ピクシブ百科事典

自分が悪だと気づいていない最もドス黒い悪

じぶんがあくだときづいていないもっともどすぐろいあく

読んで字のごとく、自分の行為が悪と気づかない最も残酷な悪のこと。
目次[非表示]

元ネタ

元はジョジョの奇妙な冒険 ストーンオーシャンに登場するキャラクター、ウェザー・リポートが、そのラスボスであるエンリコ・プッチを指して言った、

「お前は 自分が『悪』だと気づいていない… もっともドス黒い『悪』だ」

という台詞から。

プッチは自らの行動で人々を幸福に導くことができると確信しており、その目的の達成のためには他人を犠牲にすることも殺人すらも一切躊躇わず、その行いは目的のための全て正しい事であると信じて疑わなかった。まさに自分が悪だと気づいていないため、一連の行動に罪悪感を一切伴わないのだ。

ちなみにプッチの友人であるディオの方はかつて自分を“悪のエリート”と称したり、ジョナサンに邪悪呼ばわりされた際にもそれを“褒め言葉”と受け取ったりと意外にも「自分は悪である」ことを強く自覚しているというある意味でプッチとは対照的な思想を持っていたりする。
尤も、あっちはその上で完全に開き直っているのだからそれはそれで質が悪いが、ウェザーにとってはどっちがマシなのかは不明である。

関連イラスト

プッチとホワイトスネイク



関連タグ

エンリコ・プッチ
ジョジョの奇妙な冒険
ストーンオーシャン

pixivに投稿された作品 pixivで「自分が悪だと気づいていない最もドス黒い悪」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 619

コメント