ピクシブ百科事典

アヴローラ

おーろら

ロシア帝国(のちソビエト連邦)の防護巡洋艦。現存する唯一の防護巡洋艦である。
目次[非表示]

概要

アヴローラ(Аврора)はロシア(ロシア帝国ソ連ロシア連邦)の防護巡洋艦。19世紀末に建造されて以来、数奇な運命をたどり、ロシアの近現代史の多くの事件にかかわり、現在もサンクトペテルブルクのネヴァ川の河岸で(水面に浮いた状態で)保存されている。現存するただ一隻の防護巡洋艦である。
艦名はギリシャ神話の曙の女神エーオースに由来する(オーロラと同語源)。

ロシア帝国時代

サンクトペテルブルクの海軍造船所で建造され、1900年進水、1903年就役。

バルチック艦隊に編入され、日露戦争日本海海戦連合艦隊と交戦。損傷を負い艦長が戦死。敗走し、フィリピンで抑留された。

戦後はバルチック艦隊の練習艦となった。

第一次世界大戦時には巡洋艦として戦線に復帰するための改装が行われていたが、アヴローラ乗組員はロシア革命に同調して冬宮に砲撃を行い、戦闘の火蓋を切った。

ソビエト連邦時代以降

1922年に練習艦となっていたアヴローラは、ロシア革命での功績からソビエト連邦のプロパガンダに用いられ、赤旗勲章を贈られた。

第二次世界大戦では、レニングラードを包囲したドイツ軍に攻撃され、着底した。

戦後に浮揚され、1956年から博物館船として公開されている。

関連タグ

防護巡洋艦 日露戦争 第一次世界大戦 ロシア革命 大祖国戦争
アヴローラ(アズールレーン):シューティングゲーム「アズールレーン」に登場する、アヴローラをモデルとしたキャラクター。中国版(碧蓝航线)では阿芙乐尔
戦艦三笠:同時代に建造され、現在は博物館船。
ヴァリャーグ:防護巡洋艦の生き残り。

pixivに投稿された作品 pixivで「アヴローラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15744

コメント