ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

せんべい汁は江戸時代後期の天保の大飢饉の頃に八戸藩内で生まれたとされ、その後200年余りに渡って現在の南部地方一帯で食べられてきた。
南部煎餅を用い、醤油味で煮立てた汁物あるいは料理

せんべい汁には、南部煎餅の中でもせんべい汁の具にすることを前提に焼き上げた「かやき煎餅(おつゆ煎餅・鍋用煎餅)」を使用する。これを手で割ったものを、一般的に醤油ベース(味噌・塩ベースもある)の鶏や豚の出汁でごぼうきのこネギ等の具材と共に煮立てる。
出汁を吸った煎餅は、すいとんの歯ごたえを強くしたような食感となる。煎餅以外の具材やだし汁はすいとん(南部地方では一般的に「ひっつみ」という)と同じであり、成立過程では、もともとすいとんの食文化が盛んであった南部地方で、すいとんの代わりに保存のきく煎餅を用いたものであると考えられる。

関連イラスト

【PGB】十和田岬投手&せんべい汁
【PGB】せんべい汁のステマ【十和田岬】


関連タグ

郷土料理 青森

関連記事

親記事

郷土料理 きょうどりょうり

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「せんべい汁」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 711

コメント