ピクシブ百科事典

イナゴの女

いなごのおんな

イナゴの女とは、仮面ライダーW第37-38話の登場人物である。
目次[非表示]

「食べるぅ?」

演:佃井皆美

概要

仮面ライダーW』第37・38話に登場。
ゴスロリ衣装で紫髪、常にイナゴの佃煮(しかも佃煮を入れた小箱は可愛らしいデザイン)を持ち歩いて食べている不気味な女性。本名は不明。
その正体はミュージアムの処刑執行人で、脱走者や裏切り者の始末が仕事。
身体能力が物凄く高く、特に跳躍力が凄まじい。これはドーパントの能力を人間の状態でも部分的に使えた(風都探偵で示唆されたハイドープ)からである可能性がある。
スタンガンを踵に仕込んだブーツでの蹴り技が強力。
ホッパーメモリを右の太腿に挿してホッパー・ドーパントに変身する。
そのドーパント態・人間時双方での戦闘力や後述の通り、メモリブレイク直後も活動可能だったことからもガイアメモリとの適合率は相当高かったと思われる。(琉兵衛からもミックと並んでミュージアム最強の殺し屋と評されている)

ミュージアムから逃走した脳科学者・山城諭の抹殺目的で行動しており、警察に保護された山城を婦警に変装し連れ出して重傷を負わせた後、アクセルトライアルと交戦。

素早い連続ジャンプで翻弄、エネルギーを纏った蹴りを放つが回避され、着地した瞬間にマシンガンスパイクを受けてメモリブレイクされる。
その後メモリブレイク直後であるにも関わらず立ち上がり、逃走しようとしたが、スミロドン・ドーパントによって口封じとして始末されてしまった。

敵役としてのインパクトが強かっただけに、ゲストキャラ扱いとしての登場を惜しんだ視聴者も多い。

小説Zを継ぐ者でも少しだけ登場している。(時系列的にこの時点ではまだ生きている)
ミュージアムの協力者だった禅空寺家のメンバーの敗北とエクストリームのサンプル回収の成功を見届けて、新たに建造されていたガイアメモリ製造工場を証拠隠滅のために爆破して、撤収した。

備考

演じた佃井皆美は、JAE所属のアクション女優。
後に『仮面ライダー鎧武』にて、湊耀子と彼女の変身する仮面ライダーマリカを演じることになる。

関連タグ

仮面ライダーW ミュージアム(仮面ライダーW) ホッパー・ドーパント
五条一葉/スクリーム・ドーパント正統続編に登場する女性ドーパント。「変身者がゴスロリ衣装」「巨大組織に属している」「アクセルと因縁がある」と共通点が多い。

ムーア:『仮面ライダーゼロワン』で登場したゴスロリ衣装の女悪役。こちらはイナゴモチーフの仮面ライダーに変身する。

天王寺藍:ゴスロリ衣装の特撮キャラ繋がり。こちらも紫髪で衣装が黒を基調としている。

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「イナゴの女」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 29340

コメント