口にした“たこ焼き”に舌鼓を売ったり、苦しむ人々を見てより一層彼らを救わなければならないと改めてその決意を強くするなど、一見悪人には見えない。

しかし、あまりにも人々を救うという強い使命感から、何時しか自分の理想に反する存在、自分に従わない者たちは平気で排除し、例え自分を支持してくれる者たちでも自分の理想を実現する為ならば道具として平然と切り捨てるような考えを持つ歪んだ考えを持つ人物へと変わってしまい、考えようによっては下手な悪人よりも質の悪い存在と成り果ててしまっている(マコト達に父親として接していたのも唯一成功した自身の理想とする人類の試作品であった為である)。


なお、自身の研究成果を自身の体に施し、エヴォリュードという名の改造人間のような存在と化している為に、このままの姿でもジャイロを軽くあしらう程の戦闘力と、黒い煙の様な姿となって瞬間移動を行い神出鬼没に現れる。人間を黒い粒子状に変えて消滅させたり自身の体へと取り込んで傷を回復するなどの能力を行使する事ができる。

小説『仮面ライダーゴースト~未来への記憶~』で、彼が狂気に取りつかれる経緯が明かされており、それによれば環境汚染が原因で蔓延した赤死病から人々を助けることを目的として人間の強化のための進化を研究していた。しかしその実験で多くの被験者の命を奪う事となってしまい、もはや後戻りできない状況に追い込まれ(彼の人体実験の被験者たちは自分から進んでダントンに協力した人々であり、また、ダントンはその尊い犠牲者1人1人を手厚く葬っており(それは彼が生みだそうとしていた理想の人類の雛型であるマコト達の兄妹も同様である)、これらの行為はあくまで人を救う為の行いと信じての行為であり、根っからのマッドサイエンティストという訳ではない)、更にアドニスはイーディスが開発した眼魂システムを採用してしまう。

今まで犠牲になった人々の為にもあくまでも生身の体のままで生きて行く事に拘り続ける彼は、密かに自分の肉体を使って実験を続け、遂に不死に近い肉体を得ることに成功(これが上で紹介しているエヴォリュードとしての能力)。

その事を知り彼を止めようとするアドニスの制止を振り切り、自分の研究成果を他の人々にも施そうと賛同者を集い、その行為を止めようとする人々との間に怒ったのが眼魔百年戦争の始まりであり、そのさなかでいつしかダントンは自分の考えを認めないアドニスを見返そうという目的にすり替わっていった。また、事の発端を作ったグレートアイには並々ならぬ憎しみを抱いている。

活動歴

まずは追って来たジャイロを殺害。その肉体を吸収する。騒ぎを見に来たマコトと眼魔世界を見て回る。そして世界を変えなければならないと考え、マコトとカノンの出生の秘密を打ち明ける。二人は彼の作った「次の人類の見本」のような存在で、助手の大悟(当時はゴーダイ)に誘拐されていた。

一度死んだカノンを失敗作と見下して殺そうとした(西園寺主税が彼女を庇い、身代わりに消滅した事で未遂に終わった)。また、自分に賛同した人々の肉体を吸収し、カノンを庇って失った自らの左腕を再生した。そんな彼の狂気を垣間見た事で自分の弱さを自覚し、罪を悔いるマコトと敵対するが彼の新しい力に負け彼の「3人目の父親」として笑顔で息絶えた。

余談

あくまでも、彼の行動は私利私欲の為ではなく、苦しむ人々を救いたいという思いから来る行動であり(自分が正義だと思って行動している)、その行動原理は別作品ある人物と通じるところがある。

関連タグ

仮面ライダーゴースト

コメント