ピクシブ百科事典

初代宗谷

ゔぁりゃーぐ

宗谷は大日本帝国海軍の保有した二等巡洋艦。ロシア帝国海軍の一等巡洋艦「ヴァリャーグ」を鹵獲し編入したものである。
目次[非表示]

宗谷(初代)は大日本帝国海軍の保有した二等巡洋艦(防護巡洋艦)。

日露戦争で奮戦したロシア帝国海軍の一等巡洋艦「ヴァリャーグ」を鹵獲し編入したものである。

艦歴

1901年、米国のウィリアム・クランプ・アンド・サンズ社にて進水し、翌年に竣工しロシアに回航された。

「ヴァリャーグ」は1904年の日露戦争の勃発時僚艦の砲艦コレーエツとともに朝鮮半島の仁川港にあり、圧倒的不利な状況で日本海軍の14隻と戦い(仁川沖海戦)大破。ルードネフ艦長はヴァリャーグを敵軍に引き渡すよりも自沈を選んだ。

しかし日本海軍はこの艦を引き上げ、「宗谷」の名で自軍に編入。日本海軍アメリカ式の艦が他になかったことが支障になり、もっぱら練習艦として運用された。小沢治三郎山本五十六古賀峯一井上成美らが宗谷での練習航海を経験している。

1916年、第一次世界大戦が始まると本艦はロシアに買い戻され、元のヴァリャーグの名で北洋艦隊の旗艦として復帰した。改修のため英国のグラスゴー造船所に回航されたのだが、間もなく、ロシア革命が勃発。革命の混乱の中で革命政府が修理費の支払いを拒否したことから英国に接収され、曳航中にアイルランド沖で座礁、その後引き揚げられハルクとして使用されたのち、曳航中にスコットランド沖でまたしても座礁し、その数奇な生涯を閉じた。

遺産

「ヴァリャーグ」は後のソ連海軍ミサイル巡洋艦に名付けられるなど(1963年就役と1989年就役の2隻がある)、ロシアウクライナにおいて名誉ある艦名として扱われている。ウクライナの重航空巡洋艦もこの艦名で知られるが完成しないまま放棄され、のちに中国に引き渡され「遼寧」の名で空母として就役した。

関連項目

ヴァリャーグ 宗谷 遼寧 孤軍奮闘艦 ロシア海軍
宗谷(船) - 海軍艦としては本艦に次ぐ2代目(海保船としては初代)。
初代大和 - 2代目が超有名な艦船つながり。
第102号哨戒艇- 日本海軍に鹵獲され活躍した艦船つながり。

外部サイト

伝説の巡洋艦ヴァリャーグ

関連記事

親記事

防護巡洋艦 ぼうごじゅんようかん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「初代宗谷」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 67

コメント