ピクシブ百科事典

ドッガ

どっが

『仮面ライダーキバ』に登場する怪人の一人。
目次[非表示]

「いただき…もす」(誤字じゃないよ)

詳細

人間態CV滝川英治
スーツアクター永徳

ファンガイアによって絶滅に追い込まれたフランケン族の最後の生き残り。普段は力(リキ)という名前の屈強な青年に化けている。
エネルギーに出来る以外に特殊な能力は持っていないが、アームズモンスター3人では1番の怪力を誇る(人間態でもチェスの駒を素手で粉砕できる)。
一方、知能はあまり高くなく無口であり、会話は片言で行う。人間の事は単なる食料としてしか見ていないが、仲間のモンスターや紅音也麻生ゆりなど親交のある人間に対しては友好的。

外見

紫の装甲で覆われた頑丈そうな風貌で、下半身ロングコート状になっている。あまりフランケンシュタインの怪物モチーフには見えない。
キャッスルドラン幽閉されている時は人間態の姿で燕尾服を着用している。

主な行動

1986年

主にラモンと2人で行動していた。ファンガイアに見つからないよう職を転々としながら生活している最中、音也や「素晴らしき青空の会」と関わる事になる。
一族復興の為に人間女性を口説いたりもしていたが、大抵すぐに振られ腹いせにその女性のライフエナジーを吸い尽くして殺害してしまう為、上手くいっていない。

2008年

キャッスルドランガルルやバッシャーと共に幽閉されており、必要に応じてキバットバットⅢ世に呼び出され戦闘に使用される生活を送っていた。ドッガ本人はバッシャー同様この生活を嫌っており、紅渡を殺す事で城を出ようというバッシャーに賛同している。

客演

仮面ライダーディケイド』において「キバの世界」「電王の世界」で再登場。
キバの世界」では怪人態のみの登場で、あくまで別人。声も黒田崇矢になっている。原典と異なりアームズモンスターは3人ともファンガイアと同様の扱いを受けており、それなりに優遇されているが、キバをサポートするのは同じ。
電王の世界」では昭和初期の時代に登場した。演者は原典と同じだが、人間態のみの登場でキンタロス憑依されている。他の2人も人間態のみ登場し、次狼はウラタロス、ラモンはリュウタロスに憑依されていた。
キンタロスが抜け出た後、ちゃぶ台の上に散らばった生米を食おうとして三タロス&次狼&ラモンに止められていた。

関連タグ

仮面ライダーキバ アームズモンスター 次狼 バッシャー
紅音也 紅渡 キバットバットⅢ世 ドッガフォーム

pixivに投稿された作品 pixivで「ドッガ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14290

コメント