ピクシブ百科事典

吐き気を催す邪悪

はきけをもよおすじゃあく

漫画「ジョジョの寄妙な冒検」に登場するブローノ・ブチャラティのセリフ。
目次[非表示]

初めに

この記事は編集合戦が起きた場所です。
白紙化、荒らしなどの編集はおやめくださいますようお願いします。

※具体的なキャラクターの記載はご遠慮願います。
元々、個人的な主観によるものが大きい呼称の上、如何なるキャラクターにも少なからずファンが存在し、その人たちの気分を害することになるためです。

概要

出展元は「ジョジョの奇妙な冒険」第5部のシーンで
ブローノ・ブチャラティが言った

吐き気をもよおす『邪悪』とはッ!
なにも知らぬ無知なる者を利用する事だ……!!
自分の利益だけのために利用する事だ…
父親がなにも知らぬ『娘』を!!
てめーだけの都合でッ!
ゆるさねえッ! あんたは今 再び オレの心を『裏切った』ッ!

このセリフからである。

なお「再び」とあるが、これには複数の解釈がある。

ブチャラティの『過去』説

ブチャラティが12歳のとき、漁師を営んでいた父親が麻薬取引の現場を目撃してしまい、口封じの為に瀕死の重症を負うという事件が起こった。
当然、口封じを完全なものにするためにゴロツキたちは再び襲って来たのだが、ブチャラティは父親を守るために彼らを殺害。なんとかその場を切り抜けるものの、終わらない報復から父親を守るために、街を治める真の正義である「組織」に忠誠と奉仕を誓う決断をした。
(本作におけるイタリア警察は汚職まみれで、麻薬取引で私腹を肥やす悪徳警官までいる有様であり、頼ることが出来なかった)

しかし正義であるはずの「組織」は、ブチャラティの父親が殺されかけた原因である麻薬に関わっており、後にブチャラティもそれに利用されていたことを知ることになる。
それが「『再び』俺の心を裏切った」理由とする説である。

送り届けた実娘を暗殺しようとしたから説

ただしブチャラティは物語開始時からボスが麻薬に手を出していた事はすでに知っており、真相を知ってからも組織の命令には従順であったため、ここでいきなり怒り出したのは不自然が生じてしまう。

元々ブチャラティチームは、ボスが実娘トリッシュ・ウナを無事に自分の元に送り届けるまでの護衛を頼まれていた。トリッシュは麻薬ルートを独占しようと企む組織の裏切り者に命を狙われていたため、ブチャラティもまたボスの命令は「娘を組織に巻き込ませず安全に暮らさせるため」だと信じて疑わなかった。

が、ボスが娘の護衛を頼んだ真の目的は「自分の娘を確実に自らの手で始末するため」といういわゆる「口封じ」だった。ブチャラティが怒りを露わにしたのもそれに気付いた直後である。

そこから推測出来るのが、最初の裏切りが組織が麻薬に手を染めていた事、2度目の裏切りが自らの保身のためだけに何も知らない自分らを利用し、何も知らない娘をボスが平然と殺そうとした事を指し、「『再び』俺の心を裏切った」というのは「麻薬」にまつわる裏切りを指すではなく、ボスを主語にした裏切りを指しているという説である。実際、トリッシュをエレベーターで連れてくまでのブチャラティは至って平静だった。


なお、これはパッショーネのボスであり第5部のラスボスであるディアボロだけに当てはまらず、ジョジョのラスボス格は同じように「何も知らぬ無知な者を自分の利益のために利用する」人物が多く、ジョジョのテーマである「人間賛歌」とは対となっている。

似たようなセリフに第3部の主人公・空条承太郎
「だがこんなおれにも はき気のする『悪』はわかる!!
『悪』とはてめー自身のためだけに 弱者を利用し ふみつけるやつのことだ!!
ましてや女を!!」
というものがある。

pixivにおいて

主に悪役キャラ・またはそれに近い行動をとっているイラスト・漫画作品につけられる。
使い方に依っては中傷などのトラブルになりかねないので使い処に注意されたい。

注意

基本的にキャラクターに対し、侮辱の意味合いを持つ言葉なので
誤解を招くなどのトラブルになる可能性が高いタグである
故に、このタグを使う際は場の空気を読み最低限のマナーを守った上で使うようにして欲しい。

関連タグ

吐き気を催す邪悪纏め

pixivに投稿された作品 pixivで「吐き気を催す邪悪」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7396949

コメント