ピクシブ百科事典

初代ケーニヒスベルク級

しょだいけーにひすべるくきゅう

『ケーニヒスベルク級』はかつてドイツ帝国海軍が運用していた防護巡洋艦。

概要

ドイツ帝国海軍がかつて建造した小型の防護巡洋艦
1905年から07年に掛けて合計で4隻が建造された。命名則は全てドイツの都市名である。

「ケーニヒスベルク級」を冠する巡洋艦は、防護巡洋艦として建造された本級のほか、1913年度海軍計画で軽巡洋艦として建造された2代目と、第一次世界大戦後のヴェルサイユ条約の制限下で軽巡洋艦として建造された3代目が存在する。

コメント