ピクシブ百科事典

戦艦三笠

せんかんみかさ

大日本帝国海軍の前弩級戦艦で、敷島型の4番艦。 アメリカ海軍の帆走フリゲート「コンスティチューション」、イギリス海軍の戦列艦「ヴィクトリー」と並んで、「世界三大記念艦」に挙げられる。
目次[非表示]

概要

艦名は、奈良県にある三笠山にちなんで命名された。

同型艦は、敷島朝日初瀬

ロシア帝国に対抗するために日本海軍は軍拡を進めた中で、『六六艦隊計画』(戦艦を6隻、装甲巡洋艦を6隻配備する計画)の一環として、1899年8月10日にイギリスのヴィッカース社にて建造され、1902年3月に竣工された。後に日本へ回航され5月18日に横須賀へ到着した。

船体構造は他の3隻と同じだが、本艦はクルップ鋼(クルップ・セメントクロム・ニッケル鋼)が使われ、防御力が強化されている(敷島、朝日、初瀬はハーヴェイ鋼(ハーヴェイ・ニッケル鋼)を使用)。また、主砲もアームストロング社の新設計の「アームストロング 1898年型 30.5cm(40口径)砲」が使用されたが、三笠のみ砲架は新型のBVI型となり、揚弾筒は2段階となって防御効果が高まり、装填機構の改良により発射速度は約2割ほど早くなった。副砲にしても、他の3隻は45.7cm魚雷発射管を水線下に片舷2門ずつの水中発射管と艦首水線部に水上発射管1門の計5門を装備したが、三笠は水上発射管を装備していない。

三笠の最大の特徴は、クルップ・セメンテッド(通称:KC鋼)構造となっていること。これは当時としては最新鋭であり、約3割の防御力向上となった。このため、甲板部は防御力を落とさずに102mmから76mmに減厚できた。また、艦首と艦尾の水線部は102mmから178mmへと増厚され、舷側装甲も152mm装甲は上甲板部まで装甲範囲が増やされて防御力が高まった。15.2cm速射砲も装甲隔壁で区切られた個別の砲室を持っており被弾時の被害極限を図っていた。

1903年12月28日、三笠は連合艦隊旗艦となった。1904年2月6日から日露戦争に本格的に参戦し、司令長官東郷平八郎大将の指揮下で、かの日本海海戦に参戦しバルチック艦隊と交戦。敵艦の砲撃が集中した三笠は中破し乗員113人が死亡するも、旗艦として勝利の栄誉を占めた。だが、日露戦争終結直後の1905年9月11日に、佐世保港内で後部弾薬庫の爆発事故のため沈没した。この事故では339名の死者を出した。弾薬庫前で、当時水兵間で流行していた「信号用アルコールに火をつけた後、吹き消して臭いを飛ばして飲む」悪戯の最中に、誤って火のついた洗面器を引っくり返したのが原因とする説や下瀬火薬の変質が原因という説もある。事故当時、東郷は上陸していて無事であった。

10月23日の海軍凱旋式は、敷島が三笠に代わって旗艦となった。三笠は予備艦とされ、1906年8月8日浮揚、佐世保工廠で修理され1908年4月24日第1艦隊旗艦として現役に戻った。1914年8月23日、日本が第一次世界大戦に参戦すると、戦争初期に三笠は日本海などで警備活動に従事した。その後、1918年から1921年の間、大戦中に誕生した社会主義国ソ連を東から牽制するシベリア出兵支援に参加した。

1920年の尼港事件の際には砕氷艦見島とニコラエフスクに救援に向かったが堅氷に阻まれ入港できなかった。このため約700名の日本人と数千名のロシア人は救助されることなく赤軍パルチザンに惨殺された。1921年、ウラジオストック沖で座礁・着底。その後、浮揚・修理が施されて警備艦として活動を再開するも、ワシントン海軍軍縮条約に基づいて廃艦が決定し、除籍。条約に基づき現役に復帰できない状態にすることを条件に、記念艦としての保存を許され、下甲板以下が土砂で埋められて横須賀の岸壁に固定され、三笠の船としての生涯はこの時点で終わった。

記念艦として

第二次世界大戦中、横須賀は米軍機の空襲を受けたが、三笠の被害はまったくなかった。しかし戦後、記念艦として管理していた海軍の解体により放置された三笠は、侵入した金属泥棒により艤装が剥がされ、見る影もないほど荒廃した。取り外せそうな金属類はガス切断によって全て盗まれ、マスト艦橋も失われて、ほぼ原型をとどめない状態になった。荒廃した三笠の残骸には、アメリカ軍によってダンスホールや水族館が設置された。アメリカ海軍チェスター・ニミッツ提督がこれに激怒し、自伝の売り上げを寄付するなどして復元・保存が進んだ。なお、現在の三笠の艤装類はオリジナルはほとんど残っておらず、後付けで設置されたレプリカと、チリ海軍の戦艦「アルミランテ・ラトーレ」から寄贈され取り付けられたものである。

現在も三笠公園に「記念艦三笠」として残され、多くの人が訪れている。ただし上述の通り戦後の改変が著しく、下甲板以下は土砂で埋められ、事実上戦艦の形をした資料館と成り果ててはいるものの、現存する前ド級戦艦は極めて希少である。なお、戦闘で破損した主砲の鋼材の一部は後に日本刀の材料に使われ、銘を「三笠砲鋼秀明」と名付けられた。

余談

諫山創漫画進撃の巨人』に登場するミカサ・アッカーマンの名前はこの戦艦三笠に由来する。pixivではミカサを描いた作品に「三笠」タグをつけたものが多い。(艦隊これくしょん絡みの作品も多い。)

また、アニメ『蒼き鋼のアルペジオ』の第4話に登場、海面上昇によって旧横須賀市街地と共に水没し朽ち果てていたが、ハルナキリシマを倒すため、思わぬ形で活躍することになった。

艦これ風のMMDモデルが存在する。
外部リンク

2017年11月11日に、街頭広告の掲示という先行告知が成されアズールレーンにて実装が決定、艦船擬人化ゲームへの登場は有名なタイトルの中ではこちらが一番最初となった。

日本海海戦の生き残りの艦艇は三笠の他にはロシアの防護巡洋艦アヴローラのみである。
こちらは動態保存されている。

関連タグ

記念艦 前弩級戦艦 大日本帝国海軍 戦艦
三笠(無印)
戦艦敷島 戦艦朝日 戦艦初瀬

三笠(アズールレーン)

宗谷(砕氷艦)
お台場・船の科学館にて保存されている記念艦。こちらは建造から70年を過ぎたいまも海に浮いており、航行可能な「生きている船」である。

pixivに投稿された作品 pixivで「戦艦三笠」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 221931

コメント