ピクシブ百科事典

三笠(アズールレーン)

みかさ

明治37年に起きた「日露戦争」で露艦隊に勝利し、今なおその船体が平和と誇りの象徴として遺る伝説の『軍神』。戦艦三笠を擬人化したアズールレーンのキャラクター
目次[非表示]

「過ぎた栄光を再び手にするまで 勇往邁進を止めてはならん!」

CV:大原さやか

概要

艦船擬人化STG『アズールレーン』に登場するキャラクター。

2017年11月に公式ツイッターから実装がアナウンスされた。
アヴローラにつづき、第一次世界大戦以前のSSR艦の実装である。告知によると「時代感覚がズレている」らしい。
重桜勢力初のSSR戦艦であるが事前に公開されたスペック(戦闘性能)は非常に低く(火力:B、耐久:B)、とてもSSRとは思えないものであった。
その代わり、アヴローラのように数値上の性能をひっくり返す凶悪なスキルを持ち、燃費を気にしなければ歴然の艦隊旗艦の三笠の威厳をそのままに艦船達を導く軍神と化す。

設定においても、(ゲーム内現実問わない)イベントへの起用率の高さと、アズールレーンにおいても特別扱いされている人物であり、ついには本物とのコラボすらなし得た伝説を持つ。

キャラクター像

先の大戦で連合艦隊の旗艦として勇名を馳せ「軍神」と称された伝説的な存在。
陽気で気さくながらも、威厳をたたえた女性。後輩たちからは「三笠大先輩」と呼ばれる。
戦闘においては頼りになるが、流行には疎く、常識がズレてるところも。自分の遙か後代で進化した技術の結晶である他の艦船達に対しても敬意を持っており、彼女たち艦船のモデルとなった軍艦の模型を秘かにコンプリートし、「三笠博物館」 なるものを完成させていた。が…

一人称が「我」であり、よく四字熟語を織り交ぜた古風な言葉遣いをする。公式アンソロジーなどでは言葉遣いに加えてやることなすことが孫や親戚の子どもをあやす壮年の女性そのものであり、「三笠おばちゃん」と慕われているが、本人は「おばちゃん」扱いに複雑な模様。

…が、親密度がかなり高くなってくると若干態度が軟化。
普通の女性とあまり変わらない口調になり、一人称も「私」になったりする。こっちの方が地の性格なのかもしれない。

一方、衣装「桜都の風」に着せ替えると突然「ボクと共にいざ参ろうぞ」などと言い出したりする。学生時代はボクっ娘だったのかもしれない。

所属陣営は重桜だが、モデルの艦船生を受けたのは英国(金剛らと同じヴィッカース)である。そのためか、バレンタインデーに関しては一応知っていた。ロイヤルグルメの味も。


一迅社Febri』Vol.47とアンソロジーコミックの宣伝映像。

性能

戦闘性能は火力:B、耐久:B、雷装:E、対空:D、航空:E、回避:D
重桜のレア戦艦は火力:A、耐久:B、同時に限定実装されたSレアの比叡は火力:B、耐久:Aであり、ステータス値だけでいえば自分より低いレアリティの戦艦に劣る。

第二次世界大戦時に活躍した艦船が多い他のキャラクターと比べ旧式であるためか、打たれ弱さが目立つ。特に対空砲を装備できず、対空値も最低なので航空攻撃にとても弱い。本編でも「ヒコウキ?玩具の類だな」なんて言っている(史実ではシベリア出兵支援の時水上機積んでたんじゃ...なんて言っちゃいけない)。

副砲を二つ装備できるため自爆ボートの迎撃は得意。対空はどうしようもないので他の艦でフォローしよう。

「丁字戦法」は自分が主砲で攻撃する際、30パーセント(最大強化時60パーセント)で発動。8秒の間、自身含む戦艦、巡洋戦艦が敵に与えるダメージが5パーセント(最大20パーセント)増加する。
2018年6月現在、三笠の装填値は戦艦で最も高いため、主砲のリロード時間次第ではあるが大抵初めに攻撃できる。

基本的に全体バフありきのステータスだが、クイーン・エリザベスと異なり、旗艦時にしか全体バフが発動せず、雷撃と航空の値を上げられないため、重桜の誇る空母勢や魚雷攻撃に長けた駆逐艦勢との相性は良くはない。ただし火力値+20%、与ダメージ+20%の数値はどちらも強力で、スキルを上限まで鍛えた場合強烈な砲火力を発揮する。

