ピクシブ百科事典

おまえごときうすっぺらな藁の家が

おまえごときうすっぺらなわらのいえが

エンリコ・プッチ神父の品のある罵倒である。
目次[非表示]

概要

おまえごときうすっぺらな藁の家が深淵なる目的のわたしとDIOの砦に踏み込んで来るんじゃあないッ!とは、ジョジョ6部ストーンオーシャンに登場するエンリコ・プッチ神父の上品罵倒である。

流れ

場面は物語終盤のアンダー・ワールド戦。徐倫の機転と覚悟に負けたヴェルサスはプッチに見捨てられやられそうになる。その時突然

「ウェザァァァ・リポォオオオオオオオト!!」

と叫びだし、1枚のディスクを自身のスタンドで何処かへと持っていった。実はこっそり自身の能力を使ってプッチを再現し、彼がウェザー・リポートの記憶ディスクを持っていることを見抜いていたヴェルサスは、自身の身を守るためにそれを利用したのだった。ヴェルサスはその過去からどんなことをしても幸せになってやるというある種父親譲りの野心を持っており、その予想外の行動にキレたプッチは

「ヴェルサスッ!おまえごときうすっぺらな藁の家が深淵なる目的のわたしとDIOの砦に踏み込んで来るんじゃあないッ!」

と今までの落ち着いた口調から一転、感情剥き出しになって罵倒したのだった。ヴェルサスのこの行動で街には大厄災がもたらされることになる...。

解説

一見よくわからない台詞だが、これはおとぎ話「三匹の子豚」とヴェルサスを絡めたもの。ヴェルサスはウンガロリキエルと共にDIOの3人息子であり-(ジョルノもいるけど)-その3人を子豚に見立て、その中でもヴェルサスを一番弱い「藁の家」を建てた子豚とし、自身とDIOの「天国へ到達する」という目的を3匹の中で一番強いレンガの家よりも更に強力な「と例えそのの違いを秀逸に表現した台詞なのである。

要は「お前ごとき雑魚中の雑魚がこの俺に歯向かってんじゃあねぇッ!!」みたいな意味合いである。彼の戦闘中に口出ししまくるなど利用するだけ利用しておいてこれはヒドイが、言い回しから妙に品性知性を感じられる台詞である。神父という職業は伊達ではないということか。というかこの言い回しが咄嗟に出てくるプッチは相当頭がいい。

同時に、身勝手ではあれどDIOの息子の中でも特に不幸な人生を歩んできたウェルサスの『幸せになりたい』という細やかながらに切実な思いを『藁の家』と言い切り、『人類全ての救済』という大目的を背負う自分以外の全てが取るに足らないと断定し見下すプッチの傲慢さの表れでもある。

関連タグ

ジョジョの奇妙な冒険 ストーンオーシャン エンリコ・プッチ
ドナテロ・ヴェルサス 三匹の子豚

関連記事

親記事

エンリコ・プッチ えんりこぷっち

兄弟記事

コメント