ピクシブ百科事典

初代大和

やまと

初代・大和は汽帆兼用スループ(後測量艦)。初代・葛城型の二番艦。

大和は、明治18年進水の、日本海軍のスループ。初代・葛城型の二番艦として神戸小野浜造船所で建造された。大型の帆をそなえており帆走もできたが、レシプロ蒸気機関での汽走を基本とした。ただし速力は最大13ノットと低速であった。葛城型の船体は旧式な鉄骨木皮ながら堅牢であったと評価され、長く活躍している。

日清戦争日露戦争に参戦後、大正11年に姉妹艦の「武蔵」とともに測量艦に類別され、昭和10年まで測量に従事した。オホーツク海の北見大和堆・日本海の大和堆の海中地名は本艦の名にちなむ。

軍艦から除籍されたあとは浦賀港内で少年刑務所の宿泊船になったが、太平洋戦争敗戦直後に台風で沈没するまで海に浮かんでいた。結果的に本艦は、二代目の「大和」より後まで船として生きていたことになる。

関連記事

親記事

特務艦 とくむかん

pixivに投稿された作品 pixivで「初代大和」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10392

コメント