ピクシブ百科事典

バルチック艦隊

ばるちっくかんたい

バルト海を拠点とするロシア海軍の艦隊。バルト艦隊、バルト海艦隊とも。日本では特にロシア帝国時代末期の日露戦争時におけるものが知られている。

沿革

1703年、スウェーデンとの間で大北方戦争が行われている最中、ピョートル大帝によってクロンシュタットで編成された。ロシア帝国時代は主にスウェーデンやプロイセンとの戦争において活躍しており、編成当時の大北方戦争をはじめ、七年戦争露土戦争クリミア戦争などに出撃している。特にクリミア戦争においては機雷による海上封鎖が世界で初めて行われ、スウェーデンに参戦を躊躇させるなど心理戦において大きな戦果を挙げたとされている。
日露戦争の際には太平洋艦隊の増援のために第二・第三太平洋艦隊を編成して極東方面に派遣したが、スエズ運河が日本と同盟関係にあったイギリスの管理下にあった事から主要艦艇は喜望峰経由の遠回りを強いられ、半年の航海中に多数の乗組員が死亡するなど激しく疲弊していた。その結果、当時最新鋭戦艦4隻を要する世界最強クラスの大艦隊でありながら、日本海海戦において日本海軍に大敗を喫し、事実上当時のバルチック艦隊は壊滅した。この敗戦が後に革命勢力の活発化に繋がりロシア帝国の崩壊の一因となった。

日本海海戦(ロシア帝国)


その後建艦10ヵ年計画が立てられガングート級戦艦を就役させるなどして再建が進められていたが、第一次世界大戦直前の竣工という事もあり大戦期にはほとんど行動する事が出来なかった。

1917年、バルチック艦隊に練習艦として所属していた防護巡洋艦アヴローラ十月革命の勃発に呼応してペトログラード(後のレニングラード、現・サンクトペテルブルク)の冬宮に対し砲撃を敢行しボリシェビキによるクーデターを支援した。その後もバルチック艦隊の水平は革命を支持していったが、ボリシェビキが独裁化していくと次第にこれに対立するようになった。
1921年、バルチック艦隊の水兵はボリシェビキに対する15項目の決議を採択、クロンシュタットにて蜂起した(クロンシュタットの反乱)。しかしこの反乱は赤軍による2度の総攻撃で鎮圧され、多くの兵士がフィンランドへの亡命を余儀なくされた。
赤軍に組み込まれた後、第二次世界大戦においては冬戦争独ソ戦に参加し、赤軍の支援を行った。戦後はドイツから獲得したカリーニングラードに拠点を移した。
冷戦中は西欧諸国に対する最前線として重要度を増したものの、その後ソ連海軍の主力が核ミサイルを装備した原子力潜水艦になっていくと、これらが重点的に配備された北方艦隊や太平洋艦隊に比べ、相対的な軍事重要性はむしろ低下していく一方となった。これはソ連崩壊によってロシア連邦に移行した現在においても基本的には同様である。

関連タグ

ロシア/ソ連 ロシア海軍/ソ連海軍
悲劇の艦隊

pixivに投稿された作品 pixivで「バルチック艦隊」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3150

コメント