ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

バトルシップ

ばとるしっぷ

戦艦の英訳、もしくはアルゼンチン発の同名のボードゲームを原案とした映画。 本稿では後者について紹介する。
目次 [非表示]

もしかして→『遊☆戯☆王』に登場するバトルシップ→バトルシップ(遊戯王)





あんたも死ぬし俺も死ぬ 皆いつかは死ぬ…


だが今日じゃない


概要

2012年に公開されたアメリカ映画。映画の原案はアルゼンチン雑誌から発表されたボードゲームの『Battleship』としている。


ユニバーサル・ピクチャーズ100周年記念として製作され、日本では同年4月13日に公開された。ハリウッド映画を、海外でDVDが出る頃に劇場公開をすることも少なくない日本だが、本作に限っては全世界最速の公開となった。


ハワイ近海で合同演習していた米日海軍が宇宙から襲撃してきた異星人の軍勢と洋上で激しい戦いを繰り広げるというストーリー。主人公のアメリカ海軍将校と海上自衛隊の艦長が最初は反目しながらも最後には良きライバルとして昇格するという王道のフラグも立っている。


なお、主人公のアレックス・ホッパー役のテイラー・キッチュは同時期に公開されたディズニー映画ジョン・カーター』でも主役を演じている。


成績

実写TFの成功から映画化した本作だが、アメリカでの興行収入は製作費2億900万ドルに対してわずか6500万ドルとなっており、全世界合わせても3億300万ドルと、スタジオの損失額は1億5000万ドルにもなる大赤字作品になってしまった。


2010~2015年間のハリウッド映画において赤字ランキングの2位(1位は上記のジョン・カーター、3位は47Ronin)となっており、本作の失敗が影響でハスブロ社からの映画3本が白紙化している(後に1本が低予算で製作された)。


テイラー・キッチュはとんだ貧乏クジを引いてしまったのだろうか…。

  • しかし、監督のピーター・バーグとテイラー・キッチュは『ローン・サバイバー』にて高収入をたたき出してリベンジを果たした。
  • ジョン・カーター』も、不幸なことに、『スターウォーズ』や『デューン/砂の惑星』や『アバター』の類似品と思われて爆死してしまった。『ジョン・カーター』こそがこれらの作品のモデルなのに(このことは、英語版のウィキペディアでも「悲劇」として言及されている)。

日本では浅野忠信が出演していたこともあって好評であり、14億円を超えるヒットを記録。これは2012年の日本国内で公開された洋画としては第7位の成績となる。


余談

潜水艦ゲームを実写化」というぶっ飛んだ発想や、高クオリティの派手なアクションシーンを活かす為にあえて細かいストーリーのつながりを無視した脚本、チキンブリトーなどが大受けし、日本ではカルト映画的人気を博している。本作の熱狂的ファンは(「信者 (worshipper)」にも掛けたのか)「バトルシッパー」と呼ばれている。


海上に配置していた波を観測するソナーを利用した戦法でのモニターのグリッド表示と敵艦から放たれる遅延型爆雷の形状がボードゲームのバトルシップの盤(グリッド表示)と攻撃・ダメージ表示のピン(遅延型爆雷)が元ネタである。


しかし、日本での好評ぶりとは裏腹にアメリカでは酷評されており、『トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part.2』とラジー賞を激しく争った。


(基本的に娯楽映画に徹した作品は、こういったアカデミックな基準で審査される場合は大体酷評されるので、アメリカ市民の評価というわけではないが、確かに評判が良くないのも事実である。)


(結局のところ、日本での好評価の背景にあるものは「日本人/日本が活躍するハリウッド映画」ということが大きいのかもしれない。)


その後、2015年に日本の地上波で初放映されるも、映画公開当時と状況が異なっていたために本作は(ネタ的な意味で)公開当時以上の人気を博すこととなる。港湾労働者組合にウケたというのも大きい。


2017年に再び地上波放送予定……であったが、イージス艦の衝突事故を受けて放送が自粛されてしまった。しかしバトルシップがプライムビデオの見放題ラインナップに入っていたことを発見したバトルシッパー達はプライムビデオや手持ちBDなどを利用して勝手に実況を開始。出演俳優の浅野忠信氏も参加し、謎の盛り上がりを見せた。その後、延期という形ではあったが9月8日に放送された。

しかし、同日のグラチャンバレー女子の中継が長引きバトルシッパー達は用意していたチキンブリトーを消費させながらやきもきさせた。

日本では人気だった本作はBS放送でも幾度か放送されており、その都度盛り上がりを見せている。


なおこの作品、冒頭のシーンのみではあるが、現役の海上自衛隊隊員が出演(たまたま撮影場所の真珠湾に寄港していた護衛艦きりしまの乗員が協力)しており、護衛艦あたごが劇中で異星人の兵器と交戦する護衛艦みょうこうに扮して登場している。


原作(?)となった『Battleship』は運が左右せず、索敵と推理を駆使する頭脳ゲームである。


関連作品


仮面ライダーエグゼイド:登場アイテム「ガシャットギアデュアルβ」にインストールされたゲーム『バンバンシミュレーションズ』は同じく海戦シミュレーションゲームで、ボードゲームとしての側面も持つ。


レーダーミッション : 任天堂ゲームボーイでリリースされたバトルシップと同系統の海戦ゲーム。


関連タグ

戦艦

ユニバーサル・ピクチャーズ

ハズブロ

TFの変形玩具と同じくと原案モチーフのボードゲームが同社から発売されている。エンドロールにもクレジットあり。

 洋画 SF映画

アメリカ海軍 海上自衛隊

関連記事

親記事

ユニバーサル・ピクチャーズ ゆにばーさるぴくちゃーず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1068823

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました