ピクシブ百科事典

目次[非表示]

語源はラテン語で、を意味するmanusと、手入れを意味するcuraからなる。
に施すものは別に「ペディキュア」という名称があるため、ここでは手についてのみ解説する。

概要

を装飾するという発想自体は「おしゃれ」という概念が生まれた時からあったようであるが、長時間安定して色を乗せておけるようになったのは第二次世界大戦後の事である。

現代のマニキュアは基本的に一般の塗料と同じ成分・製法で作られており、脱色の際には化学反応を起こして溶かし出すという完全にそこらのペンキと同じ工程が必要になる。そのため爪の強度的にむしろ着脱を繰り返す事が困難になっている。
一時的に施したい場合、水性のマニキュアや付け爪を用いるという方法もなくはないが。

一般の塗料との差異としては、必要量が少ないために非常に小さい容器で販売される事、耐久性やコストよりもパールカラーやラメ入りといった装飾性を重視した色の展開がなされる傾向にある事が挙げられる。
上級者は更に複数の色や時にはビーズ等の小物も用いて「ネイルアート」に仕上げている。

主な傾向

現状ほとんど女性に限られた文化であるため、pixivに投稿されている作品もほぼ女性の爪である。男性にとっては興味の薄い分野であり、頑張ってマニキュアしたのに素通りされることも。
一方、手フェチの対象となる行為の一つでもあり、そうした男性からの需要は少なくない。マニキュアを塗っている最中の姿にも着目されている。

一方、爪に塗料を乗せるという事は表面に層を作り保護するという効果を生むという事でもあり、爪を多用する職業趣味では男性でも施している事がある。
もっとも、男性の場合は大半が目立たせないよう無色透明なものを使っているため、ネイルアートとしての楽しみは望めないが。

常時化学物質を手に付着させているため、特に飲食育児に携わる場合は(理論上口に入る事があり得ないとしても)タブー視されやすい。

らくがき
素材 マニキュア90本詰め合わせ



二次元においてはしばしばギャルと同一視される他、悪魔や亜人の類とも関連付けられる事もある。後者の場合、素の色から一般的なヒトとは異なっている種族もおり、本当にマニキュアと呼ぶのが適当か怪しいケースも散見されるが。

不思議の国のアリス



関連タグ

  ネイル ネイルアート ペディキュア 化粧 コスメ

関連記事

親記事

つめ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「マニキュア」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「マニキュア」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 443483470

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました