ピクシブ百科事典

ガーゴイルレジェンドルガ

がーごいるれじぇんどるが

映画『魔界城の王』に登場するガーゴイルの伝承の元になったとされるレジェンドルガ族の1人。
目次[非表示]

「いつ聞いてもいい、人間の悲鳴は」
CV/藤田圭宣

概要

の各部分に紅葉の様な衣装が張り巡らされた姿をしたガーゴイル伝承を残すレジェンドルガ族の1人。

一族最速のスピードを誇るスピードファイターでもあり、並外れた腕力岩石の様な皮膚ドッガと並ぶ防御力をも兼ね備えており、その持前のスピードと防御力を活かして前線では味方を護るとして活躍する事もある。

魔界城において麻生恵が変身したイクサと交戦するが、突如として乱入して来た仮面ライダーレイ=白峰天斗の攻撃を受け氷漬けにされかけ、「どう言う事だ!?」と抗議の声を上げて彼に詰問するが、(自分にとって)目障りだとしてレイの必殺技である『ブリザードクロー・エクスキュージョン』を叩き込まれて処刑されてしまった…。

余談

スーツはローズオルフェノクの改造。

関連項目

レジェンドルガ 魔界城の王 ガーゴイル 仮面ライダーキバ

コメント