ピクシブ百科事典

戦艦が簡単に沈むか!!

せんかんがかんたんにしずむか

「戦艦が簡単に沈むか!!」とは、映画『バトルシップ』で戦艦ミズーリが被弾し、「大丈夫か!?」と尋ねた駆逐艦乗組員に対し、古参乗組員が返した言葉である。
目次[非表示]

概要

映画バトルシップ』のクライマックスシーンにおいて。飛来したエイリアンの母艦五隻(一隻は事故で損失)の内、三隻を撃沈した米海軍イージス艦「ジョン・ポール・ジョーンズ」だったが、最後の一隻の攻撃により、奮闘虚しく撃沈されてしまう。エイリアンが張り巡らせたバリアに阻まれて外部からの援軍は来ることが出来ず、やむを得ず真珠湾に保存されていた戦艦ミズーリ第二次世界大戦時のかつての乗組員と共に駆り、エイリアンに戦いを挑む。

 その後、駆逐艦「サンプソン」、海上自衛隊護衛艦「みょうこう」を葬った侵入式遅延信管兵器が第三砲塔に被弾し破損、「ジョン・ポール・ジョーンズ」の乗組員が「大丈夫か!?」と尋ねるが、これに対し古参兵は「戦艦が簡単に沈むか!!」と答えたのである。

ネタ

このセリフは、ニコニコ動画などの動画サイトでは度々ネタにされる。

何故かと言うと、セリフの通り「簡単に沈まなかった」戦艦もいる中、「簡単に沈んだ」戦艦もいるからである。この場合、「戦艦が簡単に沈むか!!」に合わせて、○○(戦艦の名前):「誠に遺憾である」と言う弾幕が形成される。

簡単に沈んだ戦艦達(巡洋戦艦含む)


アメリカ

アリゾナ(真珠湾攻撃)



イギリス

プリンス・オブ・ウェールズ(マレー沖海戦)

上は葉巻


フッド(デンマーク海峡海戦)

惨事の直前


レパルス(マレー沖海戦)

巡洋戦艦レパルス



イタリア

ローマ(ドイツの誘導爆弾フリッツXを2発被弾)

ヴィットリオヴェネト級ローマ



ソビエト社会主義共和国連邦

マラート相手が悪かったとしか言いようがない。大破着庭しても修復されて砲撃能力が回復、戦後には復帰している)

過去絵 - マラート(ペトロパヴロフスク)



ドイツ

ティルピッツ(爆撃のみで撃沈された超弩級戦艦は、本艦とアリゾナ、ローマのみ。弩級戦艦を含めれば、マラートが該当する)

UkiMki@デザインフェスタ



日本

三笠(日露戦争後の1905年9月、佐世保港停泊時に謎の弾薬庫爆発を起こし沈没・着底した。同様の悲劇は後の「陸奥」でも繰り返される。間もなく「三笠」は引き揚げられ任務に復帰するも、1921年、ウラジオストック沖でまたも座礁・着底するという不運に見舞われた
しかも記念艦として保存するため曳航途中、横須賀沖で座礁。艦底部に大きな破口が発生し、それ以上の曳航を断念しやむなく現在の三笠公園の土地を掘り、満潮を待ってそこへ引き入れ記念艦とした。
さらに戦後、めぼしい鋼材などをあらかた剥ぎ取られ、レストランと水族館を作られてしまう。その後ニミッツ大将や三笠保存会の皆様のお陰でなんとかなったものの・・・・・・)

戦艦三笠



金剛(潜水艦の魚雷二本であっけなく沈んだ。魚雷を受けた直後は航行に支障はなく、艦首脳部は「戦艦が簡単に沈むか!!」と慢心しきっており、老朽化が進んでいたことによりリベットの継ぎ目からも浸水、徐々に破損箇所が広がっていたことに気付かなかった。傾斜が急激に増加して艦首脳部が危機に気付いた時は既に手遅れであり、転覆、弾薬庫が爆発して瞬く間に轟沈した)

我が心の艦(ふね)2



扶桑(スリガオ海峡海戦。米駆逐艦の奇襲により右舷に複数の魚雷を受けて爆沈)

戦艦扶桑進水101週年



陸奥(柱島泊地に停泊時に原因不明の第三砲塔爆発)

戦艦長門型「陸奥」(昭和16年)



その一方で…

簡単に沈まなかった戦艦達


アメリカ

サウスダコタ

サウスダコタ



ノースカロライナ

「ノースカロライナ」級戦艦



イギリス

プリンス・オブ・ウェールズ(簡単に沈んだ戦艦にもカウントされるが、ビスマルク追撃戦では大破しながらも生還している。なお、マレー沖海戦では…)

威風堂々



日本

大和(空母11隻・艦載機386機、述べ1000機に及ぶ航空機の波状攻撃で沈む)

戦艦大和 ~Battleship Yamato


武蔵(空前絶後の、魚雷三八発、爆弾八〇発と言う猛攻を受けながらも、九時間浮き続けた脅威の戦艦)

シブヤン海の武蔵


伊勢日向(エンガノ岬沖において、ハルゼー機動部隊の全力攻撃を受けながらも、伊勢は面舵のみ、日向は取り舵のみで切り抜ける。アメリカ側も2艦の対空砲火が苛烈であったことを誉めている)

戦艦「伊勢」(昭和16年)


長門クロスロード作戦にて、二度の核爆弾に耐える。(しかも二回目は一度目を耐えたことにより、確実に沈むように嫌がらせとして艦首に穴を開けられ、爆雷を取り付けられたという俗説まである)。その後、四日後の深夜に誰にも看取られることなく沈んでいった)

クロスロード作戦の長門



ドイツ

ビスマルク

戦艦ビスマルク(全景)



要するに

戦艦とは、その性質上、重装甲に身を固めた艦であるため、基本的には、簡単には沈まない。ただし、建造時の想定を超える超兵器(フリッツXやトールボーイ)の被弾や、内部からの爆発など設計上想定していない事象が起こるとあっけなく沈んでしまうことがある。

同じ艦でも、戦闘形態によって脆くなったり強靭さを見せつけたりする。例えば、上記の「プリンス・オブ・ウェールズ」の例があるほか、「ティルピッツ」は爆撃のみで簡単に撃沈されてしまったが、同型艦の「ビスマルク」は、イギリスの戦艦二隻を退け、もう二隻の攻撃を受けても簡単には沈まなかった。魚雷2発で沈んだ「金剛」も、沈没に至ったのは被弾を甘く見た判断ミスが原因で、早期に適切なダメージコントロールを行えば生還できたと考えられている。簡単に沈むかどうかは、使う側の人間によって大きく変わるのである。

pixivでの使用法

やはりこの作品に関連したネタが多数を占めている。

関連タグ

でも今の駆逐艦はすごいぞ。最高だ。 同じく、映画「バトルシップ」のセリフが元になったネタ。
戦艦

関連記事

親記事

バトルシップ ばとるしっぷ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「戦艦が簡単に沈むか!!」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 317638

コメント