ピクシブ百科事典

メデューサレジェンドルガ

めでゅーされじぇんどるが

メデューサレジェンドルガとは、映画『仮面ライダーキバ 魔界城の王』に登場するレジェンドルガ族の1人の名称である。
目次[非表示]

「あたしの一番好きな音楽を教えてやろうか?人間の悲鳴だ‼」
CV/篠原恵美
人間態:ギャル曽根

概要

蛇女(メデューサ)伝承を残す現代に復活したレジェンドルガ族紅一点
マミーレジェンドルガと共に前線で指揮を執る幹部怪人の1人で、劇中で確認されるレジェンドルガでは唯一“サヤカ”という名の女性の人間態の姿を持つ。

その本質は冷酷かつ残忍極まりない性格で、大食漢であり全身に血液の代わりにキングコブラの20倍の毒素が含まれた猛毒が流れており、他の同族たちが恐れる程の戦闘力を誇るとされる。

能力

全身に仕込んだ毒蛇を飛ばして相手の身動きを封じるほか、一撃で相手を殺傷できる程の猛毒を含んだで襲いかかる。

また、頭部の毒蛇を使った噛みつき攻撃を得意としており、これに噛みつかれた人間を自身のとして操るレジエンドルガ族共通の能力を持つ。
ちなみに頭部の毒蛇で食事を摂取することも可能。

活動歴

自分たちのアークの復活と連動する形で復活を果たし、アークのが宿った杉村隆を護送する警察車両をマミーレジェンドルガと共に襲撃し警察隊を蹴散らし杉村を攫おうとするが、“バウンティハンター”として追っていた名護が変身するイクサキバと交戦。
二大ライダーを叩きのめすほどの力を見せ付けるが、突如として乱入して来たレイの猛攻に圧倒され撤退する(ちなみにその後の展開から察するに、この時の戦いは白峰を信頼させる為の狂言だった可能性が高い)。

その後、人間態の姿でとあるカフェレスで食事を取っていた際に現代にやって来た音也にナンパされ、食事を邪魔された事に腹を立てたのか正体を現すと彼に襲いかかり、途中で参戦して来た他の仲間2人と共に牙と交戦。瞬時に状況に合わせてフォームチェンジして戦うキバに押され旗色が悪くなった為、白峰が麻生親子の誘拐に成功したのを機に撤退する。

覚醒したアークと共に本拠地である“魔界城”でキバたちを向かい入れるが、強力して牢屋から脱出した麻生親子はイクサに変身。ダブルイクサと女同士の激しい戦いを繰り広げ2人を終始圧倒するが、最後は洗脳されたが元に戻す際のがくらんだ一瞬の隙を突かれて放たれた『ダブルブロウクン・ファング』を受け爆死した。

仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦

大ショッカーの一員の1人として登場。
ちなみにその際、プローンファンガイアが使っていた武器として使用している。

最後はゴーオンジャーの『マンタンガン』の一斉射撃に他の7体の怪人と共に怯んだ所に『ゴーゴンギア』による攻撃とキバの『ダークネスムーンブレイク』を連続で受け他の7体共々倒された。

関連項目

レジェンドルガ メデューサ 魔界城の王 仮面ライダーキバ

コメント