ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

『ジョーカー!マキシマムドライブ!』


「「ジョーカーエクストリーム!」」



必殺のJ/概要

ジョーカーエクストリームは仮面ライダーWの基本フォーム、サイクロンジョーカーでの必殺技である。

ジョーカーメモリをマキシマムスロットに装填しマキシマムドライブを行ってから放つライダーキック

ジョーカーメモリ系マキシマムに共通する特徴として、体が正中線で真っ二つに分かれる。サイクロンメモリの風の力で空に舞い上がり、微妙にタイムラグのある二段蹴りを行うことから、放つ瞬間には両脚蹴りになる。よって破壊力は12t×2。


しかし、おそらく何度も放つところを見られて対策を立てられていたのか、ミュージアムの幹部である園咲霧彦が変身していたナスカ・ドーパントには、分離から突撃までに生じるわずかな隙を狙われて、彼の伸縮自在のマフラーでこちらの分離した体を一まとめに縛り上げられて打ち破られてしまっている

霧彦はその後粛清されてしまったが、そのセンスと成長への向上心で、もし彼がメモリの負担に耐え、赤いナスカにまで進化を果たしていれば、凄まじい実力者になっていたと思われる


また、ゲーム「memory_of_heroez」ではOPでゼウス・ドーパントに放つも杖からの衝撃波で勢いを相殺されて受け止められ、体が纏まってしまったところを吹っ飛ばされてしまう


TV本編終了後の正統続編漫画「風都探偵」では、「体を二分割する」という特性を利用して、フィリップの意識が宿るサイクロン側=ソウルサイドと、翔太郎のジョーカー側=ボディサイドで、上述した従来の「時間差キック」だけでなく、「真反対の二方向から挟みうちでキックを叩き込む」という戦法も披露している。


補足のC/余談

第1話での初使用の時点で必殺待機音がソウルメモリ側の共通のものになってしまっている(ボディメモリは個別の必殺待機音がメモリごとにあり、ジョーカーメモリは電気が重く走るような音)。


異常なまでの見た目のインパクトからダブルを代表する技にはなっているが、名前がサイクロンジョーカーエクストリームと似ているという理由で検索しにくくなっている。


アメトーークでも「仮面ライダー芸人」で紹介され、その衝撃のライダーキックは雨上がり決死隊の2人も「え~!?」と驚き、さらに本来仮面ライダーが乗るはずのバイクに自分自信がバイク本体になるという仮面ライダーアクセルのバイクフォームを初見で見た時の翔太郎の「何じゃこりゃ?」には2人も同じ様なリアクションをしていた。


タグのX/関連項目

仮面ライダーW 仮面ライダーダブル サイクロンジョーカー

サイクロンジョーカーエクストリーム


Wアームズ ダブル魂:W同様この技を使用できるらしい。


ディメンションキックジョーカーエクストリームタトバキック

関連記事

親記事

サイクロンジョーカー さいくろんじょーかー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 23615

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました