ピクシブ百科事典

目次[非表示]

時は元号が移り変わる2019年、横浜市金沢区に位置する人工島「八景島」。
同島と島内のレジャー施設「横浜・八景島シーパラダイス」を、かの水上爆撃機を鎮座させる奇祭が大々的にジャックした姿。

正式名称「艦これ鎮守府第三次瑞雲祭りin 横浜・八景島シーパラダイス特設泊地『瑞雲パラダイス』」

開催期間は「前段作戦」の4/20~5/11と、「後段作戦」の5/12~6/2まで。

今回のアップデート

前述の通り、第1回である富士急ハイランドの「瑞雲ハイランド」、第2回よみうりランドの「よみずいランド」に続く3回目となった瑞雲祭り。
今回はレジャー施設である横浜・八景島シーパラダイスだけでなく、同施設の所属する「八景島そのもの」をコラボ施設として借り切った。運営アナウンス曰く「瑞雲祭り史上最大規模」の泊地化である。

参加に必要なもの

八景島自体は入園料無料の人工島であり、コラボフードや1/1瑞雲の見学に関しては基本的に料金が掛からない。実は入場無料で1/1瑞雲が見れる初めてのイベントである

しかし、コラボアトラクションやスタンプラリーへの参加、スペシャルステージと公式物販の入場には専用の「提督パス」が必要となる。
具体的には、

甲種パス
・プレジャーランドパス(コラボアトラクションに使用できる1日フリーパス)
・アクアリゾーツパス(水族館入場券)
乙種パス
・アクアリゾーツパス
・F作業(うみファーム内、食育プログラム「魚釣り」のアジ2匹分)券。
 釣った魚は指定のレストランにて調理可。
丙種パス
・プレジャーランドパス(1回無料券)
全パス共通特典
ズイパラ公式特典(アクリルスタンド1個、ピンス1個)、ズイパラ限定仕様島内マップ

のいずれかを購入が必須となる。
※甲種パスのみF作業は別料金で追加可能。丙種パスはアクアリゾーツパスがないため、F作業を追加することは不可。

コラボアトラクションの拡充

好評を得た踏破特典込みのアトラクションは常設8種となり、
・提督基礎体力作りコース
(青空クライミング ロックンロック、巨大立体迷路 デッ海)
・提督瑞雲搭乗員コース
(レッドバロン、サーフコースター リヴァイアサン)
・提督緊急脱出コース
(ブルーフォール、アクアライドⅡ)
・提督ズイパラ和みコース
(ピーターパン、ドランケン・バレル)
の各アトラクション1つ参加でシール1枚、1コース完乗で缶バッジ1つが獲得できる。

※基礎体力作りコースの2種のみ、プレジャーランドパスでも追加料金が発生するためスタッフの説明を聞くこと。

前述の「提督パス」を提示、各コースのスタンプ台紙を受領することで参加可能となる。スタンプ台紙には有効期限がないため、コラボ期間内であれば後日参加でもノベルティの獲得が可能である。

ズイパラキテマス…

2019年春にシーパラダイスにて完成した、マジシャン・Mr.マリック監修の「シーパラ来てます音頭」。
ズイパラ開催初日夜に、この音頭まで瑞雲に染まることとなってしまった。
染まった結果、生まれたのが「ズイパラ来てます音頭(略称・ズイパラ音頭)」
それがこちら
タニベユミ(動画制作)、野水伊織(振付)、宮川若菜(サポート)と各々の艦娘(+当然の様にいる浮輪さんや梯形陣や輪形陣を組む駆逐イ級謎の烈風のシルエット、さらにMr.マリックとシーパラシー太、そしてボクカワウソとキリン改二)が画面のそこらじゅうを飛び交う光景に、提督諸兄はより混乱の渦中に放り込まれることとなり、瞬く間に洗脳ソングと成り果てたのであった…。
なお、歌っているのは速吸早波満潮という設定。

近隣路線も・・・

鉄むす磯波ちゃん


鉄道での来場でお世話になる横浜シーサイドライン。こちらも瑞雲ハイランド以来となる鉄道コラボとして、磯波駅員姿となって金沢八景駅新杉田駅を始めとした各駅にポスターやスタンドが展示されている。

また、5/11からは横浜シーサイドライン側からの提案により、
・八景島駅の場内アナウンスが艦これ声優に変更:
1番線(金沢八景方面)・時雨、2番線(新杉田方面)・村雨
・同金沢シーサイドライン横浜新都市交通2000形電車の車内放送が艦これ声優に変更:
34編成・村雨mode、35編成・翔鶴mode
にそれぞれ変更となっている。
このうち、車内放送を実装した編成は日によって運用外となるケースがあるため、同社公式サイトにて運行予定表がアナウンスされることとなった。

艦首風上!烈風隊、発艦始め!

5/12から始まった後段作戦から名を改め、
『「艦これ」春の”烈風”祭り in 横浜・八景島シーパラダイス特設泊地』
通称『レッパラ』として第二部の開始となった。

レッパラでの追加要素

アトラクションやスタンプラリーの変更はなかったものの、コラボフードを取り扱うレストランが追加。アクアミュージアム内では「イ(ワシ)級のミュージアムショー」が始まった。

しかし一番の見所は「試作機が完成せず、設計図が現存しない」と近年まで言われていた幻の艦上戦闘機「烈風改」の1/1模型が展示されることである。
展示エリアへの導線でふれあいラグーンを通過する関係上、丙種パスではアクアリゾーツパスを追加購入する必要があり、更に至近距離まで近付くには専用チケット(誰が呼んだか「烈風券」1300円)も購入しなければならない。
当初はステージイベント開催日のみの公開(5/12と5/19の2日)だったのだが、公開初日に販売開始から3時間足らずで予定数が完売してしまい、急遽「ステージイベント非開催の土日」にも公開する運びとなり、入場方法の変更から全ての提督パスで観覧券の購入が可能となった。

その他・・・

最早瑞雲祭り恒例となった『サバト』こと、イベントステージ開催日の「艦娘音頭大会」。
なんと20時から「『夜戦』艦娘音頭大会」まで開催してしまった。
1/1瑞雲を前に集う緑とイルミネーションの融合は一周回って幻想的ですらある・・・。

なお、4/20の初日にはゲリラ的に「艦娘音頭の合唱」が発生したが、目の前のアクアミュージアムで飼育されているイルカがこの合唱に依ってストレスを受けることがシーパラダイス側から伝えられているため、指定イベント外での合唱はご法度となっていることに注意したい

食らいついたら離さないって、言ったデース!

5/10からは八景島より少し離れた横須賀市ヴェルニー公園ソレイユの丘にて、横須賀市後援により「ズイパラ『拡張作戦』」としてコラボイベントも開催。

ヴェルニー公園は海上自衛隊アメリカ海軍双方の横須賀基地に囲まれたフランス庭園様式の公園で、後の横須賀海軍工廠となる「横須賀製鉄所」を設計したフランス人技師レオンス・ヴェルニーにちなみ名付けられている。
ソレイユの丘(正式名称:横須賀市営 長井海の手公園・ソレイユの丘)はかつての帝国海軍第二横須賀航空基地跡である。戦後は在日米軍の住宅に、日本返還後は航空自衛隊の航空無線標識所として利用された土地であり、近隣には海軍元大将井上成美の旧居があったとされ、いずれも海軍に縁のあるレジャー施設が選ばれた格好となる。


ズイパラにて展開されたスタンプラリーの台紙にヴェルニー公園併設のカフェレストラン「コルセール」と、ソレイユの丘それぞれにあるスタンプを押印し、ソレイユの丘の窓口に提出することで拡張作戦限定のシールと交換が可能。絵柄はおでかけmodeの村雨江風の固定。(ズイパラ期間中はシーパラダイスでも交換可能だった。)

コラボ当初はコルセールとソレイユの丘園内の売店・レストランでコラボフードが提供される程度だったのだが、週を跨ぐ毎に『拡張作戦』の装飾が増え、最終週の6月8・9日には「ソレイユの丘『最終作戦』」となるスタンプラリーも開催。
当初はコラボ扱いではなかった観覧車を始めとする遊具もコラボ扱いとなり体験時にシール/缶バッジも獲得可能。

特筆すべき事項として、これも当初、コラボ扱いではなかったアーチェリー場で「空母艦娘養成コース(※ズイパラでのアトラクションにちなんだ非公式名称)」と称して訪れた提督達の口コミによって土休日に30分余りの待機列を作った結果、運営鎮守府の手に依って「最終週にアーチェリーも公式コラボに格上げ」されるという扱いを受けた(1回10本につきシール1枚進呈)。

・・・ああ、そういえばこの方定番のネタを始め、二次創作ネタの回収に旺盛な運営だったのを皆さん忘れてましたね。

余談

今回は護衛艦「ひゅうが」より電報が届くことはなかった。
しかし、レッパラ初日である五月十二日、横須賀を出航した米海軍第七艦隊の原子力空母「ロナルドレーガン」が八景島沖合を航行すると言ったサプライズがあった。
ただし、これは米海軍による意図的な物ではなく、偶然の結果である。


最後に

果たしてこのゲーム、どこまで行くのだろうか・・・

関連イラスト

ZUIUN
センシティブな作品



関連タグ

艦隊これくしょん
瑞雲祭り よみずいランド
ボクカワウソ

関連記事

親記事

瑞雲祭り ずいうんまつり

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ズイパラ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ズイパラ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 996909

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました