ピクシブ百科事典

モサド

もさど

モサドとはイスラエルの諜報機関で、地球上最高の情報網を持つ組織である。
目次[非表示]

概要

ヘブライ語: המוסד למודיעין ולתפקידים מיוחדים‎、ラテン文字: HaMossad leModiʿin uleTafkidim Meyuḥadim.

言わずと知れたイスラエルの諜報機関である。イスラエル諜報特務庁と訳される。
主に国外を担当する組織で、軍事担当のイスラエル国防軍情報部「アマン」、国内・占領地担当のイスラエル公安庁「シャバク(シン・ベト)」と役割分担をしている。

アメリカがモサドの情報を欲しがっているのはCIAだと金で情報が転ぶのが原因だからである。
そしてFSBКГБ以上の実力を持っている事は忘れてはならない。
だが、謎の多い組織で有名であることも事実である。

とはいえ、近年は諜報機関にも最低限の情報公開が求められる時勢であり、公式Webサイトも存在する。
任務はもちろん秘密であるが、エジプトヨルダンとの国交正常化の根回しなど、大っぴらに行いにくい外交活動に功績があった事は記されている。

ベンヤミン・ネタニヤフ政権では、モサドのヨシ・コーヘン長官が外遊に随行するなど、以前に比べて表だった外交活動が増えた。

採用方法について。

採用方法は謎が多いが志願制を採用しておらず、適任者を3~4年で身辺を調べて合格したら採用する方針を貫いている。
この採用方法は、КГБФСБ等でも同様に採用されている。

その為、志願制をやっているCIAMI6とは違い、誰でもなれる訳ではない。


その他。

モサドは皆をイスラエルの地に戻す事を前提としており、モサドの殉職者を1人だけ覗いて自国に連れ帰した実績がある。
又、КГБ等のロシアの諜報機関と同様に金で転ぶことが殆どないので諜報員(スパイ)の信用度は厚い。


イスラエル国内の評価。

イスラエル国内の評価は、存外高くないという(辻田俊哉「モサド 失敗の系譜」 立山良次編著『イスラエルを知るための62章』p207-211)。これは、モサドの活動が、基本的に非合法であるからで、成功したからといって大っぴらに称賛する事は憚られる(例:要人暗殺)仕事が多いからである。

モサドが話題になるのは、任務が失敗して非合法活動が明るみに出た結果、マスコミや第三国などから責任追及をされる事例が多い。するとイスラエル国民には失敗例ばかりが印象に残ることになる。

関連タグ

シオニストイスラエルCIAКГБFSB

関連記事

親記事

イスラエル いすらえる

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「モサド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3588

コメント