ピクシブ百科事典

EXE(仮面ライダーW)

みゅーじあむをつぐもの

仮面ライダーW最終回に登場したミュージアムを継ぐ者を自称する犯罪者集団。
目次[非表示]

概要

仮面ライダーW最終回に登場。
ミュージアム壊滅後から1年後に数人の若者たちが、「エナジー」と呼ばれるカリスマを中心に結成された新たなるガイアメモリ販売組織。自称“ミュージアムを継ぐ者”

………と言えば聞こえはいいが、その実態は元々、青山晶の姉・青山唯が偶然発見したガイアメモリが裏ルートで高値で取引されていることを知り、今まで流通していたガイアメモリをかき集めて金儲けする為に結成されたというただの悪質なストリートギャング集団で、人類をガイアメモリで強制的に進化させ、進化した人類を管理するために結成されたミュージアムとは全くの別物である。

構成員の中には以前Wがメモリブレイクしたコックローチアノマロカリスなどの同型のメモリを持つ者もいるが、以前のメモリ使用者と違ってメモリの力を使いこなせているとはお世辞にも言えず、リーダーのエナジー以外は翔太郎の変身するジョーカーアクセルに成す術もなくあっという間にメモリブレイクされてしまっている(いわゆる再生怪人のお約束である)。

ちなみに、園咲家のようにガイアドライバーなどを所持しているはずもないので、メンバーは人体へのメモリ直押しで変身している為、メモリによる中毒症状に陥っていた。

最終的には翔太郎やによって遠藤士郎を始めとするメンバー全員が逮捕され、意外な正体を現したリーダーのエナジーもフィリップの復活という大インパクトの印象に翔太郎や竜を始め視聴者にすら存在そのものが忘れ去られた挙句にあっけなく倒されてしまい、あっという間に壊滅してしまった。

構成メンバー

エナジー
演:末高斗夢
EXEのヘッド。
メンバーからは“偉大なカリスマ”と呼ばれ慕われており、この街で一番強いと自負している。自身は決して表舞台に現れる事無く他のメンバーにガイアメモリを集めるように指示し暗躍していた。

その正体は表向きはサンタちゃんが経営するペットショップで働いている店員の男性(本名不明)で、物語の終盤、自分以外のメンバーが逮捕され、ほぼ組織として機能しなくなった腹いせの為に翔太郎を襲撃。

翔太郎を仕留めたと勝ち誇るが、実際には復活を果たしたフィリップに阻止されて失敗していた挙句、衝撃と感動のフィリップ復活劇の為に翔太郎たちを始め視聴者たちにすらその存在を忘れ去られてしまった。
これに腹を立てて「無視すんなー!」と小物じみた台詞を喚きながら再度翔太郎達に挑むが、完全復活を果たしたWの猛攻の前に呆気なく敗北してしまった。

何処が“偉大なカリスマ”なんだとか、この街で一番強いとかいってんのとか(一応擁護しておくと、エクストリームメモリに守られ無傷で済んだ余は言え、不意打ちで放たれたエネルギー弾で翔太郎が吹き飛んでいる為、決して弱小ドーパントという訳ではない)突っ込まれそうだが、まぁネットを中心に活動していて、姿を見せる時はドーパント態の姿で現して派手なパフォーマンスを行って若者たちを引きつけていたんだろうという説が有力視されている。

遠藤士郎
演:南羽翔平
EXEのリーダー。
“偉大なカリスマ”を再起動させる為にミュージアム壊滅後に街中に散らばった警察などがいまだに回収しきれていないガイアメモリを集めている素行の悪い不良少年。

当初、翔太郎は彼が「エナジー」の正体ではないかと考えていたが、実際は上記にある通り、彼は“エナジーのガイアメモリ”を持つEXEのヘッドではなく、所持していたのは“エッジのガイアメモリ”であった…。ちなみにエッジメモリは使用前に破壊された為、彼のドーパント態を見る事はできなかったが、他のメンバーのようにメモリの力を使いこなせていなかったか否か定かではない。

彼ら2人以外にもコックローチのガイアメモリアノマロカリスのガイアメモリ、そしてオーシャンのガイアメモリを所持していた少年が確認されている。

余談

EXEの関係者である青山唯を演じた小池唯は海賊戦隊ゴーカイジャーアイム・ド・ファミーユとして、リーダーの遠藤士郎を演じた南羽翔平は動物戦隊ジュウオウジャーレオとして、それぞれ後年のスーパー戦隊シリーズで戦隊メンバーを演じる事となる(更に、両作は記念作で、両者はジュウオウジャーにおいて再共演を果たしている)。


関連項目

エナジー・ドーパント 仮面ライダーW

コメント