ピクシブ百科事典

ゼロ・ドーパント

ぜろどーぱんと

小説『仮面ライダーW~Zを継ぐ者~』に登場するイナゴの女と並ぶ『ミュージアム』直属のドーパントの1人。
目次[非表示]

概要

小説『仮面ライダーW~Zを継ぐ者~』に登場。
ミュージアムのエージェント(一部ではゼロの男と呼ばれる)が変身する本作品のもう1つの“Z”

赤い目と胸部の円形以外は特にディティールが無い真っ黒な体をした、ズーとは真逆なシンプルなデザインをしている。

触れたもののエネルギーを瞬間的に0にする能力を持つ。また武器としてチェーンを操る。
この能力を使い仮面ライダーサイクロンを幾度も窮地に陥らせた。

組織の命令で、風都でも園咲家に匹敵する大富豪・禅空寺家およびその一族が経営するリゾート企業複合体「ZENON(ZENkuuji OrgaNizer)グループ」の現当主にして、組織の協力者の1人でもある禅空寺俊英を、俊英が購入したズーメモリのアフターサービスとしてサポートするも、俊英の妹・香澄が捜査を依頼した探偵・『左翔太郎』と『フィリップ』によって俊英らの本性が暴かれてしまった時点で見限り、もう1つの使命として、ある特殊な武器でエクストリームのクリスタルサーバーの一部を奪い逃走。追ってきたアクセルと対決する。

アクセルドライバーのスロットルを回す事でエネルギーを追加発生できるアクセルとは能力の相性が悪く(触った部位のエネルギーを空っぽにしても注ぎ足されて元通りになってしまう)、アクセルメモリをマキシマムドライブしたエンジンブレードと、エンジンメモリをマキシマムドライブしたバイクフォームの2段攻撃を受けメモリブレイク。
照井に逮捕されかけるが、口封じの為にやって来たスミロドン・ドーパントに処刑されてしまった。

だが、この時回収されたクリスタルサーバーの一部が後に更なる脅威を生み出す事に成るとは、この時は誰も知る由も無かった……。

余談

W本編ではゼロのメモリやロゴはモブとして度々登場している。

関連項目

ミュージアム ホッパー・ドーパント イナゴの女 ドーパント

pixivに投稿された作品 pixivで「ゼロ・ドーパント」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 183

コメント