ピクシブ百科事典

ナイトメア・ドーパント

ないとめあどーぱんと

ナイトメア・ドーパントとは、仮面ライダーW第29-30話に登場したドーパントである。
目次[非表示]

「私の姿を見たら…もう帰れないぞ!」

概要

身長:262cm
体重:130kg
特色/力:夢の中へ自在に入り込み、夢空間拘束

仮面ライダーW』第29・30話に登場したドーパント

風都大学の何者かがナイトメアメモリを左腕に挿して変身したとされている。
他人の夢を操り、夢の中でその夢を見ている本人を捕まえて夢から醒めなくしてしまう。
武器はドリームキャッチャーと呼ばれるネット。これで敵を夢の中に拘束してしまい、拘束された相手は二度と目を覚まさず、いずれ衰弱して死に至る。
眼を覚まさなくなった人は額にHの文字が浮かぶ。

夢の中では無敵であり倒してもすぐに復活するが、現実の戦闘ではルナメモリ系の攻撃に手も足も出ないなど、素の戦闘力は高くない。
だが、精神干渉波に耐性があるとされる照井を陥れた数少ないドーパントでもある(あくまで照井に耐性があるのは精神干渉"波"であって、ナイトメアは波を用いていなかっただけかもしれないが)。

正体

正体は学生の福島元(ふくしま はじめ)。自分に好意を持っている(と思い込んでいた)学生の雪村姫香が研究室の全員を「運命の王子様」と呼んで色目を使っていたことに怒り、彼女を眠れないようにすることが目的だった。
大学の脳科学研究室の学生達を次々に眠らせ、自らも被害者のフリをする事で自分に疑いが向く事を防いでいた。

正体が発覚した後は現実世界でWと戦闘、ルナメモリに翻弄されてあっさりメモリブレイクされている。

備考

このエピソードでは夢の中ということでいつもの面々が時代劇の登場人物関西人等に扮し、コスプレ回および『W』でもかなりのカオスである。その度合いたるや、公式が病気で名高いハイパーバトルビデオに匹敵するレベル
屋外に野晒しで(しかもわざわざフィリップが翔太郎の枕を持ってきて)眠るW(とフィリップの体)、フィリッ八、江戸の町を自転車で疾走するWの光景はカオスかつシュール(野晒しで眠る件は作中でも井坂にツッコまれている)。あと照井が珍しく絶叫する。
『疾風』『切札』のガイアメモリに本物と同じ立木文彦氏のガイアウィスパー、変身する翔太郎に歌舞伎の隈取りのような紋様が浮かんだりと芸も細かい…というか努力の方向音痴
亜樹子が夢の中で"なにわの美少女仮面"に変身したのもこのエピソードである。

しかしそれでいてエクストリームメモリが現れたりと本筋への布石もしっかり打たれている。

なお、大阪が登場するシーンの撮影は実際の大阪で敢行された(基本的に関東圏で撮影する平成ライダーにおいてはかなり珍しい)。
ちなみに、フィリップ役の菅田将暉氏と亜樹子役の山本ひかる氏は大阪府出身であり、作中話している大阪弁はネイティブのもの。滋賀県出身である照井役の木ノ本嶺浩を含めると、本作の主役側メインキャスト4人中3人が関西出身だったりする。

関連タグ

仮面ライダーW ドーパント みんなのトラウマ 公式が病気
インキュラス:夢の中に入り込む者
バックシャドー:なんか似ている。

pixivに投稿された作品 pixivで「ナイトメア・ドーパント」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3429

コメント