ピクシブ百科事典

吐き気を催す邪悪

はきけをもよおすじゃあく

漫画「ジョジョの奇妙な冒検」に登場するブローノ・ブチャラティのセリフ。
目次[非表示]

吐き気をもよおす『邪悪』とはッ!
なにも知らぬ無知なる者を利用する事だ……!!
自分の利益だけのために利用する事だ…
父親がなにも知らぬ『娘』を!!
てめーだけの都合でッ!
ゆるさねえッ! あんたは今 再び オレの心を『裏切った』ッ!

概要

ジョジョの奇妙な冒険」第5部のシーンで ブローノ・ブチャラティが言った台詞のフレーズ。
全文は上記の通り。

ブチャラティの「過去」

ブチャラティが12歳のとき、漁師だった父親がゴロツキたちの麻薬取引を目撃してしまい、口封じのために瀕死の重症を負う事件が起こった。
ゴロツキたちは入院中の彼を再び襲うも、ブチャラティは父親を守るため彼らを殺害、なんとかその場を切り抜ける。
本作におけるイタリア警察は汚職まみれで頼ることが出来ず、ブチャラティは終わらない報復から父親を守るため街を治める真の正義である「組織」に忠誠と奉仕を誓う決断をした。

しかし正義であるはずの「組織」は、ブチャラティの父親を傷つけた麻薬の密売に関わっており、後にブチャラティもそれに利用されていたことを知る。
これが1度目の「裏切り」である。

「再び」の裏切り

ブチャラティ達の任務はボスの実娘トリッシュ・ウナを無事にボスの元に送り届けるまでの護衛であり、トリッシュは麻薬ルートを独占しようと企む組織の裏切り者に命を狙われていたため、ブチャラティもまたボスの命令は「娘を組織に巻き込ませず安全に暮らさせるため」だと信じて疑わなかった。

が、ボスが娘の護衛を頼んだ真の目的は「自分の娘を確実に自らの手で始末するため」、いわゆる「口封じ」だった。それに気付いた直後、ブチャラティは怒りを露わにする。
つまり2度目の「裏切り」とは、ボスが自らの保身のためだけに何も知らない自分らを利用し、何も知らない娘をボスが平然と殺そうとした事を指し、ボスを主語にした裏切りを指している。

余談

パッショーネのボスにして第5部のラスボスであるディアボロに限らず、ジョジョのラスボス格はジョジョのテーマである「人間賛歌」とは対となる「無知な者を自分の利益のため利用する」人物が多い。
しかし他のキャラは文字通りの人外だったり、行動原理が「殺人を伴う異常性愛の解消と身勝手極まりない平穏の渇望」「歪過ぎる父性愛」「常軌を逸した信仰心」など常人には理解しがたい理由ばかり。

それらと比較すれば、ディアボロの行動原理は平たく見れば「自身の富と権力の保持」であり、形や規模はどうあれ現実の犯罪でも普通にあり得る動機である。劇中ではっきりと「吐き気を催す邪悪」と糾弾されたディアボロだが、ジョジョの邪悪の中ではある意味「人間らしい悪党」とも言えるのかもしれない(だからこそその最期も含めて人間臭く見えるだろうが)。

また、第3部では空条承太郎が以下のような類似する台詞を放っている。
だがこんなおれにも はき気のする『悪』はわかる!!
『悪』とはてめー自身のためだけに 弱者を利用し ふみつけるやつのことだ!!
ましてや女をーっ!!

注意

※具体的なキャラクターの記載はご遠慮願います。
主に悪役キャラ・またはそれに近い行動をとっているイラスト・漫画作品につけられる、基本的にキャラクターに対して“侮辱”する言葉であり、個人的な主観によるものが大きい呼称の上、如何なるキャラクターにも少なからずファンが存在し、トラブルの元となるため乱用はご遠慮ください。

関連タグ

関連記事

親記事

ブローノ・ブチャラティ ぶろーのぶちゃらてぃ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「吐き気を催す邪悪」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7930956

コメント