ピクシブ百科事典

さそりばち

さそりばち

さそりばちとは、『ドラゴンクエスト』シリーズに登場するモンスターである。
目次[非表示]

概要

初登場は『ドラゴンクエスト3』。ハチとサソリを合体させたようなモンスター。序盤で登場するモンスターで、仲間を呼んでくることもあるがそれ程強くはない。さそりと名前に入っているが別に毒は持っていないことに関してはコンプレックスを抱いているようだ。

さそりばち系のモンスター

キラービー
魔物の手により殺人バチに進化したさそりばちの上位種。尻尾にそなわっている毒は相手を麻痺させる効果があり、攻撃された相手をマヒ状態にさせることがある。ドラクエ10ではアサシンアタックも使ってくる。紅蓮のクイーンビーに呼ばれて現れる種類はステータスが高いだけでなく、約100ダメージを与えながら猛毒状態になることがある「どく刺し」や自分の命と引き換えに約100ダメージ与える上に即死させる効果がある「蜂の一刺し」を使ってくる。


ハンターフライ
ギラが使えるようになったさそりばち系の上位種。MPがある限りギラを唱え続けてくるというワンパターンな戦法をとる。ステータスもそんなに高くはないが、炎系の呪文はあまり効かない。ドラクエ10ではバギやピオリムを使いこなしマヒ攻撃もしかけてくる。

紅蓮のクイーンビー
「聖炎の解放者」に登場するボスで、「業炎の聖塔」で鎖を守る3匹の守護者の内の一匹で、キラービー達の女王である。通常攻撃以外に「どく刺し」でダメージを与えつつ猛毒状態にしてきたり、毒になったキャラに対して「タナトスアタック」で大ダメージを与えてくる。他にも「いてつくはどう」を使ってきたりキラービーを4匹いっぺんに呼んでくる。

関連タグ

ドラクエ ドラゴンクエスト ヘルホーネット

コメント