前衛は、火力が高めの駆逐艦夕立綾波が候補にあがる。重巡の高火力タイプには高雄型もいる。
中でも雪風最上改は三笠と相性が極めてよい。
雪風は主力艦が受けるダメージを減らし、さらに耐久が一定以下になると一度だけ回復させることができる。三笠の打たれ弱さをフォローできる他、本人のスペックもSSR相当に高い。
最上改は改造によって魚雷型なのに主砲砲座が増えるため砲火力が非常に高く、三笠のバフを最大限に活用できる。対空値もそれなりに高い。
現状、三笠艦隊の前衛はこの二人+1が最も安定するといえる。火力を追及するなら高雄型だが、重巡が二人いると速度がかなり遅くなるのでビーバーズエンブレムが半ば必須。

主力艦は、扶桑型、伊勢型の自バフ、他バフ持ちのレア重桜戦艦がいるため、彼女たちと組ませるといいだろう。
特に日向とペアを組むと、お互いのバフが重なり艦隊の重桜戦艦・巡洋戦艦の火力が常時35%、装填が20%上昇という破格の強化を得られる。日向は自身のバフも合わせると実に火力値が55%上がる
さらに丁字戦法が発動すると与ダメージが20%上昇するので恐ろしいほどの攻撃力を得られる。
ただし山城は改造すると航空戦艦となり、「丁字戦法」のバフ対象から外れてしまうため注意。

他陣営ながら「丁字戦法」の巡洋戦艦バフには対応できるフッドも編成候補にあがるが、フッド等の弾幕スキルを持つ艦船はスキルの関係上威力を犠牲にした回転率の高い主砲を装備するのがベターで、丁字戦法に合わせるには主力全体の装備の調整が必要。正面に弾幕を発射するビッグセブンも、三笠を旗艦にすると軸が上下にズレるせいで使い勝手が落ちる。

フッドとは逆の意味で相性のよいキャラとして、ジャン・バールがいる。装填値は三笠を上回るが、実質専用砲の380mm四連装砲Mle1935が、戦艦の最良装備である406mm三連装砲mk6より二秒ほど遅いので、これを装備した三笠の砲撃の直後に発射できる。

総じてティルピッツ等の例外を除けば、弾幕を持たない戦艦全員と相性がいい。ただし対空のフォローと、なにより複数の戦艦編成による膨大な燃費に注意

なお、「幸運値」が戦艦ではトップクラス(95)に高い。元ネタの軍艦は爆沈・座礁などの事故を繰り返した立派な不運艦なのだが、SSRに相応しいステータスに調整するため、装填値ともども下駄を履かせているのだろう(じゃあ何でアヴローラの運があんなに低いんだ、とか言っちゃいけない)。

ギャラリー

三笠
推して参る!!


センシティブな作品
三笠



イベント起用

初登場「軍神の帰還」にて実装された彼女だが、以降様々なイベントに起用されている。

軍神の帰還復刻時に同時開催された「三笠先輩のミニ博物館」では、模型のプラモを作ったはいいが、何故か設計した自爆装置を後輩に押されて粉々、そのパーツを集めて博物館の展示プラモを作り直すというイベントが開催。

他にも様々な重桜艦のキャラストを始め、色々なイベントに登場しており、軍神の威厳を見せたり、ちょっと時代がおいついておらずわたわたする可愛い姿も見せてくれている。

ゲーム外にも活躍の幅を広げており、アズールレーンの公式youtubeチャンネルでは「三笠大先輩と学ぶ世界の艦船」というシリーズが公開され、三笠が歴代の有名艦船を写真や映像を加えて親切丁寧に教えてくれる。

公式アンソロジーでも起用率はかなり高く、多くの指揮官に愛されている。

そして遂には現実世界に存在する戦艦三笠、及び彼女を有する横須賀市と大規模なコラボを開催。その名も「三笠大先輩の横須賀散策」
横須賀中央~戦艦三笠を有する汐入方面までの商店とコラボし、特定の額を購入してもらえるスタンプや景品を集めると色々なグッズを貰えた。無論記念館三笠にもコラボの手は及んでおり、展示スペースを借りて同時期に公開されたWoWSコラボの艦船設定画やイベントスチルの大パネルが展示された他、艦内放送が全て三笠(大原さやか)になるという手の入れようであった。同時期には八景島シーパラダイスで瑞雲のお祭りも開催されており、神奈川は艦船イベントで溢れることとなった。

余談

最初に実装された際には『Misaka』誤植されていた。

その為か、以下の様なネタイラストが……。中の人は担当キャラが違うが出演していたりする別の意味でも中の人繋がりネタである。

三笠 (misaka)


関連タグ

アズールレーン 戦艦 三笠

関連記事

親記事

重桜 じゅうおう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「三笠(アズールレーン)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3119400

コメント